たまたま書いた手紙

管見!ミリシタ・フォーチュンガールズのココが見どころ

2018/11/06 12:00 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • アイドルマスターミリオンライブ!
  • 篠宮可憐
  • 天空橋朋花
  • タロット小話
  • シアターデイズ
  • フォーチュンガールズ(ミリシタ)
あれから3年の時を経て、あのシリーズが帰ってきました!
永遠の定番タロットカードをモチーフにした、フォーチュンガールズガシャがミリシタに登場です。図像的に掘っていろいろ面白い話をしてゆきましょう。

"Death"フォーチュンガールズ篠宮可憐(期間限定)

寂しげな表情で白馬のそばに立つ金髪美女、ミリオンライブ!のミステリアス美女ランキング第1位、誰が言ったか「挙動不審なメーテル」こと篠宮可憐ちゃん(16歳乙女座)の登場です。
まず篠宮(しのみや)可憐→死の宮というベタなネタな上に、1枚目に凶札をたたきつけてくるミリオンライブ運営の度胸に驚きです。
タロットカードの最初の1枚目って、魔術師とか世界とか普通に縁起のいいカードからやったほうが、食いつきが良いと思うのですよ。実際に怖い絵柄を使った例としては、バーバラ・ウォーカー・タロットの初版が女神ヘル(ワンドのQ)だったくらいしか……あれは後で魔術師に変わったし……。
さておき。
持物(アトリビュート)を見てゆきますと、白い馬、黒い鎧で武装した姿、首元の赤い薔薇は旗からでしょう。地平線に立つ2つの塔、背景に川と瀑布が描かれているところまで、ウェイト版のモチーフから完璧に仕上がってる1枚です。
東から昇る朝日ではなく西へ沈む夕日が描かれているのは、荒々しいデスナイトではなく、西の国=死の国へと連れてゆく静かなる死神として描きたかったということでしょうか。そういう意味では火星から土星寄りのイメージを受けます。

篠宮可憐「終わりや別れを迎えても、それは決して悪いことばかりじゃありません」

この篠宮可憐が言うところの「終わりと別れ」とは、過去の「臆病な自分との別れ」を指しています。
初めてご覧になった方に説明しますが、彼女は見た目の派手さと裏腹に非常に内気で臆病な性格をしています。ミリシタのエピソード1やグリマスの「可憐な花の悩みごと」のカードテキストを見ますと

みんなめっちゃ自分のこと見てくる→人前に出るのがつらいこの性格を直したい
→派手な服を着れば、少しは自信もつくのではないか
→もともと美人なので、通りすがりの人が振り返る
→見られるということは、自分の恰好がどこかおかしいのではないか
→もっと派手な服を着る→もっと見られる→あわわわ(挙動不審)

という涙ぐましい武者修行の中でプロデューサーにスカウトされて、悩みに悩んだ末アイドルの道を歩み始めた……というストーリーがついております。
そういう意味で、アイドルとして死神の役を演じるということは、臆病な自分を看取り新しい夜明けへと導くうえでの儀式なのかもしれません。

"The High Priestess"フォーチュンガールズ篠宮可憐+(期間限定衣装付き)

黒白2つの柱が立ち、その間にかけられた幕。青を基調にした衣を着た気高い女性が、椅子に座ってこちらを見つめているという図像です。……ウェイト版のカードを、現代日本の絵師が描いたらこうなるぞ、と。月のモチーフが外されているので、若干処女宮寄り。
女教皇が手にしているのは律法(トーラー)の書。その背後には、至聖所と聖所を隔てる神殿の帳(Veil)があります。つまり目に見える知識だけではなく、公開されていない叡智が隠されていて、彼女はその番人というわけなんですね。
このことから別名「ヴェールをかぶったイシス」とも言われています。不可視の叡智という意味では可憐のアロマ好きとあい通じるところがあります。

”香り”の威力

古来ユダヤ教をはじめとして、世界の宗教ではお香(Insence)が重要なものとされてきました。神殿では祭祀の時に必ずお香が焚かれ、俗世と聖域を隔てる見えない障壁を作り上げていたのです。その配合は厳密に定められていて、儀式のみに用い、自宅や日常生活では焚くことを禁止されていました。
出エジプト記30:37には"自分のためにそれを作ってはならない。それは主のためのものだから、神聖なものとして取り扱わなければならない"と書かれています。
現代の私たちは、人間にとって香りが「記憶の呼び水」になりうることを知っています。何でもないふとした香りが、その人の体験や記憶を強烈に呼び覚ますことがあるのだと。
古代の人たちもその知識を活かして、神聖な儀式のときにだけ使う特別なお香を繰り返し焚くことで、共同体ひとりひとりに神聖な体験を記憶させようとしたのではないでしょうか。香りを自在に操る祭司長は、人の潜在意識からたちのぼる記憶を操るのです。

