日頃の行い

【ゲームレビュー】二ノ国II レヴァナントキングダム

2018/04/05 22:35 投稿

  • タグ:
  • PS4
  • 二ノ国II
  • ゲームレビュー
  • 二ノ国IIレヴァナントキングダム





ゲームレビュー最初のゲームは3月23日に発売された
レベルファイブのJ-RPG、二ノ国 レヴァナントキングダムから。

自分はこれを発売日に購入。
理由としては特に大きな理由は無いのですが、何となくキャラクターに
魅力を感じた事とストーリーに期待していたから。

シリーズ作品はおろかレベルファイブのゲームはほとんど未プレイ。

●結論から言うと…

キャラクター押しのゲームではあるもののストーリーも気にする人は様子見が無難。

●良い点

…キャラクター
…久石譲さんBGM
…アクション要素、違和感の無いモーション

●悪い点

…ストーリー
…2頭身キャラでのフィールド移動
…意外と自由度が薄いキングダムモード


●良い点、悪い点、解説

良い部分として一番に挙げたいのは、やはりキャラクターでしょう。
元ジブリの百瀬義行さんのデザインである事もそうですが、動きの質としても
十分素晴らしい。

例えば戦闘モーションは良いんだけど歩く、走るといった基本動作がどうしても
違和感を感じる…といった作品もありますが、この作品ではこうした基本操作に
関しても違和感なく操作出来ていてバトルの剣の振りなんかも良く出来ています。

人によってはこのセルCGのモーション見てるだけで楽しめるじゃないでしょうか。

後はジブリと言えばこの人とも言える久石譲さんBGM
こちらも良いですね。
当初はゲームBGMどうなんだろうとも思いましたが全く問題無しです。


次に悪い部分。
こちらはまずストーリーでしょう。
ちょっと発売前から自分が期待しすぎたのかもしれませんが、矢継ぎ早に進み過ぎている
と感じる箇所が多く、とにかく物事を前に進めたいんだといった制作側の事情を
感じてしまう程。

例えば悲しい出来事として人が死ぬシーンがあるとしましょう。

でもその人がよく分からない人だと「あぁ死んでしまった」で終わってしまう。
でもその人の事を情報や日常風景を垣間見た上で死んだ場合は「ええ!死んじゃうの!」と
感情が出てきますよね。

そういった垣間見せる過程が無い、又は薄かったりする為に大きなイベントとして
扱っている事柄もそこまで感情が湧いてこず、ちょっと制作側の意図とはズレてしまう
感じになっちゃうんですよね。

で、これに開発側も気づいてるから変に付け焼刃で絵を足してみたりするのがまたね…
正直ストーリーのプロットは良いとしても見せ方に関しては失敗です。

次に2頭身キャラについてですが、
このゲームでは頻繁に2頭身キャラでフィールドを移動する事になるのですが、
このデフォルメキャラになるとそれまでの通常のキャラから移動速度が遅くなり、
フィールドの探索や、シンボルエンカウントの回避といった行動にストレスが
出てくる。
しかもそこまでこの2頭身キャラのモーションも良くないので、あまり良い印象は
受けませんでした。カワイイけどね。

後は、当初期待していたキングダムモードですが、これはもっと自由度があると
自分は発売前に勘違いしていた節もあるのですが、結局誰がどうやろうとも大体同じ感じに
なるという感じで、クラフト的な感じとはまた自由度が違い感じでした。

という事で、二ノ国 レヴァナントキングダムついてのレビューでした。
ちなみに自分は点数はつけません。Aランクとかのランクも付けません。
あまり意味も無いですからね。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事