AOLニュース

批判が強まっている英国王室のある伝統とは?

2018/08/28 13:30 投稿

コメント:15

  • タグ:
  • イギリス
  • イギリス王室
  • 動物愛護

英国のロイヤルファミリーは、毎年夏になると、エリザベス女王が所有するスコットランドのバルモラル城で休暇を過ごすのが恒例となっている。


今年の滞在では、ジョージ王子が王室のライチョウ狩りに初めて参加したのだが、動物愛護の観点からこの伝統行事に対する批判が強まっているようだ。

『The Sun』紙で王室記事を担当する、エミリー・アンドリュース記者は、ジョージ王子のライチョウ狩りへの参加をツイッターで以下の様に伝えた(投稿の画像は過去に撮られた物のようだ)。

Kate, William, George, Charlotte & Louis are spending this weekend at Balmoral with HM. George was taken to his first grouse shoot on Friday by Kate, with the Queen, Charles, Edward, Sophie, Louise & James, Anne, Zara & Mike Tindall joining for lunch.Quite the family fun!(2017

コメント

♭Progma
No.14 (2018/08/30 20:33)
犯罪者を囲った塀の中に放して、それを撃つのはダメなの?
明らかに鳥よりも罪多いし、地球の為、人のためになるんじゃないの?
eg
No.15 (2018/08/30 23:36)
どこの国のもこういこと言いだす奴がいるんだな・・・
マルトース麦芽
No.16 (2018/09/02 09:18)
狩りしたいなら外来種を狙えばいいんちゃう?

どの記事でも思ったけど中途半端な書き方と内容だなー
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

AOLニュース

AOLニュース

このチャンネルの詳細