Fate4869のブロマガ

【決闘少女リリカルなのはINNOCENT】『シュテルデッキ』

2016/03/25 23:10 投稿

  • タグ:
  • 架空デュエル
  • デッキレシピ
ど―も、決闘少女の制作者で~す。
今日は終業式ということで、明日から休みなのですが……まだ架空デュエル『第七話』はデュエルテロップ再構築というもののせいで、一ミリも進んでおりません。


はい、完全にレギュレーションのせいです。今回規制されたの『アレ』だし、『第六話』の序盤見ていただければ、この発言もあって次回の対戦カードお察し頂けるかと。
四月までに投稿するのが一番いいんですが……ワイ将、まだAviUtlで演出の都合で試したいことがあるせいで、とてもじゃないが残り一週間で作れる気がしない。紙芝居クリエーターなら、間に合うんですけど、AviUtlに慣れてしまうと、紙芝居が鈍ら刃みたいな感じがして……(※大変失礼な発言です)

そういう感じで次回のデュエルテロップを書き直し中です。半分できてますし、イメージも頭にあるので、そう時間も掛かることもないと思いますが。(ホモは嘘つき)



以上、近況報告及び雑記及び前フリでした。

本題はここから始まります。
『シュテルのデッキレシピ希望、同じ真紅眼好きとしてw』というコメント。

返信せずして何がニコ動投稿者か! コメントを積極的に消費してこそニコ動! 期待に大いに応えましょう! シュテル特製【真紅眼】デッキです!


デッキ×40


モンスター×13

《真紅眼の黒竜》×3
《真紅眼の黒炎竜》×2
《真紅眼の遡刻竜》×1
《レッドアイズ・ダークネス・メタルドラゴン》×1
《黒竜の聖騎士》×1
《デーモンの召喚》×2
《伝説の黒石》×1
《霊廟の守護者》×1
《サクリボ―》×1


魔法×22

《真紅眼融合》×2
《紅玉の宝札》×2
《黒炎弾》×1
《黒竜降臨》×1
《儀式の下準備》×1
《死者蘇生》×1
《復活の福音》×1
《ソウル・チャ―ジ》×1
《召喚師のスキル》×1
《思い出のブランコ》×1
《シャッフル・リボ-ン》×1
《アドバンス・ドロー》×1
《竜の霊廟》×1
《龍の鏡》×1
《貪欲な壺》×1
《闇の誘惑》×2
《手札抹殺》×1
《決闘融合バトルフュ―ジョン》×1
《フュ-ジョン・ウェポン》×1


罠×5

《真紅眼の凱旋》×1
《竜の転生》×1
《闇次元からの解放》×1
《ガード・ブロック》×1
《レッドアイズ・スピリッツ》×1


エクストラ×15

《“ディザスタ―フレア”シュテル》×1(オリカ)
《真紅眼の鋼炎竜》×3
《悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴン》×3
《F・G・D》×1
《幻獣機ドラゴサック》×2
《励輝士ヴェルズ・ビュ―ト》×1
《深淵に潜む者》×1
《竜魔人クイーン・ドラグ―ン》×1
《暗遷士カンゴルゴ―ム》×1
《ガガガガンマン》×1


サイドデッキ×15

《幽鬼うさぎ》×2
《黒炎弾》×2
《異次元からの埋葬》×1
《サイクロン》×3
《巨竜の羽ばたき》×1
《レッドアイズ・バ-ン》×1
《生贄封じの仮面》×2
《無力の照明》×3



完全に紙束寸前です。ですが、手札事故はこの動画では無視していいのが肝。
何故なら、手札が事故っても自らが戦いにいける『パーソナルカード』が存在しますから、例え安定性を多少は欠如していても、爆発力のリターンが大きければそれでいいんです。現にシュテルは3000のライフを犠牲に“鋼炎竜”で完封してこようとしていました。また自身の『パーソナルカード』は『融合』のため、融合限定の《オネスト》である“決闘融合”も無理なく採用できます。また“悪魔竜”に使って3200を“悪魔竜”の効果共々諸に通し、自身の効果でバーンダメージを与えて決着を狙えたりと、ライフ4000ならではの殺傷力を誇るシュテルのデッキ。現実の8000だと、どうしても焼き切れないのが悔しいところ。

ちなみに大会規定のため、シュテルは渋々と罠を5枚にしています。本当ならもう少し策を増やしたいとのこと……。
また地味にサイドに《生贄封じの仮面》を入れてる当たり、地味に王様への【帝】や『パーソナルカード』を警戒していることが伺える。そして当然のごとく、『パーソナルカード』使いとの対決用に破壊して、自身の効果で攻撃力をあげる手札になりつつ、そのままメタカードとなる『幽鬼うさぎ』を入れてるあたり怖いことを考えてる人である。
たぶん、この人デュエマしてたら【三色デッドゾーン】にオロチ入れて、【禁断型赤t白侵略】つまりはバイクデッキで解放されたドキンダムXをメタるタイプの人間。まあ当然と言えば当然か。

以上、コメント返信でした!


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事