エクスリのブロマガ

艦これ 5-3 運ゲームを制した!

2014/07/19 23:47 投稿

  • タグ:
  • 艦これ
  • 5-3
  • 攻略

5-3を攻略した。
緒戦は何戦か、阻まれに阻まれてきたものの、ようつべで自分の艦娘より練度の低い艦隊で挑んでゲージを削っている様子を目の当たりにして、確かに弾着射撃でボス戦難易度は上がっているものの「やれる」と自信をつけ、試行回数を繰り返すことにした。

そして、バケツ消費量40個未満、試行回数10回で5-3を突破成功。
下記に、その戦術と戦略を記す。

●突破編成



↑図は一例だが、嫁艦の愛宕と金剛・霧島は常に出していた。
駆逐艦は夕立、時雨、電、浜風の4隻を疲労などの状況に合わせて入れ替え。

●突破装備(旗艦=嫁艦)

旗艦が探照灯を所持。カットイン抑制効果は気休め程度だが、気休めでもとりあえず持ち込めるものを持ち込んだ感じ。
羽黒砲を借りているが、羽黒は三隈砲を使っているのでその辺の話はとりあえず。









●突破装備(戦艦)
高速でないと潜水艦マス行きなので、戦艦枠は金剛型必須。
イベントで戦艦戦力がないと困るだろうと思って、金剛と霧島を改二に育成していたので投入。46cm砲なら反航やT字不利でも、ボス昼戦で補給艦をスナイプすると1撃できるが、なくてもなんとかなった。
砲数を2基にすることで夜戦連撃対応させている。









●突破装備(重巡・航巡)
三隈砲があったので使用。重巡枠は前半を利根、後半を羽黒で行っている。
戦艦枠が二隻なので、重巡枠は一隻。
重要なのは、もし航巡を使うなら瑞雲を積まないこと。
瑞雲を積むとボス戦で攻撃を潜水艦に吸われてしまう。
こちらも戦艦と同じく夜戦連撃対応。










●突破装備(駆逐)
駆逐艦の役割は道中で連撃を発動させること。それにより少しでも事故発生する確率を減少させる。
6隻目に対潜装備をがっつり積んでもいいのだが、ここまで随伴すべてに共通して積んでいるダメコンの枠が必要なので、たとえ対潜装備にしても、ボスの潜水ヨ級及びカ級のflagshipを沈めるには単縦ではない陣形でないと火力不足。もしそうなると、ボス夜戦までにボス戦力を削るのが決戦支援の遠征任せになることから、駆逐はボス戦では被害担当艦とする。







上記の編成と装備を用いて、生放送3枠ぎりぎりで5-3突破を達成した。
生放送で挑む前に5度ほど挑戦してから戦術を練り直してなので、実時間はもう少しかかっている。

装備を見てもらえばわかるが、ダメコンを使用している。
5-3の道中は夜戦主体マップである。戦艦であろうと何であろうと装甲が役立たずで大破と隣り合わせであり、大破撤退の危険性が非常に高いことが、5-3の難易度を押し上げている一番の原因と言える。
つまり、大破撤退の確率を抑えることはイコール、資材とバケツの消費量を抑え、クリアまでの試行回数を減らすことであり、より短時間で攻略しつつ、禿げるのを抑えることにつながるのである。
このダメコンだが、いうまでもなく艦娘を危険にさらす戦術であり、発動する際は本当に心臓に悪い演出が行われる。これを用いる際は最新の注意を払わなければならない。
装備する際は必ず装備したことを確認し、積んだつもりで大破進撃して、大切な艦娘を轟沈させるような悲劇は絶対に避けること。


●編成の理由
重巡二隻戦艦二隻構成なのは、潜水艦を無視して補給艦をスナイプする率を高めるためである。戦艦を二隻導入しているのはさらに、昼戦でフラタをねじふせることに期待するためである。
雷巡を入れて、戦艦・重巡を入れず雷巡1~2軽巡1駆逐2+αで、ボスの潜水を先に倒せる陣形で挑む手もあり、手もとの陣容で不可能ではないためそれはそれでやってみたいが、今回は万全を期して上記の編成とする。
潜水艦編成で挑まなかったのは、そもそも潜水艦編成が3隻でしか組めなかったから。
この編成は、いくつか候補がある中からの消去法であったとも言える。

●仕様の理論編
本作戦実行中に気付いたことも含めて記す。

  • ボス戦は輪形なので、同航戦までならフラタの攻撃も連撃されなければ重巡はかなり耐えられる。戦艦なら連撃でも持ちこたえる。ただ南方は逆に火力ありすぎるので、無傷であれば全艦がストッパーで中破止まりしてくれる。
  • 単横は回避が上がるのか上がらないのか不明なところがあるが、wikiでは命中は下げないとある。潜水艦に強いのははっきりしているが、単横は雷撃については命中回避が上がるという話があり、こと夜戦マスにおいては雷撃値の絡む攻撃については単横だとこちらの命中率にも影響する可能性がある。それでも、大破撤退率がかなり下がっている気がする。


●実戦編
キラ付けは好みで。筆者は疲労晴らし程度の意味も兼ねたキラ付け的出撃は行った。まめにつけるというよりは、間宮点滅を消すつもりくらいで行った。時間が早すぎて駆逐のcondが間宮点滅状態から抜けていない場合は交代させた。

