えび、(えびてん)の趣味悠々。

水飴を練る。

2013/10/20 15:55 投稿

コメント:5

  • タグ:
  • 日記
  • 食べ物
  • 水飴




皆さんもたぶん見たことあるでしょう。
昔の漫画とかに出てくる『水飴を練る』シーン。
小学生くらいが空き地に来るおじさんからもらって、割り箸でねりねりして、
白くなったのをパクリとやる、そうアレです。

しかし突然自分は気づいてしまったのです。 俺は一度も水飴を練ったことがないと。

ああ、なんということだ。人生をこれだけ生きてきておいてそんなことも経験していないとは。これはもう自己の文化が枯れているとしか言いようが無い。
己の文化と腹を満たすためにいざ行かん水飴を買いに。

ちょっと待っててくださいね。
はい買って来ました。

228円、プラスチックの箱に入ったK社の水飴を購入。
ビンの方が風情があるが 後始末もろもろがめんどそうだったのでこれにしました。
これでやっと練ることができる。俺はインターネットには詳しくないが、 これで「ねらー」を名乗れるわけだな。


正直なことを言うと先月も買って失敗に終わっています。
その失敗から学び取りいまや水飴職人を名乗ったら石を投げられるくらいに成長した俺から 水飴の秘伝を伝授いたそう。袋とじ機能がないのがうらめしい。

1、暑いと上手くいかない
 差はあるのだろうけどやはり暑いほど水になります。もう全然粘らない。 具体的にいうとタイムシフト一枠分練ってたけどなんも変わりゃせんでした。おすすめは冷蔵庫から出したて。
2、割り箸は逆さまに
 多少ぎざぎざしたほうが空気が入りやすいんだと思う。白くなってんのって空気だし。
3、一発目は難度高し。
 開けたてが一番柔らかい。初心者はうかつに手を出してはならない。難度が高きわけは粘度が低いわけだな。
難度が高きわけは粘度が
4、水平よりも八の字に練る
 漫画とか水平じゃなくて八の字でしょう。あれよく描写されてますわぁ。こぼしにくく白くなりやすい。


で、味なんですが、もちろん美味い。美味いのだが、つまり、水飴って、味付けの材料の一種なので、まぁ、砂糖まんまの味がして、ねばーっと甘くて、昨今ならもっとお菓子お菓子したの、色々あるなー、あ、機嫌悪くしないで、いや、もちろん美味いんだよ?素材の味が、うん、美味い美味い。って、そんな味。
俺は好きだが、ドウダロー?今のお子さんは食べるかなぁ。あ、でも遊ぶお菓子と考えると割と受けは良いかもしれない。 あと下には必ずチラシを引いてください。後悔します。


世代でないのにノスタルジー、何より練るのが面白い。 上であんなん書いてますが個人的には楽しい楽しい水飴タイムでした。 こんど機会がありましたら、ゆっくり練ってみれば良いじゃない。


これで売り上げ伸びたら俺の手柄やな。

コメント

ワタユ
No.3 (2014/04/09 00:40)
…というわけで買ってきました水あめ!売り上げ伸びましたよ!
お手柄ですよえびてんさん!
不器用な僕のことなんで案の定ジーンズとTシャツにこぼしてネットネトになりました。
オビャア。
残念ながら「ねらー」にはなれませんでしたが、ネット漬けにはなりましたね
どっとはらい。
えび、(えびてん) (著者)
No.4 (2014/06/16 21:27)
>>1
アマナギさん>なんか7ヶ月ぶりにコメント返しとかしてみたり。水あめって個人的には冬の駄菓子ってイメージです。駄菓子って多分月日を重ねるたびに色々な味が重なる美味しさがあると思うのですよ。
えび、(えびてん) (著者)
No.5 (2014/06/16 21:29)
>>3
ワタユさん>開けたての水あめは使うようで食べるようでないのでかなり難易度高い。ほんと。なんであんな食べにくくしてんだって話ですよね。
まぁ使いやすいためで食べやすくしてるわけでないからなんですけどね。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事