ゆうのブロマガ

「教え子を戦場に送らない」…じゃ、日本が戦場になったら、どうするんだ?

2015/08/23 14:37 投稿

  • タグ:
  • 9条
  • SEALDs
  • TOLDs

小学四年生「もし、日本が戦場になったら、9条があるから大丈夫だよと、先生が教えてくれました。9条でピースピース」

都教員「教え子戦場に送らない」 有志が安保反対声明

2015/8/20(木)17:51 共同通信社 安全保障関連法案に反対し、記者会見する「TOLDs」呼び掛け人代表の岡田明さん(前列右)ら=20日午後、東京都庁共同通信社

 安全保障関連法案に反対する東京都内の教員らのグループ「TOLDs(トールズ)」が20日、都庁で記者会見し、「教え子を一人たりとも戦場に送らないという決意を持ち、安保法案を日本国憲法の精神から認めない」とする声明文を発表した。

 団体名は、自由で民主的な先生を意味するという。法案反対の若者グループ「SEALDs(シールズ)」にあやかった。

 声明文は「東京の戦争を知らない教員たちからのメッセージ」とのタイトルで、貧困や民族間の対立が世界中で起こっていると指摘。「武力の行使や威嚇によらず、対話によって解決していくことを目指す人を世界に送り出したい」としている。


最近、北朝鮮と韓国の間で、拡声器と地雷の戦いが進んでいます。パクちゃんは、抗議したり話し合ったり忙しそうですが、やはり朝鮮有事の時も、この真っ赤な先生たちは教え子を戦場に送らないんでしょうか?

と、ここで問題です。




この先生たちは、日本が戦場になった場合は、どうするのでしょうか?やはり、憲法9条でピースピースすれば弾は当たらないと思うのでしょうか?

いまの朝鮮半島有事、北の戦略的奇襲先制攻撃(可能性としては低いが)でソウルが陥落しパク酋長が捕虜になり、オバマが日本まで米軍を後退させた場合、当然、半島に北朝鮮政府が出来上がります。民族統一、多分、最近の世界史で久々に真っ赤な統一国家ができて、真っ赤な先生たち、場合によっては同族の統一に喜ぶでしょう。教科書にはどう書かれるのかは知りませんが……

さて、ここからが問題です。

日本には、数多くの韓国国籍の人物がいます。およそ40万人、ちょっとした軍規模の人数です。北朝鮮政府はおそらく「祖国に対する反動分子」として、返還か逮捕を要求するでしょう。

それを、人道上の理由かPマネー欲しさにか、日本が拒否したとしよう。そうすれば、北朝鮮政府は「在留朝鮮人保護のため、日本に軍隊を派遣」することもできます。つまり、日本が非友好的な他国の軍隊に侵入されるということです。

難民…と、言うのも難しいでしょう、国際的にシバキ隊などの政治姿勢を在日朝鮮人の意志として……と、言うか、有田ヨシフなどの政治家はそういう意見を国連に提出しています。人権侵害されている同胞を救う、日本に強制動員された子孫、日本の政治勢力に抵抗しているマイノリティーなのですから、北朝鮮と同じ政治姿勢、難民とみなされないでしょう。むしろ、北朝鮮の理屈のほうが正しいと思います。

進軍してくる北朝鮮…までは言わないですが、少なくても宣戦布告、戦争状態になれば、先生はどうするのでしょう。一番正しいのは、「朝鮮人は帰れー」と新大久保で在特会と一緒に騒ぐのが正解じゃないでしょうか?

ウホッ、いい意見――




と、まぁ冗談はさておき、

そもそも、この先生たちって何歳くらいなんだ?

多分50~60歳くらいに見えるんだが、多分、最初に教えた生徒は30~40代くらいになると思うんだが、その世代の外務官僚がしっかりしていない。ようするに無能なのだから、今のニッポンの問題があるんじゃないか?

そういう、武力に頼らず、話し合いで解決できるクレバーな生徒を育てられなかった無能な教師……そのバカに育てられたSEALDsの面々……

聞きたくもない軍靴の響きが聴こえてくるようだ。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事