小さい余談

マルセイユ版の女教皇は、非常に良いお顔をしておりまして、映画『天使にラブ・ソングを…』の修道院長(演:マギー・スミス)を彷彿とさせます。穏やかな態度と高い知性(そして若干の嫌味)を兼ね備えた聖職者として描かれており、私が女教皇を見てイメージするのはあの姿だったりします。もう少し若い女司祭長がお好みの場合は、マギースミスの若い頃で検索すればいろいろ見つかりますよ。

中くらいの余談

そもそも「女教皇」という言葉がツッコミどころでして、カソリックに女性の司祭はいないわけですから一体どうやって女教皇になったのかと。(女祭司長と言われることもあります)
しかし、マルセイユ版はきちんと"la pances(the pounch)"つまりお腹の大きい妊婦と描かれており、女教皇ヨハンナの伝説を示唆しているといっていいでしょう。
「女性でありながら偽って教皇位についたが、妊娠し外で出産したため処刑された」という伝説は大昔から存在し、後世でも「あの短命だった教皇は、実は女性だった」「その失敗を踏まえて、ローマには確認用の"穴の開いた椅子"がある」という類の風聞に発展したわけです。世が世ならこのカードの仕事秋月涼に回ってくるなこりゃ。

"The Magician"フォーチュンガールズ天空橋朋花

手に小杖(ワンド)4つの属性シンボルを机の上に置き、頭の8の字はこの人物がマジカルパワーを持つことを意味しています。(Strengthの8の字と同様)
薔薇と百合の花が描かれていますが、この2つの花はウェイト版タロットを代表するもので、カードの裏面にも2つの花の図案があります。
Magicanは昔から、奇術師手品師だまくらか師と呼ばれてますが、この絵柄に限っては本物の魔術師になっていて(奇妙なことに)旅人に対して祝福の魔法をかけています。
0から出発した愚者が、旅を続けて1の魔術師になったのに、他人を「旅人」と呼び自分は机の前から動かないというのは、一体何のたくらみがあるのでしょうか?


天空橋朋花「旅人のみなさんに、素敵なチャンスがたくさん訪れますように…私が、助けてあげますからね~」

天空橋朋花(15歳蠍座)という人物をひとことで言い表すとすれば「献身的な聖母」でしょう。
自らを「聖母」と任じ、「迷える子豚ちゃん(ファン)を導く」と堂々と発言する彼女を前にすると、普通は
「これは世を忍ぶ仮の世紀末的なアレですか」
と強烈なキャラ付けと勘違いしたり、上から目線の態度に反発をするわけです。
しかし、しばらく行動を共にしてみると、(プロデューサーには厳しいですが)ファンに対して常に真摯な姿勢を崩さず、徹底したファンサービスに努める姿を見て、彼女の決意が一時的な思い付きで始まったことではないのだとわかります。
メモリアルコミュ1などによれば、過去に彼女をめぐって何度もファン同士の争いが起きていたようで、その争いを回避するために「聖母」になったのだと話してくれます。

いや、普通はそうはならんと思うのですが、彼女が普通ではなかったんでしょう。
「ファンの誰からも愛されて、平等にすべてのファンを愛するという聖母」は夢のような存在と知りながら、その夢を実現するためにアイドルという形で行動を開始したわけですね。なかなかどうして現実的な手段なのかも知れません。
また、ゲームから一歩離れてみれば、「責任感」「女王様」「中途半端を嫌う」という、さそり座から連想される要素がふんだんに盛り込まれたキャラ造形で、製作者側にかなり12星座占いに詳しい方が携わっていたことがうかがえます。

"Temparence"フォーチュンガールズ天空橋朋花+(衣装付き)

2つの杯を手にした癒しの天使ラファエルであり、旅行者の守護者であることから、先の魔術師は天使の変身した姿であることが想像できます。
2つの杯の間を生命のエッセンスが行ったり来たりしていますが、その水は一滴もこぼれることなく、節制と自制の象徴となっています。
ウェイトの『タロット図解』には「足の一つは大地に、もうひとつの足は水に置かれている」と書かれています。現代のわれわれが連想するのは「水の大循環」であり天と地をつなぐ巨大な架け橋=天空橋という彼女の苗字が導かれるのです。
ただしこのカードの絵柄だと「一滴もこぼさない」というよりは、しずくが飛び散っているように描かれています。どちらかというとカップのAのように、あふれ出る慈愛と言った方がいいのかもしれません。

