猿太郎のブロマガ

ほーけー男子が医学を学び性を知った

2020/07/04 16:21 投稿

  • タグ:
  • 性科学
  • 心理学
  • 運動科学
  • エビデンス

初めてブロマガ投稿をします。

と言っても普段の仕事はメディア会社の経営と運営を行なっていますので、若干ライター業的なこともやります。また、雑誌の取材やTVの取材を通して運動を皆さんにお伝えしています。

まぁそんな自己紹介はどうでもよく、私がなぜ動画で“性”について話をしているのか?について,お話ししておこうと思います。

「興味ねーよ」

結構です。私が一番興味ないです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
動画でもお話ししましたが、私はホーケー術後患者です。と言っても10年ほど前になるでしょうか。自分のムスコさんがおかしいと気づきはじめたのは、記憶を辿ると中2に遡ります。



初めての“秘めコト”がこのときだったと思いますが、これは友達に教えてもらった秘儀をお風呂場で試したのがきっかけです。



男性諸君であれば、この日のことは初めて行ったディズニーランドの思い出よりも鮮明に残っていることでしょう。



ーー本当のイッツ・ア・スモールワールドは自分の中にあったのかもしれないですね。


さぁ話を下半身に戻して、このとき自分の皮がおかしな形をしていることに気がつきました。



「あれ?父ちゃんのマンモスと俺の子象は鼻の形が違うぞ」



ここでクラスの男友達が「ほーけーほーけー」と叫び回っている奇妙な光景の、その本当の意味を知ることになります。



そう。俺ほーけーだったんです…


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それから月日が勃ち…いや経ち、高校生で初めての日を迎えます。力士の土俵入りもこんな気持ちなのでしょうか。


一つ違うのは、私の場合“まわしは脱いで”土俵に上がることでしょうか。


その頃の、ムスコさんは当然イエス高●クリニック状態です。それでも飛び込んだ自分をお目てあげたいですが、コンドームをつけ行為に及んだのですが、ホリ●モンのロケットと同じで未発射となりました。


そこから決意するわけです。


「俺、男になってやんよ」と。


その後、医学の勉強をはじめるかたわら、手術を受けることになりました。


そこで起こったとんでもない自体とこれから「俺、男になってやんよ」と思っている方々に向け、以下の動画を撮影しました。


ほーけーなのに詐欺られちゃった経験談を赤裸々にかつ、明るく語っています↓




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事