ヴァイスシュヴァルツと小説書庫

【WS】ヴァイスシュヴァルツ 今日のカード

2017/01/05 21:00 投稿

  • タグ:
  • WS
  • ヴァイスシュヴァルツ
  • 今日のカード
  • Re:ゼロから始める異世界生活
  • Rewrite
リゼロもRewriteもタイトル内区分としてデッキが三種類作れそうですね。


 レアリティ:R
 Lv3/3 剣聖 ラインハルト
 《武器》《騎士》
 【永】大活躍
 【永】経験 あなたのレベル置き場のカードのレベルの合計が6以上で、他のあなたのキャラがいないなら、このカードのパワーを+10000し、このカードは次の5つの能力を得る。「【永】このカードは相手の効果に選ばれず、相手のキャラの【自】の効果によってリバースされない。」「【永】このカードのバトル中、相手はイベントと「助太刀」を手札からプレイできない。」「【自】このカードのバトル相手がリバースした時、あなたはそのキャラを思い出にしてよい。」「【自】[手札を1枚控え室に置く]このカードのバトル相手がリバースした時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、相手に1ダメージを与える。」「【自】相手のアタックフェイズの始めに、あなたはこのカードを前列のキャラのいない枠に動かしてよい。」

 ネタカード感が満載のカード。
 自キャラが存在していないことが経験の発動条件なので、色々と難しめですね。基本的には行きで前列の両端を自滅させて、返しにバーンダメージを与えていくのがこのカードの使い方なんでしょうが……リゼロ三つ目の主軸Lv3になるんでしょうか?


 レアリティ:U
 Lv0 交渉上手 アナスタシア
 《商人》
 【自】[手札を1枚控え室に置く]このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山札を上から4枚まで見て、《商人》か《獣人》か《騎士》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加え、残りのカードを控え室に置く。

 暁互換ですね!
 リゼロのプールで尚且つこの特徴たちに欲しいカードなんでしょうか。いや、欲しいとは思うんですけど、Lv3見る限りメインデッキにはなりそうにないところに暁があっても、感があります。


 レアリティ:C
 Lv1/0 「鉄の牙」副団長 ミミ
 【永】このカードはサイドアタックできない。
 【自】絆/「鉄の牙副団長 ヘータロー」[1コスト]
 【自】共鳴[手札の「鉄の牙」副団長 ヘータロー」を1枚公開する]あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのターン中、このカードのパワーを+6000。

 自ターンに特化したカードで、共鳴対象を絆で持ってこれるのは嬉しいところ。暁もありますし、Lv1までには相方も落ちてそうです。


 レアリティ:C
 Lv1/0 「鉄の牙」副団長 ヘータロー
 【永】このカードは相手のキャラの【自】の効果によってリバースされない。
 【自】絆/「鉄の牙」副団長 ミミ」[手札を1枚控え室に置く]
 【自】共鳴[手札の「鉄の牙」副団長 ミミ」を1枚公開する]あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのターン中、このカードのパワーを+4000し、ソウルを+1。

 共鳴としてはこちらのほうが自ターンで使いたい感じがありますね。ソウルが楽に増えるのは使いやすい上に、最近多い相打ちに行きで取られないのは十分でしょう。返しはパワーが低すぎてリバース云々も何もあったもんじゃありませんが。


 レアリティ:R
 Lv0 お出かけ ちはや
 《お菓子》《オカルト》
 【自】あなたのクライマックスがクライマックス置場に置かれた時、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、レベルを+1し、パワーを+500。
 【起】集中[1コスト このカードをレストする]あなたは自分の山札の上から4枚をめくり、控え室に置く。それらのカードのクライマックス1枚につき、あなたは自分の控え室のキャラを1枚まで選び、手札に戻す。

 単純に忍者集中に強い後列効果と隙がない構成のカードですね。カード効果的にはどの軸にも入れられる余地はありますが、静ルチでシナジーを使う場合は入らないでしょう。篝小鳥瑚太郎にはLv1篝の名称指定が比較的緩くはあるので、入れられそうです。


 レアリティ:R
 Lv1/0 転校生 ちはや
 《お菓子》《オカルト》
 【永】このカードの正面のキャラのレベルがこのカードのレベルより高いなら、このカードはフロントアタックできない。
 【永】あなたのキャラすべてがカード名に「朱音」か「ちはや」か「咲夜」を含むなら、このカードのパワーを+500し、このカードは「【自】アンコール[手札のキャラを1枚控え室に置く]を得る。

 条件付き6500アタッカーに手アンがついており、集中のちはやの効果によってデメリットもLv2より上を相手にしても帳消しにできるので、相性がいいですね。
 ただし、名称指定が厳しめなので移動などを採用していると使い辛いのは難点。


 レアリティ:U
 Lv1/0 ちはやローリング
 このカードは、あなたのカード名に「ちはや」を含むキャラがいないなら、手札からプレイできない。
 あなたは自分の山札の上から2枚を、控え室に置く。それらのカードにレベル1以上のカードがあるなら、あなたは自分の山札の上から2枚を、控え室に置く。あなたは自分の控え室のレベルX以下のキャラを1枚選び、手札に戻す。Xはその効果で控え室に置かれたレベル1以上のカードの枚数に等しい。

 とりあえずレベル1以上のカードを落としましょうというカード。山削りはできるものの、Lv0とCXを落としてしまった場合、ただの2枚削りになってしまうので手札の消費が激しすぎますね。
 使わなさそうです。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事