やる夫Pのブロマガ。

伊豆半島、河津町に河津桜を見に行ってきました。

2020/02/21 22:51 投稿

  • タグ:
  • 河津桜
  • 写真
ふと、ネットを見ていたら伊豆半島の河津町の河津桜が見頃だという情報を目にしました。
今年は暖冬だそうで、開花がずいぶん早いようです。
ということは散り始めるのも早いのでは?
そう思って突発ですが伊豆半島の河津町に行ってきました。


日曜日の夜に出発して、小田原で車中泊。
翌日にターンパイク箱根と伊豆スカイラインを通って河津町へ。
2月8日~3月10日までターンパイク箱根と伊豆スカイラインの
割引料金が設定されているのでお得に行けました。
詳細は公式HPをご参照ください。

今回は久々のデジタル一眼レフで撮影です。
レンズは24-120mm f/4です。
画像サイズが大きいので読み込みが遅い場合があります。














この日撮影した枚数は240枚ほど。
桜以外も撮っていますが。
河津桜はピンクの色が濃いですね。


桜だけでなく、菜の花もたくさん咲いていました。
特に駅の近くは道沿いにずらーっと咲いていました。
ピンクと黄色の組み合わせも鮮やかですね。






河津駅の近くには露店が数多く出ていて、とても混み合っていました。
ちょうど線路脇に桜が咲いている場所があり、鉄道ファンの方々がカメラを構えていました。



通り沿いにある河津桜の原木です。
全国色んなところにある「河津桜」と呼ばれる全ての桜は
この1本の原木から増殖されていった遠い子孫にあたる桜です。



そんな大祖先の原木も衰えることなく、青空の下、鮮やかな花を咲かせていました。
樹齢は70年を超えるそうです。

歩いていたらお腹がすいてきたので露店を覗いてきました。
桜たい焼きです。
中身はピンク色の桜あん、ほのかなしょっぱさが餡子の甘みを引き立てます。
普段では食べることのできない(?)和菓子、ぜひどうぞ。

こちらは桜餅を焼いています。
暖かい桜餅って初めてだ…桜の葉がパリッとしていておいしいです。
思ったより柔らかく、暖かいと甘みが引き立ちますね。(゚д゚)ウマー!



試食でミニ桜まんじゅうをいただきました。

河川敷近くから車で約10分、河津七滝ループ橋に来ました。
「七滝」と書いて「ななだる」と読みます。




標準レンズでは収まらない大きさのループ橋…魚眼レンズを持ってくればよかったです。

河津町をあとにして、伊豆半島の中心部を通り、沼津の方面へ来ました。
雲一つない晴天で夕日に照らされた富士山が美しかったです。
海岸近くにも桜が咲いていて、やっぱり伊豆半島は暖かいのだなぁ、と。
西側なら日当たりも良さそうですし。



さすがラブライブ!サンシャイン!!のお膝元。

突発で行ってきたわけですが、平日だから空いてるだろ~~と思っていたら
河津町の近くからノロノロ渋滞。
そして河津駅近くの駐車場は満車。おい、マジか。
ぐるぐる走り回って、ちょっと離れた駐車場に停めることが出来ました。
一番奥の狭い場所だったので道路からバックで入庫。
コンパクトカーで良かった…。
周辺の駐車料金は一律700円?ぽいです。
平日でこれだけ混んでいるから週末はどうなることやら。
河津桜まつりは3月10日までやっていますが、この日も満開を通り越して
葉桜になっている木もあったので見に行くなら早めのほうがよさそうです。

一足も二足も早い桜を堪能してきたわけですが、
機会があれば桜前線を追って遅咲きの桜も見に行きたいですね。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事