永遠の定番「枢要徳」

はるか昔ギリシア・ローマの頃から語られていた4つの徳目、知恵・勇気・節制・正義。当然それらはタロットカードの中にも入ってきていて、知恵→隠者、勇気→剛毅、節制と正義はそのままの名前で取り入れられています。
しかしキーワードとなる言葉は同じでも、中身が同じものを指していないことは往々にしてあることです。以前、私が力(Strength)について語った際に腕力(Force)勇気(Fortitude)精神力(Strength)と、その時その時代が求める”力”が変遷していったことをお話しました。
同様に節制(Temperance)も、ギリシャ時代はソープロシュネー(思慮の健全さ)、キリスト教神学においては禁欲や謙遜と変わってきています。もちろん全体の意味として、人間の奔放なエネルギーを抑制・コントロールすることによって正しい方向へと向かわせるということに変わりはありません。しかし、それをいざ実践する上で「何が大切か?」と問われると、その答えは千差万別になると思います。

善なるものの「節制」

では、天空橋朋花にとっての答えは何だったのでしょうか?
アイドルとファン(子豚ちゃん)という関係を築こうとする彼女がすべきことは、ファンに対してあまねく平等に愛を与えること。そしてただ与えるだけではなくファン自ら努力して恵みをつかみ取るよう教え導くこと。彼らの喜びの声が彼女の喜びになるように、「聖母」として自らを厳しく律してゆくことが、正しい方向だと考えたのでしょう。
もちろん、その「聖母」思想には大きな落とし穴が開いています。将来、彼女がただ一人の人間を愛するようになった時、そのあふれる愛を節制してなお「聖母」であり続けることができるのでしょうか? 信仰を守るためにアブラハムはイサクをどうしようとしたのでしょうか?

しかし、実際の朋花は

「素敵な天使の衣装が着られてうれしい!」と、無邪気に喜んでいる部分があってそれを隠さない(隠しきれていない)のも、彼女の魅力のひとつです。

"The fool"フォーチュンガールズ春日未来 "The world"春日未来+

このシリーズの最初の1枚であり、同時に最後の1枚なわけですが、絵柄も同じ、お話したいこともほぼ同じですので こちら を参照してください。
……一応説明しておきますと、アイドルマスターミリオンライブ!はGREEのソーシャルゲームとして始まり、そちらはサービス終了済み。現在はシアターデイズ(ミリシタ)というスマホアプリとしてゲームが続いております。
そういう意味では、タロットカードでいうところの最後の「審判」を超えた先、新しい「世界」へとたどり着いたわけですから、ミラクルが起きたんだなぁとしみじみしちゃうわけです。

その旅の行く先は

フォーチュンガールズ残りのカードは6枚。
3.女帝 4.皇帝 5.教皇 6.恋人 15.悪魔 18.月 となっております……しかし、それは大アルカナに絞った場合の話で。これから先のガシャで小アルカナのエースやコートカード(トランプでいう人物絵札)を描いていけない法は無いのです。
んーいやいや、もっと言えばカードの枚数やスート自体を拡張する手もアリと言えばアリ。昨年の今頃に私がひねり出した”当てはめネタ”では、サッカーのユニホームを着たアイドルの絵に「カップのイレブン」と「ワンドのイレブン」が割り当てられました。意味は?……もちろん団結ですよ、団結。
ともかく。タロットはどんな自由な発想で作ってもいいんだ、という心持ちでいて欲しいと強く願うのです。フォーチュンガールズ過去の絵を見ていても、女の子がライオンに抱き着く「力」、輪のついた土星を頭に載せた「星」、Photoshopで合成加工したような「吊るされ人」など、とっても刺激的なアイデアがあふれていました。
ちょっと先の話になるのでしょうが、次回フォーチュンガールズを楽しみに待っています!

このテキストを書くにあたって以下の文献を参考にしました。
鏡リュウジ『鏡リュウジの実践タロット・リーディング-もっと深く占うための78枚-』朝日新聞出版
A.E.ウェイト 訳シビル岡田『新・タロット図解』魔女の家BOOKS


コメント

柘榴石
No.1 (2018/11/07 10:34)
全部読んだけど可憐ははえてるって部分しかわかんなかった
フラムP (著者)
No.2 (2018/11/09 00:39)
>>1
>はえてれぅ
やはりそこが隠された神秘というやつですよ。きっと。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事