終わりなきロックな日常

【第9回】イヤホンとThe Smiths「Strangeways Here We Come」(1987)

2013/03/06 18:28 投稿

コメント:4

  • タグ:
  • ロック
  • 音楽
  • 洋楽



(前回からの続き)

(4)知り合いに相談。。。。。。。それで、結局買ったのは・・・。

最終的に候補になったイヤホン。それが、この3つ。
ゼンハイザーのIE80シュアのSE535 Special EditionUltimateEarsのTripleFi10

ゼンハイザーIE80

シュアSE535 Special Edirtion

UltimateEarsのTripleFi10


IE80が33,000円くらい。SE535SEが40,000円ちょっと。TripleFi10は20,000円弱。

色々な情報を見れば見るほど、どれを選んでいいかわからない。
結局、東京にいる元上司のオーディオオタク
Tさん(推定53歳)に相談することにした。
もうかれこれ2年くらい連絡を取っていない。でも年賀状のやりとりは続いている。
携帯に電話してみた。
「Tさんですか? お久しぶりです!」「おおおお、ディラちゃーーん!」
みたいなやりとり。なんだかんだで最近、個人の商売は景気がいいらしい。

「まだ最近もオーディオに金使ってるんですか?」と聞いたら、「もちろん!」とのこと(笑)。
そこから、最近はPCオーディオでシステムを作り直して、聴くのはハイレゾ音源。
聴くソフトは結局foober2000で、WASAPIで再生してるとかなんたらかんたらの話が延々と続く。
わからない人には、まったくわからないただの記号のようなカタカナが並ぶ。
(再生ソフト云々の話は、また次回以降に書きます)

結局、僕もほとんどよくわからないまま1時間以上「それがさ●●でさ-」「はいはい」
みたいなやとりが続いた。僕も今回のイヤホン選びで若干雑誌やネット情報を聞いてたから
多少はわかるが、これが事前情報がなければ、英語での会話以上に苦痛だっただろう。

「で、結局この3つのイヤホンのうちのどれかにしようと思うんですけど・・・」
10分に1回くらいこの質問を入れながらの1時間。もうメールで後から聞き直そうかと思ったとき、
「んー、IE80でいいんじゃない?」との言葉。「理由はなんですか?」と聞くと、
「ディラちゃんはロック聴くわけでしょ?低音ドスドス好きでしょ?圧は高い方がいいでしょ?」
「そうっすね、まあ、そんな感じですね」「うん、ならIE80で問題ないよ」
「わかりました。Tさんにすすめられたやつを買おうと思ってたので・・・これを買い・・」
ますを言うか言わないうちに「まー、できれば、IE800っていうのがいいんだよねー」
と、さらに上位機種をすすめてくる(笑)。これがオーディオオタクの怖いところ。
上には際限がないのだ。IE800はゼンハイザーが気合いを入れてつくった昨年12月発売の最新作。
価格は7万円以上する(笑)。これはないわーー(笑)。

そこからIE800のいいところを(あまりその差は話からはわからないのだが)、
10分以上聞かされた。まあ、もう僕の頭ではIE80に決めていたので、右から左なのだが。

「Tさん、IE80にします。」そういうと「うん、無難、無難ね。ディラちゃんには無難」
といわれたのだが、30000円以上のイヤホンで無難といわれても・・・金銭感覚についていけない(笑)。
そしたら、「あ、あとさあ、ヘッドホンアンプは何使ってる?」と聞かれ、
「え?。。。あ、あれ必要なんですか?」と僕。
ヘッドホンアンプとは、パソコンのアウトプット(USBも可)からそこを通して、
イヤホン(ヘッドホン)につなぐと、さらに音圧が強まり、
ダイナミックかつ繊細な再生が可能になるもの。その存在は、いろんな情報で知ってはいたのだが、
高いイヤホンを買えばそれをカバーできて、必要ないと思っていたのだ。

「ディラちゃんだめよ、ヘッドホンアンプ買わなくちゃーー。いいイヤホン買ったら、絶対必要!!!!!」
といわれ、「わかりました。。。買います。。で、おすすめは?」と聞くと、即答で
ソニーのPHA-1。これがいいよ。DAC内蔵だし。評判いいよ」とのこと。

SONY ポータブルヘッドホンアンプ PHA-1


「いくらですかね?」「んー、けっこう安いよ。。。40000円くらいじゃない?」
「えええええええええええ!さらに4万ですか?!」「うん、でも買った方がいいよーー」
ということで、「わかりました。。買います」となった(笑)。
そこからDACの説明が10分くらい続いて、電話終了。

そんなわけでゼンハイザーIE80とSONYのヘッドアンプPHA-1、合計7万円強
買ってしまいました。



届いたものをさっそく聴いてみると、いやー やっぱりいいですね。
ヘッドホンアンプを繋いだのと繋がないの、前のシュア215ltdとの聴き比べ。
いろいろしてみたけど、明らかにちがう。クリアで力強く、楽器の音の分解も鮮やか。
マイナス点といえば、リッピングした音源の悪いものがわかってしまうこと。
CDのリミックスの良さ悪さもわかるね。いままでMP3やAACでCDからリッピングしていたけど、
ぜんぶやり直したいくらい(笑)。そのくらい音源自体のいい悪いがわかる。

