秋葉原グルメ紀行うp主のブロマガ

東日本大震災から3年、あの日の自分は…2014春

2014/03/10 21:55 投稿

コメント:22

  • タグ:
  • 東日本大震災
  • 311
  • 帰宅難民
  • あれから3年


あの日から3年が経とうとしてます。
今回はあの日の自分の行動を振り返り、次に繋げていければと思います。

当日、なんで羽田空港に居たのか…知人やテレビのインタビューでよく聞かれたのですが、なんとなく羽田空港に来てました。
飛行機は見ようと思えばいつでも見に来れます。
そして14:46に地震が起きました。


とんでもない事がおきているのを改めて認識したのは上の画像のとおり。
遠く離れた場所で起こった地震でもあんなに揺れるものか…と自然の猛威を思い知りました。



何度か大きな揺れを感じ、地下に行けない状況が発生しますが、大きな地震が収まると地下へ行けるようになりました。



携帯電話が全く使えない状況では公衆電話が通信手段となります。
この日から財布の中にテレホンカードを入れておくようになりました。
小銭でもいいのですが、財布の収納性を考えると薄いカードの方が楽ですしね。
(カードの残高が減らない??と思ったのですが、無料開放してたとの事)
家と会社に連絡できて一安心。この時、家のものには帰れないかもしれないと言ってました。



電話した所のすぐ近くにローソンがあり、食料と水を買いに行った結果がコレです(^_^;)
ビールを買った理由??なんとなくですよ、まぁ長い一日になるんだし~というねw
但しお酒飲んだからといって陽気になっていいとは限らないので注意です。
そういう輩がいて顰蹙をかってたのが居ましてね(-_-;)

バタピーはカロリーもあり、塩っけもあるのでお腹がぐぅ~な時にオススメです。
チョコは当分補給、そして何より大事な水を確保できてホッとしたり。
電池類も買いましたが、帰宅までは保たなかったです。
この経験もあり、少し遠出する際にはモバイルバッテリー、水、カロリーメイトやソイジョイを持つようになりました。
旅行好きな自分にとって、当たり前の行為なのですが、歩くには半日以上掛かるような場所に行く時でも持つ事に。
車で移動する時も同じ事。あって困るという事はないですからね。



食事は一口おこわなる空弁とおにぎりをいただきました。
他に弁当が無かったというのも事実ですが…ところがこのおこわがモチモチしてて満足なんですよ、奥さん!
小さくすぐ食べなくても大丈夫なので、羽田空港発で何処かに行く際にもオススメかもよ。



ラッキーだったのは地震発生時に羽田空港に居た事…今でもそう思ってます。
屋内で暖房が効いてて、トイレの心配もなく、適時アナウンスがあり、緊急地震速報も流れ、おまけに座れて寝れる。帰宅困難者という身からすれば快適な一夜を明かす事ができました。



明けて3月12日の夜明け
どんなに気が遠くなる災害があっても、壊滅的な原発事故があっても、次の日というのは来るんだなぁ…と窓から朝日を見ながら思ったものです。
このコメントは今でも変わりません。
どんなに悲しんでも、苦しんでも、自分自身に死が訪れない限り次の日は来るのです。
悲しみや苦しみを乗り越えて行かなくてはならない。
もし、悲しんで苦しむ姿を亡くなられた方々が見てたとすると、どう思うだろう。
そこには色々な答えがあるだろう…最近はそんな事も思ったりします。



TVのインタビューで非常食セットについて色々と聞かれたのですが、きっとコレを見たのかな?
空港だと常備してるようですが、実際に使われる事は皆無でしょう。
羽田空港にいる職員さんが一丸となって取り組まれた結果の素晴らしさを実感しました。
自宅の非常食はありますか?ある場合、日持ちは大丈夫ですか?一度確かめましょうね。

その後、電車や地下鉄に乗ったり歩いたりを繰り返して上野駅に降り、宇都宮線の開通を待って無事地元まで辿り着きました。
自宅の被害の無さっぷりに苦笑いしたのを思い出します。
そして、夜。
いつも聴いてるラジオがやると聞きチューニングを合わせ、第一声と曲に勇気づけられます。


