「フットボール狂の宴」用のブロマガ

4年間の集大成、未来へと紡ぐべき“至極の道”を

2014/06/24 23:00 投稿

  • タグ:
  • フットボール
  • 日本
  • ワールドカップ
  • W杯
  • サッカー

集大成を、至極を、見せてくれ――。FIFAワールドカップブラジル大会に出場中の日本代表は明朝、2大会連続のベスト16を懸けてコロンビア代表と戦う。ここまで1分1敗の“サムライブルー”は、コロンビア代表に勝利してもコートジボワール代表がギリシャ代表を下せば敗退となる“背水の陣”。運も味方に付けなければならない。そのためには、4年間に亘り培ってきた、ボールを保持し、複数人が連動してパスコースを創りながら攻めるスタイルを貫くべきだろう。土壇場で迷い、逃げる者に勝利の女神は微笑まない。

2試合を終え、勝ち点は1にとどまる。コートジボワール代表には“先制パンチ”を浴びせたものの、そこから受け身になって猛攻を許し、痛恨の逆転負け。トラップやパスにミスが相次ぎ、運動量も少なく、後半は一方的に押し込まれた。黒星よりも、握ろうとした主導権を奪われ、取り戻せない姿に、歯がゆさと悔しさが募る。日本が目指す能動的なフットボールは存在しなかった。

連敗すれば旅路が終わる。真価と覚悟を問われたギリシャ代表との“天王山”は、香川をベンチに置く“劇薬”も効いたか、立ち上がりから優勢を保つ。大久保の溌剌としたプレーが目を惹き、ここ数試合はコンディションが改善しない焦りからか球離れが悪かった本田も復調。アタッキングサードで的確に捌き、前線に良いリズムをもたらす。前線からのプレスが効き、最終ラインも高い位置で踏ん張るなど、守備も安定した。いつしかボール支配率は6割を超え、ギリシャ代表が前半38分に退場者を出して以降は7割に迫った。

しかし、10人になり専守防衛へと切り替えたギリシャ代表を崩せない。積極的にオーバーラップするサイドバックも使い、左右から突破口を探るが、クロスは工夫と精度を欠いた。中央をこじ開けようとする楔(くさび)やワンツーが少なく、ギリシャ代表を揺さぶれなかったのも、クロスの成功率を引き下げた。それでも後半22分、香川のパスに反応してペナルティエリア内へ侵入した内田が左に折り返し、フリーで走り込んだ大久保が合わせたが、シュートはゴールの上。絶好のチャンスを逃した。

時間ばかりが過ぎていく中、ザッケローニ監督が動く。吉田を使ったパワープレーだ。ベンチに控える柿谷や齋藤といったFWを投入せず、指揮官は長身のセンターバックに打開を託す。アジアカップやW杯予選などでは得点に結び付いたが、屈強かつ百戦錬磨のギリシャ代表は冷静に対処。日本代表は勝ち点2を失った。

初戦に比べて“らしさ”は随所に表れた。11人対11人の時間帯も、ギリシャ代表に隙を与えていない。ただ、もっともっと精度や運動量、スピード、迫力を上げられるはずだ。初戦、2戦目と勝ち点3を渇望する余り、ミスを恐れてプレーが単調になった。大胆さや創造性も欠いた。それゆえに、不得手なパワープレーを選ばざるを得なかったとも言える。

最盛期の躍動感からは、なお遠い。その距離を、コロンビア代表との決戦までに、どれだけ詰められるか。

日本時間25日午前5時、運命の最終戦が幕を開ける。約4年間の“結晶”を、日本代表が未来へと紡ぐべき“至極の道”を、描いて欲しい。勝利は、きっと後から付いてくる。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事