エッティルのブロマガ

僕はこのアニメを見ない(2014春)#1

2014/04/12 18:21 投稿

コメント:6

  • タグ:
  • アニメ
  • 2014年春アニメ
  • 僕はこのアニメを見ない
  • ぷちます!!
  • ギガントシューターつかさ
  • 蟲師
  • 健全ロボダイミダラー
  • selector
皆様こんばんは。

3ヶ月ぶりの不定期連載企画、
「僕は~見ない」2014年春アニメVer.を始めます!





※筆者の前フリ情報※

ラノベ読まない。原作漫画見てない。自宅にゲーム機はない。
予告PVや各サイトのニュースで拾った情報のみで本編を視聴。

早朝・夕方枠及びAT-XとBS枠は除外。
ただしニコチャンで配信された作品はレビューするかも知れない。

苦手ジャンル:SF、ロボット、武装スーツ、ゲーム系

かつて継続視聴を断念した作品の続編(2期や第2クールなど)が
今期に放送されていても、(見ないから)レビューしません。






※以後、スタッフ・キャストの敬称(ry



【健全ロボ ダイミダラー】


レビュー第1弾に、この作品(&キャプ画)持って来るって、
どーゆーことよ!?…と訝る人もいるでしょうが、
あまりにも面白かったから、
1番目に繰り上げちまったんだよ!!

※つーかお前ら、こーゆー記事を待ってたんだろ!正直に言え!

ペンギン帝国を名乗る地球外生命体?に対抗する地球の秘密組織。
組織が開発した対ペンギンロボ用兵器「ダイミダラー」の
操縦士として抜擢された高校生(CV島﨑信長)の活躍?を描く。

ロボットの動力源が操縦士の性的エネルギーという、
何とも健全且つ愛すべきおバカな設定
ロボット開発者とは美味い酒が飲めそうだww
※キャプ画はそのエネルギー充填中…

「巨乳ヒロイン(CV日笠陽子)」
「相方がスケベな男子高校生」

この2点から「ハイスクールD×D」を連想してしまうが、
むしろそのイメージで視聴しても間違いじゃないと思う。
今後もヒロインの無駄にハレンチなシーンが続くと思うが、
そこはさすが日笠陽子イロモノ実力派声優の本領発揮である。

唯一残念なのが、TOKYO MXで放送されていないこと。
マイPCのチューナーでは受信できません!
他の首都圏の局では放送されているのに、何でじゃああ!
PCチューナーの設定を変えれば多分受信できるんだろうけど、
今更イジるの面倒くさいし…。

ニコチャンで2話以降も一週間無料配信お願いします!



【ぷちます!!-プチプチ・アイドルマスター-】


ニコチャンの動画説明文が的確だったので、コピペします。




◇ぷちます!!って?
個性豊かなアイドルやプロデューサーたちが活動している
事務所を舞台に、
不思議な生き物・ぷちどると、
アイドル&ぷちどるの笑いとハプニングに

満ちた日常をゆるりと描く「ぷち」アニメ!






1期の放送は2013年冬期(1月~3月。全64話)でした。
実は当時、アニマス本編は未見だったのですが、
キャラ萌えしながら楽しく視聴していたのを覚えています。

それから1年。2013年10月から2014年3月までTOKYO MXで
アニマスの再放送があり、今回はアニマス完走後の視聴となりました。
まあでも基本路線は1期と同じなので、アニマスを見ていなくても
十分楽しめる内容になっています

ちなみにアニマスのような歌・ライブシーンはありません。

※長谷川明子(星井美希のCV)さん、
 仁後真耶子(高槻やよいのCV)さん、
 ご結婚おめでとうございます!!




【selector infected WIXOSS】


カードバトルに勝ち続ければ、どんな「願い」も叶えられる。
ただし、3回負けると…。

「まどマギ + 幻影ヲ駆ケル太陽 + ファンタジスタドール + その他」
…なんか第1話を見たらそんなイメージが浮かびました。

キャラデザも可愛いし、作画も悪くない。
キャラ萌えしながら見るのもありだと思うが、
やっぱりカードバトル未経験の自分にとって、この設定は苦手

ここ最近「カードバトルもの」のアニメが多いですね。
アニメの視聴者層とカードバトルの常連層が近くなっているのか、
はたまた双方の制作会社がそれを狙っているのか…?

