友紀夫・享・大二郎・孟が構想する   「東アジア共同体」

仲井真沖縄県知事 辺野古埋め立て承認を表明

2013/12/27 18:23 投稿

コメント:3

  • タグ:
  • 辺野古埋め立て
  • 沖縄県
  • 仲井真

仲井真弘多沖縄県知事が辺野古の埋め立てに正式にゴーサインを出したことは、名護市の市民をはじめ大多数の沖縄県民の「普天間県外移設」の願いを踏みにじるもので、まことに残念である。もちろん、こうなったことについては、私が総理在任中に「県外」を掲げて真剣に模索をしながら挫折せざるを得なかったという意味で、私にも責任の一端があるわけだが、しかし私は、総理を退き、また議員を辞めた後も、県民の皆様の気持ちに沿って、あくまでも「県外」の可能性を追求すべく活動してきたし、これからもそうするつもりである。

 そのような立場から見て、今回の知事の決定がまことに不思議に思えるのは、「5年以内に普天間の運用停止」を主張しながら、それまでにはどう考えても辺野古の建設は9年半かそれ以上もかかってとうてい間に合わないから、「考え得る県外の可能性をすべて検討してほしい」としていることである。5年後までに県外移設が可能であるのなら、辺野古着工は必要ないと考えるのが自然なことではないだろうか。しかも安倍政権は、「5年以内」を確約しているわけではなく、「これから米国と交渉してみる」と言っているにすぎない。交渉したけれど駄目だったということになって、すべては元の木阿弥になってしまうのは目に見えている。

 結局、安倍政権は、力ずくで何が何でも辺野古建設を強行しようということである。その流れを止めるには、まずは1月の名護市長選で「辺野古NO!」の市民の意思をはっきりと示すことだろう。それでも安倍政権は強行に向かい、来年中にもこの問題は大きな山場を迎えることになるが、他方では、米財政難による海兵隊そのものの大幅削減案や、米政府・議会などでの「辺野古案は死んだ」という見方の広がりがあり、またハワイ、グアム・テニアンへの海兵隊丸ごと移転の要望も両州知事などから高まっている。辺野古建設の強行を回避し、本当の意味で「県外、国外」を実現するチャンスもまた高まっていることに注目したい。
                                          (鳩山友紀夫)

コメント

maruto082
No.1 (2013/12/27 22:33)
仲井真弘多沖縄県知事は もともと辺野古移設に賛成を唱えて知事に当選されたと記憶してます。 それを「最低でも県外」で混乱させたのは あなたです。
erickfan
No.2 (2013/12/28 22:29)
仲井真知事の裏切りは沖縄の歴史に残る噴飯ものの所業である。でも、あの急な決定の裏には、霞が関の魔界勢力が徳洲会事件の追及に関連して仲井真知事を恫喝して強要させた疑いもあると思う。司法官僚と一体となって圧力をかけると、小沢事件でもわかるようにねつ造あり、冤罪ありの反法治主義のオンパレードで悪者にさせられてしまう。本当の悪は他にいるような気がする。
株上がれ~
No.3 (2013/12/28 22:50)
鳩山さん 腹案早く!!!
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

友紀夫・享・大二郎・孟のUIチャンネル

友紀夫・享・大二郎・孟のUIチャンネル

このチャンネルの詳細