映画感想&キャスト情報byちゃーりー

カリスマ (1999/黒沢清)

2020/04/28 17:32 投稿

  • タグ:
  • 邦画
  • 映画評
  • 映画感想

カリスマ (1999年/製作国:日本/黒沢清監督)
英題: CHARISMA
出演者/キャスト(役柄):役所広司(薮池五郎)、池内博之(桐山直人)大杉漣(中曽根敏)、風吹ジュン(神保美津子)、洞口依子(神保千鶴)、松重豊(猫島)、大鷹明良(坪井達夫)、目黒幸子(華子)、塩野谷正幸(部長)、吉田淳(西)、田中要次(杉下)、稲村貢一(青年)、永田正明(代議士)、戸田昌宏(若い刑事)


自分が黒沢清作品がかなり好きだというのもあるが、考えずに、感じながら観れる作品。

黒沢作品だけに、ホラー要素や、サスペンス要素が0ではないが、そんなに強くはないので、肩の力を抜いて見ることができる。

ストーリーもあるにはあるが、そこを理解しようとしても、しょうがないように思える作品。

キャスティングも素晴らしい。
役所広司がまっすぐに突っ走っていくさま、相変わらず坊主頭が似合う池内博之の彼もまたまっすぐなさま、風吹ジュンの人当たりは柔らかいながらも頑固な感じ、大杉漣の不穏さを内在する感じ、洞口依子の浮世離れしている感じ、などなど。

酔っているときに観返したくなるが、まいどまいど、穏やかな映像に、観ながら寝てしまう。

もうちょっとだけ踏み込んだ『カリスマ』の感想レビューをnoteに投稿したので、興味がある方はそちらもどうぞ。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事