えむだら出張所

東北MMD勉強会の話と、MMDオフのすすめ

2013/02/01 19:31 投稿

  • タグ:
  • MikuMikuDance
  • MMD
去る1月12日に、仙台にて東北MMD勉強会が行われました。

不肖わたくしめも発表者として参加して参りました。
いやー、新幹線で行くと案外近いのね、仙台!


東北では初のMMDでの集まりということで、主催のまゆたまさんは色々考えた結果、内容を比較的初心者向けに設定。
これまで行われた勉強会の中では、もっとも初心者向けだったかもしれません(いや、突発でわたしが主催した「ゆるふわ講座」と同程度かな)。

発表者の中に私が含まれていたのも、その辺を鑑みての人選となっております。

自分で言うのもなんですが、私が発表者として参加することによって、まだMMDをはじめたばかりの人にも参加しやすい、ハードルの低さは演出できたと思います。

一番最初に東京で行われた勉強会なんかは、発表者は超有名Pばかりでいかにもガチの雰囲気。参加の表明も一気にではなくじわじわ増えていったのは、正直申し上げて参加表明へのハードルの高さはあったと思います(内容も「目指すは『上級者』」と明記されています)。

そういう場だと、なかなか初心者さんは行きにくいですね。

もちろん、そういう場を否定するわけではありません。人それぞれ習熟度や求めるものも違いますし、中級者・上級者向けの勉強会もどんどん開かれていってほしいのですが、個人的には「ゆるふわ講座」のような、初心者にも参加しやすい、ゆるいMMDの集まりみたいなものも、どんどん開かれていってほしいのです。

有名Pじゃなければ発表できない、なんてことはないです。

MMDを色々やってきて、たいしたことじゃないけど、こんな工夫の仕方もあるよ、こういう風に自分はやってるよ、というあなたの発表を、私は是非見てみたいです。

今回の東北勉強会では、私は「主催」ではありませんでしたが、生放送のコメントを眺めて一緒に笑ったり、ラジPのモーション作成指導中、参加者さんたちがモーションを作っているのを会場をウロウロしながら眺めたり、それはもう楽しかったです。

もちろん、いきなり「勉強会やるぞ!」ってのも難しいと思います。
手始めに、住んでる場所が比較的近い人たち数人で集まって、自分のpmmファイルを見せ合うオフなんかをやってみるのはどうでしょう。

さすがにデスクトップを持ってくるのは難しいと思うので、ノートパソコンを持ち込める環境の場所。電源が必要なので、カラオケボックスが最も手軽です。
ノートが一個あれば、データは各自USBメモリで持ち込めます。
頼めばカラオケのモニタにデスクトップを映せるように設定してくれるところもあります(※パセラなどは事前に頼んでおけば機材も貸してくれ、全部セッティングしてくれます)。

人が目の前でMMDを使うところを見るだけでも、意外なほど勉強になるものです。
私も未だに「こんな使い方があるのか!」と驚かされることばかりです。

気負わず、ちょっと集まってみるのは、きっと楽しいです。

MMDたのしいよ!!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事