えいじの伝道雑談

クリスマスは神様の愛の始まり~

2014/12/25 11:38 投稿

  • タグ:
  • クリスマス
  • クリスチャン
  • 聖書
  • キリスト教
  • 教会
  • 初心者
  • えいじ
ハレルヤ~皆さんメリークリスマス
クリスチャンになって初のクリスマスを迎えました。
新興宗教団体と仏教団体をやってたので、9年ぶりぐらいですけど、クリスチャンとしては初なんで変な感じです(^^;

さてイエス・キリスト様の教えは愛で溢れてますね。
愛がある所には安らぎがあります。私の好きな言葉をいくつか貼ります。

「愛は寛容であり、親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、不正を喜ばずに真理を喜びます。すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。愛は決して絶えることがありません。」(第1コリント13章4-8節)

「それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つはいつまでも残ります。その中で一番すぐれてるものは愛です。」(コリントの信徒への手紙一 / 13章 13節)

「わたしはあなたに命じたではないか。強くあれ。雄々しくあれ。恐れてはならない。おののいてはならない。あなたの神、主が、あなたの行く所どこにでも、あなたとともにあるからである。」 (旧約聖書 ヨシュア記 1章9節)


「この天地は滅び去ります。しかし、わたしのことばは決して滅びることはありません」( マタイの福音書24章35節)

「疲れたもの、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませて上げよう。」 マタイ11章28節)


「わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命にいたる水がわき出る。」(ヨハネによる福音書4章14節)

「あなたの信仰が
あなたを直したのです。」
(マルコの福音書5章34節)

イエスは彼らに言われた「あなたはわたしを見たから信じたのですか。見ずに信じる者は幸いです。 」 
(ヨハネの福音書20章29節)

「信仰による祈りは、病む人を回復させます。主はその人を立たせてくださいます。また、もしその人が罪を犯していたなら、その罪は赦されます。

ですから、あなたがたは、互いに罪を言い表わし、互いのために祈りなさい。いやされるためです。義人の祈りは働くと、大きな力があります。 」
(ヤコブの手紙5章15~16節)

目には見えないですけど、祈る所に常に神様の愛があります。私達はその神様に信頼し自分の悩みを告白しましょう。またお互いに祈り励まし合いましょう。


祈り
偉大なる天の父様、御子イエス様、聖霊様私は偉大なる主であられる三位一体の神様、貴方様の御名を崇めます。今日はクリスマスです。全世界の教会が貴方を崇め讚美を捧げてると思われます。どうか永遠に残る神様の愛と御名が苦しんでる方の上に注いでください。大切な方を亡くして悲しんでる方、人生につまずき苦しんでる方、過去のトラウマを引きずる方、病を覆ってる方、経済的に苦しんでる方、恐怖や不安で心がいっぱいの方たくさんの方々の上に貴方の愛を与えて下さい。また今生きてる動物さん達にもその希望の愛を与えて下さい。全ての事に感謝いたします。どうか偉大なる神様の愛と希望と信仰が世界に溢れ全ての偶像や苦しみから解放されますように偉大なるイエス・キリスト様の御名によって祈ります。アーメン




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事