今やもう 「歌ってる場合じゃない」んだそうだ 悲惨な世界前にしてあなたは問う
「歌ってる場合じゃない」世相なのかも知れんと 口ごもりただ戸惑う
確かにあの優しい旋律 かき消すほどやかましい現実
飛び交う銃声と噂話 に対してなんて無力な憂さ晴らし
要は無駄か?この歌と言葉は どうも疑いがち 利口なオトナは
だがオレに言わせりゃだから出番 大ケガ上等なバカだけが
でっかい賭けにまたいずれは勝つ もしくはその日をいつまでだって待つ
先人たちのように背筋伸ばす 古臭い悲観を全部吹き飛ばす
あなたこそ現にそうしてきたはず かつてオレを救った奇跡のヴァース
そのバトンを次の誰かに渡す チャンスを信じてまた奮い立たすから

歌ってる場合ですよ! どんな時間だってこの世に人がいる限り
歌ってる場合ですよ! あなたも止めないさきっと声続く限り

新しいシューズ 鼓膜に新しいビーツ
路上に新しいフライヤー
聴こえる 新しい 新しい音楽
新しいニュース 鼓膜に新しいペイン
心に新しいファイアー
産まれる 新しい 新しい音楽

自然の猛威や自分たちで作ったもののしっぺ返しから
我々のご先祖は乗り越えた訳だから
人間なめちゃダメだよ
我々自身もすごいんだよ

そういう意味での「人間なめんな!」
そして冒頭に流れた「そしてまた歌い出す」

動画は撮った
自分だけの記録にしようかと思ったけど
やっぱりまとめて投稿すべきだ

自分の中で明らかに何かが変わった瞬間で、ベッドから起き、PCを付け、ラジオを聞きながら編集し始めたのです。

そして時は流れ、青森のデスティネーションキャンペーンは予定通り実施されると聞き、どうしても弘前に行ってみたくなり…

東北に行こうよ!という動画へと繋がるのです。
この動画の冒頭のPV(らしきもの)は元々作る予定であって…




東北新幹線はやぶさのCMでもおなじみ、MADE IN DREAM
そのポスターを一目惚れし、絶対PVを作ってみせると思った矢先
東日本大震災が発生しました。
「はやぶさ」はGW連休に復活するのか?やきもきしたのを今でも思い出します。


東北の冬はもうすぐ終わります。
待望の春がやってきます。
東北のGW連休は花見の季節でもあります。
最後に三春の滝桜の写真で締めさせていただきます。それでは、また。



コメント

癒華
No.20 (2014/03/12 23:10)
わたしは東京でした。当時中学1年生で、委員会活動中で2階にいました。
はじめは「ゆれてるな~」と軽く見ておりましたが、先輩に「机にもぐれ」と言われてからすぐ大きく揺れ始め、机を必死で押えました。
揺れが収まって校庭へ避難し部活の仲間やクラスメートと合流しました。ほとんどの人が恐怖を抱いて泣いていました。
先生の指示で荷物を取りに校舎へ戻ろうとした時、大きく揺れて先生方が慌てて「戻れ!」と叫んでいました
部活の仲間がパニックを起こし泣き始めてしまい必死に落ち着かせようとしました。
私も自分のことで精一杯になっていました。

その日は先輩方の卒業茶会があり、楽しく終わるはずでした。
しかし、それは一瞬で崩れ落ち茶会は中止になりました。

家に帰ってテレビをつけた時、私は時が止まったような感覚になりました


あれから3年という年月がすぎたのですね
あの時の私の行動は正しかったのだろうか、と今で... 全文表示
駅弁 (著者)
No.21 (2014/03/12 23:20)
>>19
茨城県古河市在住です。市内の被害は皆無といった方でした。
海沿いは無論、つくば市辺りの状況を聞いていると同じ県内なのか?と思った程。
最初の地震とその後に起きた地震の震源地が違うと言う事を知らない方が多いです。
千葉も酷く、長野も…忘れてはいけません。
青森や北海道も被害があったという事を覚えている方は少なくなっているのかもしれません。
駅弁 (著者)
No.22 (2014/03/12 23:44)
>>20
おお、これまた学生さんですね、仲間を落ち着かせる事を咄嗟に出来る方は凄いとオッサンは思いますよ。
先生が仰った言葉はとても重みのある言葉ですね。
「困っている方がいたら助ける」
ちょっとした事でもいいと思います、ほんの少しでもいいと思います、是非行動してみてください。
最後に…物見遊山でいいから東北へ行ってみて下さい。それが復興への近道かもしれません。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事