ゆーろのブロマガ

FF12 レベル1のヴァン1人でクリア(クリアするとは言ってない)

2014/11/03 22:39 投稿

コメント:8

  • タグ:
  • FF12
  • ゲーム
  • 縛りプレイ
  • 制限プレイ
こんにちは。レベル1ヴァン1人の人です。

動画と本記事について

 何も知らずにこんなもうわかんねえタイトルの記事を読みに来ている人もいるかもしれないので、一応紹介します。

 タイトルどおり、FF12をレベル1のヴァン1人で銃やライセンスを縛ってクリアする動画です。足掛け6年半ほどかかって結局クリア出来ずにいます。
Part 1


Part 55 (最新)


 2014/11/03現在、Part 55 にてヴェイン=ノウスを倒したところまでアップしており、ようやくラスト4連戦も大詰め、ラスボスである不滅なるもの(ただし負ける)を残すのみとなりました。

 この記事では、動画内では説明し切れない複雑な不滅なるものの行動パターンや、6年間放置されたラスト4連戦の舞台裏について解説してみたいと思います。

 まずは、比較的どうでもいいPS2の録画環境から。

録画環境について

 番外編のコメントにて気付かれている方もいましたが、ラスト4連戦の動画はエミュレータ(PCSX2)上でのプレイとなっています。
 これは、手持ちの初期型PS2の老朽化やPC環境の変化によって、実機からのキャプチャが面倒になったためです。

 データについては、これまでのプレイで使用していた実機メモリーカードからデータを吸い出したので、内容に変わりはないです。
 ステートセーブやステートロード、チートなどは利用していません。ただこれは動画編集している時点でやろうと思えばどうとでも誤魔化せるので、一応程度に書いておきます。

 本来であれば、環境の変化については動画アップを再開した時点で書いておくべき事項でした。
 不信感を抱いた方はすみません。

ラスト4連戦の戦略構築

4連戦の辛さ
 4連戦と呼んでいる通り、各戦闘の合間では基本的にヴァンは何もできません。セーブなんてもってのほか。初戦のガブラス戦後にのみ補助魔法をかける猶予がありますが、本攻略において最も重要である、アイテムの補充は一切出来なくなっています。

 これは正直言ってかなりキツイです。ダメージをほとんど受けずに倒せるのは2戦目のヴェインくらいで、特に初戦のガブラスはエクスポーションでも回復が追いつかない連撃ダメージを受けますし、ラスボスの不滅なるものに至っては、最終戦かつ超長期戦のために回復アイテムが尽きる恐れがあります。

 というわけで、各種ポーション99個を購入しておくのは当然として、トレジャーからエリクサーを99個、ラストエリクサーを50個程度集めておきました。
 またPart 55でやったように、ヴェイン=ノウス戦では、回復アイテム節約のためにほぼ素のポーションだけで回復が追いつくような戦術を構築しています。
 ここまでやってようやく、おそらく回復アイテムが尽きずにクリア可能かな、という感触は得られています。この動画を参考にしてクリアを目指す人は、ラストバトル前にはまずエリクサー集めから始めましょう。大灯台で拾えます。
戦略構築のためのツール紹介
 まず、バトルアルティマニアは必携です。若干誤植もありますが、データは質、量ともに、十分すぎるほど載っています。シナリオアルティマニアと併用すると、何を縛るとどのボスに苦戦するか、が大体想像できるので、これからFF12の縛りプレイを考えている人は是非お手元にどうぞ。
 (ちなみに私は失踪中にアルティマニアもどこかへ行ってしまったので、オメガ含めて3冊すべて再購入しました。)

 次に、具体的なダメージの予想と装備の検討のため、レベル1のヴァン1人によるラスト4連戦専用のダメージ計算機アプリをつくりました。こんなん↓です。



 確か、参考にしたのはFF12調査報告書というサイト(すでに存在してなさそう)のダメージ計算機だったかと思います。元の計算機はプレイキャラや敵のデータをもっと色々入力できるのですが、完全に自分用にカスタマイズして、こちらはレベル1のヴァン1人で固定。相手も4連戦の相手だけしか選べません。
 この世界におそらく一人しか需要がないと思われるアプリですが、一応こちらからダウンロード出来るようにしておきました。興味がある人はどうぞ。

