すべての終わりが閉ざされん

ドリフターズ5話「愛をとりもどせ」を見て思ったこと

2016/11/05 12:29 投稿

  • タグ:
  • ドリフターズ
  • 10月期テレビアニメ
http://www.nbcuni.co.jp/rondorobe/anime/drifters/

ニコニコでは配信していないアニメなんだけど原作は「Hellsing」の平野耕太先生の最新作。

第五話「愛をとりもどせ」
登場人物は虐げられているエルフ族と
ドリフターズの織田信長、島津豊久、与一の3名。
与一はあまり目立ってない気もしたが(ファンの人ごめんね)
信長、豊久の言動がすごかった。

特に信長が腕力がないエルフ族が戦えるように作戦を練っていた
「ワシがサルの真似をしようとは」(サルとは配下の羽柴秀吉=豊臣秀吉)
と言っていたけど史実でも職業軍人ではあったものの
定着できない流れ者を雇っていたため弱小だった織田軍団がどうやって強豪と戦っていけるか常に考えていたんだよな。
(信長が鉄砲に目をつけて量産したのも元々はこれが理由)

まあ信長の戦略もすごいが、豊久の圧倒的な戦闘力
信長自身も豊久認めていたしなあ。時代が同じだったら面白かっただろうが
歴史にはIF(もし)はないから残念だ。

まあだまし討ちに近い戦い方で敵の砦に潜り込む戦うものの
エルフ族の女性、子供は砦でひどい目にあっていた・・・
豊久がこれをみてブチ切れってところで話は終わり。

圧倒的な武力を持つ豊久でも人としての仁義はあるようだ。
しかし砦内でのエルフ族の扱いを見て相手が人ではなく「畜生」(とても人とは思えない所業をやってのけた、人として超えてはならない一線を越えた者たち)と思って
次回大暴れするんじゃね?

作中信長によりあることが行われていた。それによってエルフ族たちは戦に有利になったんだけど、普通の価値観からするとちょっと非道なことなんだよな。
十月機関の女性曰く「彼らと私たちでは死生観が違う」そうなんだよな、まさにこれ。

でも自分が一番気に入ったのは敵に向かって信長が「火薬として転生しろ」って言っていたことだった。
これ使えるじゃんw

「火薬として転生してほしい(真顔)」とかね。

ちなみにテレビアニメですが「Hellsing」のOVAみたいにかなりドキツイシーンが多いです。
R-15、場合によってはR-18指定になってもおかしくない描写があると某生主さんが言っていました。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事