エッティルのブロマガ

僕はこのアニメを見ない(2015夏)#6

2015/08/26 00:17 投稿

コメント:6

  • タグ:
  • アニメ
  • 僕はこのアニメを見ない
  • 2015年夏アニメ
皆様こんばんは。

作業に集中できなくなるからniconico以外の
発信アカウントを持たない…と豪語していた自分が、
ツイッターを始めて10ヶ月目に突入しています。

自らの「M気質」「かまってちゃん気質」が目を覚まし?
相互フォローを重ねながらリプ応酬&ボケ&ツッコミを
繰り返しています。

先日、不在中にフォロワー同士で自分の事がネタになったようです。
「工ッチルガムさんが一番タイムライン上で脂が乗っている」と…。

「褒め殺し」の意味ではなく純粋に褒めて頂いたようです。
ですが、一歩間違えればツイ廃(ツイッター廃人)と捉えられても
おかしくない状態ですよね。今回レビューする作品のヒロインから
「廃人になりたいんですか!?人間辞めたいんですか!?」と
言われないように節度をもって臨みたいと思います。
あ、でも別の意味でヒロインに罵られたいぞ(M気質乙)w

※以後キャスト、スタッフの敬称略。
※タイトル名をクリックすると、公式HPにジャンプします。




Charlotte(シャーロット)


「Angel Beats!(以後『AB!』)」以来、5年振りとなる
「原作:麻枝准 × 制作:P.A.WORKS」のオリジナルアニメ。

AB!は深夜枠のアニメにハマるキッカケになった作品のひとつで、
放送終了後にゆりっぺ(仲村ゆり)と入籍しています。
その後も3ヶ月毎に嫁が増え続ける中、「不動の正室」として
今でも玉座?に座り続けています。

ゆりっぺろぺろぺろぺろぺろprprprpr…

本編は第7話までを視聴済。まぁ6~7話がターニングポイント
だったと言えるでしょう。特に第7話では主人公がAB!を
ネット視聴していたり、背景がJR取手駅周辺(自宅から1時間
かからない)だったりと、非常に俺得回でした。
ただ他のアニメと違って、第7話は闇&鬱展開だったから、
アニメとコラボした「駅おこし」なんて無いだろうなぁ…。

【プチ情報:JR取手駅】
JR常磐線と関東鉄道常総線の接続駅。駅から車で30分ほど
離れた場所に「つくばエキスプレス守谷駅」ができてから、
駅の利用者は右肩下がり(これでもかつては水戸駅を抜いて
利用客数では県1位だった)。今年3月のダイヤ改正により、
特急列車は全通過となった。駅周辺もオフィス街と言うよりは
住宅街と呼んだほうがいい。各金融機関の支店は存在するが、
企業として大きく居を構えているのはキヤノンの事業所ぐらいかな?
…べ、別に自分がキヤノンの職員だなんて言ってないんだからねっ!

さて、ヒロインのCVあやねる(佐倉綾音)ですが…。
蕪羅亭魔梨威(じょしらく)に続いて「マイベストあやねる」に
なりそうです。…いやぁ、ココアちゃん(ごちうさ)やなっつん
(のんのん)やいろはす(俺ガイル続)も魅力的だけどね…。

本編についてもコメントを。
作画は折り紙付き。オリジナルストーリーゆえの「先の読めなさ」を
上手に演出している。特殊能力を持った主人公達が置かれた環境…、
つまりABの世界観にも通じる「閉鎖性からの解放」を時にコミカルに、
時にシリアスに展開していく。またそのキャラ設定ゆえか、通常の
深夜アニメのヒロインなら「下の名前」で呼ばれそうなところを、
彼女は苗字で呼ばれているのもチョット面白い。ここでHPを見ずに
フルネームを言えた読者とは美味い酒が飲めそうだw


[麻枝准][P.A.WORKS][○○斉藤][高城≠高松][まずオムライス食べな]




【ヘタリア The World Twinkle】


このシリーズを見るのは今回が初めて。
国そのものを擬人化して、お国事情や国同士の歴史を
コミカルに(むしろシニカルに)描く。

これはニコチャン配信でコメントしながら見るのが正解ですね。
本編の内容(国の事情)を確認するために歴史や地理の教科書を
読み直しても構わないが、本編だけでは流石に解釈は無理でしょう。

あとコメントネタにもなっている「ED動画の踊り」ですが、
皆様の言うとおり「笑顔で尿意を我慢している」風にしか見えないw


[2年振り][5分枠][日独伊][WWⅠ~WWⅡ][踊ってみろ]