そんなわけで長々と、イヤホン購入記でした。

(こんど、そのうち、いい音で聴くための音楽再生ソフトうんぬんの話をしますね)


■スミスは、何度でも聴ける。そして想いに浸れる。

とかいうと、誰でも「ザ・スミス」の世界に浸れるか・・・と思いきや、
このバンドは、
はまれる人と、はまれない人の差がめちゃくちゃ激しい。

まあ、たいていのバンドは、そんな側面があるのだが、「ザ・スミス」の存在は際立つ。

スミスは、80年代の初頭にイギリス・マンチェスターで生まれた4人組(一時期5人)ギターバンド。
中心はボーカルのモリッシー、ギターのジョニー・マー。
ジョニー・マーの高度なカッティングと美メロリフ、それに気色悪いモリッシーのボーカル。
曲はすべて美しく、詞も繊細。厨二病を煩ったような恥ずかしくなるような青春の言葉たち。
そんな異形なバンド故に、はまる人はもうめちゃくちゃはまる。そうでない人は見向きもしない。
というバンドなのである。僕は、オアシスを聴いた後、英国インディーズ・オルタナ系をたどる中で、
このスミスを知り、見事にはまった。詞を何度も読んだ。

The Smiths



で、スミスに興味を持った人でCDを買いたい人、で、英語が苦手な人は、日本盤をおすすめします。
対訳を読んでください。永遠の厨2病のみなさんは、うじうじとハマれます(笑)。

オリジナルアルバムは4枚。「The Smiths」(84)、「Meat Is Murder」(85)、
「Queen Is Dead」(86)、「Strangeways Here We Come」(87)、
あとオリジナルに近い編集盤として「Hatful Of Hollow」(84)、
ライブの「Rank」で計6枚。あとはシングル集などが出ているのでこれも欲しいところ。

スミスは全部ジャケットがかっこいいですね。このポイントが高い。はまる人にとってはね(笑)。

たぶんアルバムで人気が高いのは「Queen Is Dead」なのかな。代表作ですね。
でも、僕はラストアルバムの「Strangeways Here We Come」が大好きです。




ジョニー・マーのギターの音色がすべて哀しく美しい。
と、解説にもならないような言葉しか浮かばないくらい、美しい曲にあふれたアルバムです。
あいかわらずモリッシーはキモいのですが(これは褒め言葉なんですよ(笑)。大好きです)、
ロックというのは楽器やパフォーマンス、強制的な愛のメッセージといった身体性だけでなく、
ナイーブでうじうじした部分、僕なんかはこれがものすごく強いのだけど、
そういったものに共感できる安心感(あー悩んでるの僕だけじゃないのね、みたいな)もある。
スミスはその気持ちを見事に表現してくれて、うれしい。

では、このアルバムから「Girlfriend in a Coma」を紹介。
2分くらいの短い曲ですが、とてもいい曲です。口ずさみたくなりますね。









一応、代表作も紹介しておきましょう。
イントロがめちゃくちゃきれいな「This Charming Man」と
やや激しめの「You've Got Everything Now」
ライブ映像です。






そして、さらにさらに!「ザ・スミス」が気になってしまったあなた!!(いない?笑)。
ずっとずっと「ザ・スミス」が好きなあなた!!  1本オススメの映画を紹介します。
2010年日本公開、一昨年DVDになってからも、うじうじしたスミス好き、
サブカル好きの人気を独り占めしている(?)「(500)日のサマー」という映画です。
スミス好きが縁で知り合った二人という直球ど真ん中のテーマの映画。
男はいつも夢を見て、女はいつも現実を見る.........
「もう、自分のことを歌ってくれてるようで。。。」とスミス礼賛のみなさん、
「もう、自分のことを映画にしてくれたようで。。。」という気分になれます(笑)。

とても面白くて切ない映画ですので、ぜひ、DVDで借りて観てくださいね。
もちろん僕は買って、3回観ました(笑)&(泣)。





で、僕のコミュニティはここ。細々と音楽放送をしています。
↓  ↓  ↓



コメント

(著者)
No.2 (2013/03/06 20:08)
まいちさんが、田中さん(本名)とダブりすぎてて怖いんです(笑)。
ただ、違うのは田中さん、CD300枚くらいしかなくて、しかも村治佳織とかが大好きなんです(笑)。
まいち
No.3 (2013/03/06 20:23)
オレは話が短いよw 多分、、その話なら最大10分。普通に3分で終わるなw
(著者)
No.5 (2013/03/06 21:09)
はい。まいちさんに相談するべきでしたww
実はその後も、リケーブルしろとか、triple-fiも買っとけとか、いろいろうるさいメールがくるんです(笑)。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事