ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

にわかの映画語り

映画にわ語り6回目 ローンサバイバー

2014/03/25 23:12 投稿

  • タグ:
  • 映画
  • ローンサバイバー
  • マーク・ウォールバーグ
  • テイラー・キッチュ
  • ゴリラ
  • ピーター・バーグ
今回はめずらしく新作のご案内(?)です。
ネタバレが多少含まれますので、ご注意ください。

さて、いきなりですが、わたしはマーク・ウォールバーグ(ゴリラ)があまり好きではありません。なんでかはわかりませんが、とにかくそんなに好きではないんです。
ですが今回は結構いい仕事していましたので少し見直しました。(上から

みなさんご存知のとおり、このゴリラは元薬の売人でした。数々の悪いことをしました。
そのことをとても後悔していて今はその罪を償うために色々な手助けをしています。
有名は所では最近アカデミーでも話題になっていた(結局無冠でしたが)「アメリカン・ハッスル」のデビット・O・ラッセル監督が仕事がなくなった時(本人の病気のせい)に資金提供などをして「ザ・ファイター」が生まれました。この作品でアカデミーに返り咲き、見事復帰を果たしたわけです。
今回の「ローンサバイバー」でも資金提供をしています。
「ローンサバイバー」の監督である、ピーター・バーグ監督が配給会社に「おまえがローンサバイバーを作りたかったらまずはバトル・シップを撮れ」と言われて作ったはいいが「バトル・シップ」がおおコケ。「ローンサバイバー」なんか夢のまた夢になってしまった所ゴリラに助けてもらったわけですね。しかし、助けたはいいが「ローンサバイバー」にでてしまったばっかりに「アメリカン・ハッスル」には出演できずかわいそうなことに。(デビット・O・ラッセル監督の映画にでればアカデミー賞の主演・助演賞をもらえるジンクスがあるので)

長くなりました。(ここからネタバレ含みます
肝心の本編なのですが、内容は「ネイビーシールズ」みたいな感じに仕上がっています。
こういうと凄いつまらなさそうだと思われますが、あくまで「話の流れ」が同じなだけです。
OPはゴリラが搬送されるところから始まりますが、その後はシールズの基地内の日常からはじまり任務に行きボロボロの状態で帰還という流れです。
では、何がよかったの?というと、戦闘シーンが素晴らしい。これにつきます。
最近の洋画全般にみられるリアリティとか言う名前だけの撮影が多い中、この「ローンサバイバー」はやってくれました。
リアルとエンターテイメントのバランスが非常によくとれていると感じました。

わたしはポール・グリーングラスがあまり好きではありません。
アカデミーでは「キャプテン・フィリップス」がノミネートされていましたが、どうなんですかね?
そもそも「ボーンスプレマシー」・「ボーンアルティメイタム」「グリーンゾーン」撮り方同じですよね?わたしがにわかだから気付かないだけかもしれませんが、カメラガチャガチャしてるだけで観たいところみれなくてイライラしませんか?
銃撃戦とかもカメラに落ち着きないですし、これを「リアル」と呼ぶかもしれませんが、何してるかわからなくて迫力(音)だけあるのってどうなの?と思ってしまいます。会話シーンとかは別ですが、会話シーンにリアリティあるからいいって言われてもドキュメンタリーとかモキュメンタリー見ろよって感じですよね。
では、「ローンサバイバー」はどうなのかというとステディガチャガチャほとんどないです。(一切なかったかも)凄い観やすいですよ!見ている途中に「あれ?なんかストレス感じなくてスムーズに観れてる!?」と気付きました。カメラもちゃんとパンするしカットの切り替わりもストレスなかったです。ゴリラの狙撃シーンかっこよかったですから。ええ。
非常に硬派な印象を受けました。これが見たかったんだよ!なんで「ネイビーシールズ」でこれやらないんだよ!って思いましたね。はい。
正直わたしの力じゃ映画の魅力を書き出すことはできませんがぜひ観に行ってもらいたいです。
あとは、落下シーンも凄まじいですね。これ観たときに「うおぉ!」って言ってしまいそうになりました。
スタントの人凄い大変&ケガしたんじゃないかな?顔面から滑り込んで体捻ってたりしてたからやばかった。
ここでもリアリティとかいうものと比較するとだいたいカメラごしの映像がグルグル回るだけだと思いますが、こいつは違います。
ガッツリみせてきます。さらに痛々しいし簡単に想像できないような転げ落ち方(落下)します。
こっちの方がリアルな感じしますね。だって予測不能な落ち方するんですよ。
映画だったらかっこつけたり、すくなからず受身があったりするんですが写っている範囲内ではいっさいそんな素振りがなかったですね。ただの落下されど落下。
しかし2回目か3回目あたりのスローとタメは少しやりすぎたと思いました。

ラストの村からの救出シーンでのゴリラ演技でグッときました。結構いい仕事をしていたというのはこのことなんですけどね。
銃もかっこよかったですね。特にゴリラ銃が。
調べてみた所MK12SPRという銃みたいですね。今書いてて思い出したのですがゴリラを救ってくれた村人が持ってたデリンジャーみたいな銃が少し変わっていました。
マズルが丸っぽくなっていてぷっちょのボトルみたいでした。あれなんで丸まってるの?って思いました。

長くなってしまいました。ここまで読んでくれた方ありがとうございます。
劇場に見に行ったほうがいいと思うのでよければ体感してきてください!

生放送もやってまーす。
http://com.nicovideo.jp/community/co373658





コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事