 で、これを使って、相手のどの攻撃に合わせてどんな装備をするのが最適か、を色々と試していったわけです。
 後述しますが、不滅なるものは特に攻撃のバリエーション、パターンが多く、臨機応変に装備を付け替えた時の最適化検討に使っていました。FF12の装備はただ相手の攻撃を耐えるのではなく、こちらの与ダメ効率にも関わってくるので、バランスが重要です。
不滅なるもの戦について
 最後に、まだ動画には上げていないラスボス戦について。
 コイツはHPが20%減る毎に攻撃パターンを変えたり、ランダムで回避不能の貫通魔法を使ってきたり、一定攻撃回数毎に回避不能の必殺技を使ってきたり……と、バリエーションが豊富すぎるほど豊富です。詳しくはバトルアルティマニアを、というのもあれですし、動画内で説明し切れないと思うので、ここでそれらを簡単に解説します。
 先述したとおりHPの変化に伴って攻撃パターンが変化するので、それぞれに分けて書きます。
HP100%~80%まで
 通常攻撃、ディバインソードをメインに、低確率で貫通ファイガ&ブリザガ&サンダガ(以降、貫通ガ魔法)を使ってきます。
 通常攻撃とディバインソードはいつもの血塗られた盾+ガントレットで完全回避可能です。貫通ガ魔法を使われた場合はそれぞれの耐性装備に切り替えることで耐えられますし、比較的楽な区間です。
HP80%~60%まで
 80%を切った直後に回避不能の必殺技、メガフレアを使用します。また、その後は80%までと同様の行動に加えて、不滅なるものの行動12回毎にメガフレアを使用してきます。
 メガフレアに耐えるための装備変更を行うので、行動回数のカウントは必須です。
HP60%~40%まで
 60%を切ると連続魔、フェイス、バマジク、と立て続けに自分を強化したあと、これまた回避不能の必殺技アセンションを使用します。今度は行動32回間隔でアセンションを使用してくるようになり、メガフレアも間隔が同じく32回毎に変化します。カウント必須。
 バマジク効果中の2分間は通常攻撃とディバインソードは使用しなくなり、貫通ガ魔法に加えて貫通デスペガ、貫通ホーリーが飛んでくるようになります。連続魔によって魔法のCTが0なので、「不滅なるものは○○を構えた!」を見た瞬間、即座にメニューを開いて適切な防具を装備しないと死ねます。
 魔法攻撃に耐える装備変更やアセンション、メガフレアのための行動回数カウントなど、ここらへんからプレイヤーの集中力がかなりキツくなってきます。
HP40%~HP20%まで
 前区間が魔法区間だとすると、ここは物理区間です。40%を切った直後にアグレッサー、ブレイブ、カタストと物理強化をしたあと、ここにきて何故か回避可能な必殺技ギガフレアソードが飛んできます。この戦闘中のヴァンは通常攻撃に対応するために血塗られた盾+ガントレット装備が基本なので、ギガフレアソードは全く怖くありません。むしろ数少ない癒やしです。
 ここではまた間隔を変えて、52回毎に飛んでくるアセンションがウザい区間になります。不滅なるものの通常攻撃が視認しづらいのもあって、52回分の攻撃をカウントするのは本当に骨が折れます。

 というわけで、カウンターアプリを作りました。こんなの↓



 ……アホみたいに単純なツールに見えますが、自分でもどうかと思います。
 でもこういうのがないとマジでカウントするのがつらいです。なんかちゃんと探せば使いやすいのがありそうですが、しっくりくるのがなかったので作りました。
 ここに置いておきます。野鳥をカウントしたりするのにどうぞ。
HP20%~撃破まで
 ラスト区間です。20%を切ると絶対防御→ギガフレアソードのあと、8回行動後に回避不能かつ最大威力の必殺技、テラフレアが飛んできます。1撃目以降は32回間隔になります。また、ラスト区間だけあって全ての貫通魔法も使ってきて、まさに死闘となります。
 ちなみにギガフレアソードも定期的に使ってきますが、回避可能なのでどうでもよいです。

 ここを乗り越えさえすれば、クリアでした。
 解説は以上になります。不滅なるものとの激闘の模様については、Part 56以降をお待ちください。

 ここまで長い記事を読んで頂いた方、ありがとうございました。

コメント

シマトシ
No.6 (2014/11/22 22:35)
が、がんばってください。楽しみに待ってます!!
にはと
No.7 (2015/01/08 21:23)
復活ということでPart1から見直しましたよ!
応援してます。頑張ってください!
HF
No.8 (2015/06/17 02:12)
血の滲むような努力と膨大な知識、あなたは凄いです。
徹底されたいお気持ちも分かりますが現実的に不可能に近い最終戦ならばそこだけの縛り緩和は当然有りだと思います。
とにかく、応援させてもらいますよ!
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事