個人的意見ですが、「バトルもの」ってやっぱり主人公自らが
物理的に頑張って戦って欲しいと願っています。アバターに
任せっきりにしないで、主人公自身の汗や涙が画面から伝わって
くるようなバトル演出が好きですね。自分がロボットやSFものを
苦手にしているのも、やっぱりそういう理由なのかな。



【ギガントシューターつかさ】


同じカードバトルでも、こちらは「メンコ」。
メンコバトルの使い手を「ギガントシューター」と呼ぶらしい。

主人公は世界一のギガントシューターを目指す小学生(CV山口勝平)
彼とクラスメートたちとの、メンコを通じた青春の1コマ?を綴る。

技の名前やバトル中の演出が無駄に中二病化しているが、
実際はただのメンコバトル(ひっくり返したほうが勝ち)。
メンコの図柄がアバターになったりしません。
※演出上、図柄が具現化するが、勝敗に関係ない

キャプ画からわかるように、キャラデザはポジティブに崩壊w
でもこのキャラデザとバトルシーンの演出ギャップが却って
高評価かも知れない。フツーのキャラデザ&30分枠だったら
切っていたかも(本編は9分)。



【蟲師 続章】


公式HPの作品紹介文が的確だったので、コピペします。




およそ遠しとされしもの ――下等で奇怪、
見慣れた動植物とはまるで違うとおぼしきモノ達。
それら異形の一群を、ヒトは古くから畏れを含み、
いつしか総じて“蟲”と呼んだ。





※物語冒頭で、上記の文章を土井美加がナレーションしています。

物語はヒトと蟲との間でおこる出来事を、仲介人とも呼ぶべき
「蟲師(CV中野裕斗)」を挟んで繰り広げられている。

タイトルが示すように、1期は2005年10月~2006年3月に放送済。
特別編などの放送を除けば、今期の放送は8年ぶりの2期となる

とにかく音響がスゴイ。「ヘッドホン推奨」タグは伊達じゃない。
その深みのある音響と、中野裕斗の朴訥とした語り口、
全体に湿り気を帯びながらも、どこか乾いた雰囲気の映像に
思わずハマってしまった。1期を見ていなくても楽しめるハズ。
※自分も1期見ていない。つーか「蟲師」知らなかった。



今回はここまで。
巻末グラビアは「健全ロボ ダイミダラー」から…

♡♥楚南恭子♥♡

そして今回は特別にもう一枚オマケ!!

♡♥三浦あずさ&如月千早♥♡

そんじゃ、また☆

コメント

エッティル (著者)
No.4 (2014/04/12 23:47)
>>3
おー、そうでしたか。
いやはや、余計なお世話でしたね。失敬失敬。

「アニメの楽しみかたは人それぞれ」が信条ですから、
視聴したい作品が少ない期間があるのも、また仕方の
ないことだろうと思います。自分の場合、冬期は多すぎて
却って困りましたから…。
ニーサン
No.5 (2014/04/13 02:27)
記事おつです。
カードアニメで言えば、遊戯王などは歴史も長く、自分もずっと見てる人なんですが、それでも

「まったく意味が解らない」

というカードバトル内容はよくある事です(。∀゚)
という事で selector もカードバトルの内容はさておき、その結果と、その前後の物語だけ楽しめれたらそれでいいんじゃないかなぁ?と思う今日この頃ですw

|-`).。oO(先日始まった遊戯王の新作も、まったくバトル内容は意味不明でしたw
エッティル (著者)
No.6 (2014/04/13 12:45)
>>5
コメありです。

苦手ジャンルでも、それ以外の所で「おっ!?」と
思わせる要素があれば、継続視聴すると思うのですが…。

今回レビューした作品の場合、ロボットもののダイミダラーは
継続視聴予定ですが、カードバトルもののselectorは、やっぱり
興味を引く部分が自分には無いので、1話で切ります。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事