【ケイオスドラゴン 赤竜戦役】


先に断っておくと、この作品、1話切りしていました。
あれから1ヶ月半が過ぎて今回のレビューを書くにあたり、
どんな話だったか咄嗟に思い出せませんでした。公式HPを
見ながら「ああ、そうだった。こんなアニメだった」と
思い出した次第です。

領土を争う2国に挟まれた小国で、守護竜と契約した孤児を
主人公にストーリーは進む。守護竜の能力を発揮させるためには、
友人の魂(生贄)が必要になるらしく…。

「領土争い」「代償の法則」などなど、いかにもゲームと並行に
進められたコンテンツらしさが窺える。

1話切りした理由は…
・作画やキャラデザが好みじゃない。
・最初の生贄シーン(守護竜登場シーン)の演出が、勿体つけ過ぎ。
・次週(第2話)へのワクワク感が全然湧かなかった。
…こんなところですね。スミマセン。


[ゲーム][アクション][虚淵玄][奈須きのこ][東宝アニメーション]




【怪獣酒場 カンパーイ!】


バルタン星人が店長、カネゴンがレギュラー店員の酒場。
ウルトラシリーズを未見の人でも、まあまあ楽しめる。
かつてのコネで、石坂浩二がナレーションを務めている部分が
一番豪華(毎回吹き込んでるワケじゃなく、第1話の使い回し)。

バンダイと円谷プロが歴代ウルトラシリーズの円盤を売るための
販促動画と捉えられても仕方ないかも。舞台が酒場だけに、
「場末のシチュエーションコメディ」として見る程度で良し。


[3分枠][円谷プロ][バンダイ][実写のような背景][石坂浩二]




【実は私は】


いや~、こんなキャプ画を選んで申し訳ない。
あまりにもインパクト強かったもので、つい…ww
※自分は100%ノンケですのでご安心を

先日レビューした「モン娘」のように、「何も考えずに
楽しめるアニメ」としてオススメ。しかも両方ともラブコメ。
さらにヒロインたちは皆人外なのも共通。「モン娘」が
「ちょいエロ路線」なのに対して、こちらは「思春期路線」。
そして「あまり嬉しくないハーレム設定」まで同じとか…。

「何も考えずに~」と言うのは、要は「画面を見ていれば
全部教えてくれる」と言う事。もちろん深読みしても
全然構わないのだが、穿った考えをもって本作品を見るのは
却って失礼であろう。そんな(良い意味で)お気楽な作品である。

OP曲は結構好き。逆にED曲は個人的にイマイチ。そして両方とも
男性ボーカル曲っていうのも、昨今の深夜アニメでは珍しいかも。

レビューにあたり公式HPを確認したのだが、主人公の親友3人が
「あいつら」と一括りに紹介されていて、ちょっと可哀想だったw


[学園ラブコメ][秘密][吸血鬼][宇宙人][狼男女][エロ峰くん]




はい、今回はここまで。
巻末グラビアは「Charlotte(シャーロット)」から…

♡♥友利奈緒♥♡

これを機に彼女のフルネーム覚えて下さいね。
そんじゃ、また☆


コメント

エッティル (著者)
No.4 (2015/08/26 18:15)
>>3
レビューの長さと作品に対する思い入れが比例しているのは
あながち否定できないですね。こうして3ヶ月毎にレビューを
書いていますが、周囲の評価で話題になっている作品や期待値の
高そうな作品のレビューはわざと分散させて掲載しています。
こうやって記事閲覧を少しでも飽きさせないようにしているワケです。
その一方で「話題作は早く記事にしたい」と葛藤もしていますがw
※評価や期待値には個人差があります
いは
No.5 (2015/08/26 21:30)
ここでもゆりっぺを推す、その姿勢や良し!w
ツイッターは初期の頃に、「いはさんは真面目にこれやったら、絶対凄いフォロワー増えるのでやれ!」って言われたのですが、凄い時間取られる事に気付き、速攻で挫折……スイマセン orz
楽しいとは思うんですけどねw
エッチルガムさんはガンバレ~♪(他力本願w
エッティル (著者)
No.6 (2015/08/27 20:04)
>>5
ゆりっぺは自分の「二次元童貞」を捧げたキャラですから、
やはり思い入れは強いです。様々なキャラと重婚・浮気を
続けても、最後には必ず戻る港のような女性です(何この演歌w

残る夏アニメのレビュー記事、さらにはAniPAFE本戦に遅れた時は
「いはさんにそそのかされてツイッターばかりしていました」と
言い訳しますので(おい
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事