えいじの伝道雑談

神様の愛~考えてました

2014/12/24 10:06 投稿

  • タグ:
  • クリスチャン
  • クリスマス
  • 教会
  • キリスト教
  • 聖書
おはようございます。
昨日ちょっとキリスト教が他の宗教と何が違うか考えてました。

自分は今年の3月頃から仏教団体を離れて今まで縁がなかったキリスト教の教会に来まして初めて神様の教えを知りました。
(ちなみに昨日が七年前に新興宗教団体から仏教団体に入りなおした日です)神様の教えの教えはとにかく愛を語ってますね。

また聖書は神様からのラブレターととらえてよいと思います。
宗教改革のマルティン・ルターは聖書の一番重要な言葉にこちらを語ってます。

「 神は実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それはみ子(イエス.キリスト)を信じる者がひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」ヨハネの福音書3章16 、17節
まさに神様は愛がある方という事です。
神様の愛は人を差別せずまた利益をも求めてません。私達全人類の為に苦しみそして十字架の死と復活をなさい私達に神様の愛をその体で表してくださいました。

「 私たちがまだ弱かったとき、キリストは定められた時に、不敬虔な者のために死んでくださいました。 正しい人のためにでも死ぬ人はほとんどありません。情け深い人のためには、進んで死ぬ人があるいはいるでしょう。しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。 」(ローマ人への手紙5:6〜8)

「キリストは、私たちのために、ご自分のいのちをお捨てになりました。それによって私たちに愛がわかったのです。」(ヨハネの第一の手紙3:16)

また私達の事を忘れる事なくずっと思って下さってます。

「女が自分の乳飲み子を忘れようか。自分の胎の子をあわれまないだろうか。たとい、女たちが忘れても、このわたし(神)はあなたを忘れない。 」 (イザヤ書49:15)。 

この素晴らしい神様を愛する所に私達にも希望が与えられてる気がいたします

宗教に興味がない人は宗教のきれいごとに聞こえるかも知れませんしお金が目当ての発言に聞こえるかも知れません。実際お金が目当ての教会があると聞いた事あります。

ただ弱い私が与えて言いますけど、本当に神様の愛は素晴らしいこの一言につきます。

「お金では買えない価値がある」という言葉をなんかのCMで聞きましたけど、神様の愛こそ人生で最大の価値があると私は思います。

私達クリスチャンはお金を愛さずお互いを愛し合い助け合います。

「愛する者たち。私たちは、互いに愛し合いましょう。愛は神から出ているのです。愛のある者はみな神から生まれ、神を知っています。愛のない者に、神はわかりません。なぜなら神は愛だからです。神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。愛する者たち。神がこれほどまでに私たちを愛してくださったのなら、私たちもまた互いに愛し合うべきです。 」(ヨハネの手紙4:7〜11)

私もクリスチャンの方々に出会えてちょっと価値観が変わりました。
神様の愛に感謝いたします。

祈り
偉大なる天の父様御名を崇めます。
どうか悩まれてる方または欲に走る方々に神様の愛が注ぎますようにして下さい。
また私達クリスチャンが清らかになりもっと貴方の愛にふられるようにして下さい。今日はクリスマスイブですけどどうか世界中に貴方の愛を与えて下さい。
愛するイエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事