考察スレによると、cond30~39のときは回避力が若干減少するとのこと。逆にcond53以上のキラがついていると回避力が目に見えて上昇するという。間宮点滅がない場合はキラ付けなく出撃させているが、それでもなんとかなった。

道中はすべて「単横陣」を使用した。こちらの火力や命中率は低下するが、十分なレベルと電探に連撃装備があれば大抵攻撃を当てることができ、その上で相手の命中率も減少するようなので、カットインが出てもカスダメで終わるか、1回しか当たっていないのか、ストッパーが働いて中破でとどまってくれることが多かった。

1戦目さえ大破撤退しなければ、2戦目で大破する艦が出てしまったとしても、中破・大破艦が多く量産されないかぎり、火力を温存した状態でボスまで到達することができる。

●挑戦ログ
生放送のTSが消えないうちに見直して、どんな感じだったかを書きまとめておいた。
可能ならば動画を起こして編集してうpしたい。
以下は挑戦のログと簡単な詳細。数字は挑戦回数。かっこ内は可変メンバーの詳細。愛宕・金剛・霧島の三隻は固定である。

1、(利根、夕立、浜風)2戦目旗艦大破
2、(利根、夕立、浜風)霧島がボス撃破、利根ダメコン発動、
3、(利根、時雨、浜風)1戦目旗艦大破
4、(羽黒、時雨、電)金剛がボス撃破、南方撃破
5、(羽黒、夕立、浜風)南方に阻まれボス撃破ならず
6、(羽黒、夕立、浜風)1戦目金剛霧島大破
7、(羽黒、夕立、浜風)金剛がボス撃破、金剛がフラタをクリ撃破、南方撃破、
8、(羽黒、夕立、電)愛宕が夜戦でボススナイプ撃破、霧島ダメコン発動
9、(羽黒、夕立、電)1戦目旗艦大破
10、(羽黒、夕立、電)昼戦2巡目で金剛がボススナイプ撃破により5-3突破

挑戦回数10回、ダメコン発動2回と、振り返るとかなりの激戦だった。
ラス2ゲージ分はいわゆる「南方は元気だが、補給艦を狙って落とした」スナイプ撃破だった。この編成の狙いのひとつである「砲撃力のある艦で補給艦をスナイプ」が果たされたことになる。
生放送時には、「金剛ががんばらない」という発言をしたりしていたのだが、ふたを開けてみればどうして、金剛が獅子奮迅の大活躍だったのである。
ありがとう金剛、がんばらないなんて言ってごめん。夏イベでもよろしく。

旗艦を愛宕、つまり重巡にしたことにより、愛宕が南方を中破なり大破にする→金剛か霧島がボスを連撃で倒す→残った潜水以外をお掃除、という夜戦図式が発生し、半ばパターン化したような感じにも見受けられた。
戦艦の連撃でも南方を小破以上には持っていけるが、重巡2隻分の連撃で南方が満タンの状態からまず沈むので、編成は重巡2隻を上2つにしたほうがいいかと思う。

撤退理由のうち3回が旗艦大破によるものである。探照灯の使用によって、愛宕のレイテのトラウマを呼びさましそうなほどに魚雷が走ってきた。
実際史実でも、司令部のある旗艦が探照灯を使ったために狙い撃ちされて、指揮系統ががたがたになって敗北というパターンがかなりあったので、旗艦が探照灯使うなら輪形陣などのかばう陣形がいいのかもしれない。

本攻略において、大破進撃せずにボスに到達できたのは10回中3回。もしダメコンを積んでいなければ、倍以上の出撃回数が確実に必要になったと思われるので、より厳しい戦いになっていた。
ダメコンの使用の是非は各提督にゆだねることになるが、5-3攻略で楽ができるかどうかがダメコンにかかっていることは申し上げておく。

また、本攻略では道中・ボスともに艦隊支援の遠征を入れていない。道中が夜戦なのでそもそも道中支援は発生せず、またこのときは艦隊決戦支援を解放していなかった。
5-3自体が弾着観測射撃実装前にバランス調整されたマップであり、実際、ボス戦の昼火力が十分なら、決戦支援を入れなくても突破できるのである。


●総括
5-3は運ゲーという。
だがそれは、あくまで運でなければならない要素以外の、運ゲーになってしまっていた要素をどれだけつぶせるかということが楽しめることでもある。そういった、確率をどれだけ引き上げて運ゲーに勝ちやすくするかもまた艦これにおいては重要な攻略要素である。
ダメコンを使うことで道中撤退率を下げること、戦艦を使うことでボス戦において南方以外の火力で沈まない艦の枠を増やせること、夜戦で南方を追い込んでフラタも沈めて、補給をむき出しにして狙いやすくなるようにするなどなど。
改善する余地はいくらでもあるので、適応しては試してを繰り返していれば、自然に攻略できるのではないだろうか。

決戦支援が使えるなら投入すると楽になる。たまに補給をスナイプするし、火力が十分なら南方やフラタが沈むこともある。
決戦支援込みなら、雷巡2軽巡2駆逐2という、S勝利狙いのがち編成とかおもしろそう。
戦力がそろったら試してみたい。

●参考資料

ダメコン戦術については、資材の人ことtakeoff氏の以下の動画を参考に。
なおご利用は計画的に。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事