Dropkick

ストーカーの狂気! WWE女子プロレスラー誘拐未遂事件

2020/09/18 20:52 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • WWE
  • ソーニャ・デビル
  • 事件
  • プロレス
  • マンディ・ローズ
  • サマースラム
  • アメリカ
  • ストーカー
  • instagram
  • フリーバーズ
41a95aca6dcb77cdbbb6f9a8e6160d70c2159b04
アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマはストーカーの狂気! WWE女子プロレスラー誘拐未遂事件です!


<1記事から買えるバックナンバー>







本来ならば、自身のキャリア最大のハイライトともいえる晴れ舞台になるはずだった。女性同士による敗者髪切りマッチという御膳立てもされ、デビュー時から苦楽を共にし続けてきた親友と、ここ数ヵ月の間、築き上げてきた抗争の決着戦が、WWE真夏の大決戦「サマースラム」で組まれていたのである。

しかし、その1週間前、彼女を襲った恐ろしい事件が、それらの計画を台なしにしてしまう。前代未聞の女子プロレスラー誘拐未遂事件。犯人は数ヵ月前からストーカー的粘着行為を繰り返し、誘拐の機会を狙っていた変質者だった。

それは8月16日、日曜日の深夜2時41分のことだった。アメリカ・フロリダ州ヒルボロ郡ルッツにある自宅の寝室で寝ていたWWEスマックダウン所属の女子レスラー、ソーニャ・デビルはけたたましい警報機の音で起こされた。床に就いて1時間半くらいだった。急いでホームセキュリティの画面を覗くと、リビングルームのドアが開いているようだった。警報機を止めたソーニャは、宿泊中の友人が眠る客間に足早に駆け込み「起きて!」と怒鳴った。

ソーニャの家に泊まっていた友人とは、スマックダウンにて抗争中のマンディ・ローズだった。1週間後にサマースラムで髪の毛を賭けて戦う相手である。

60aa5559bc398a32a5977dfee0767037a14afc7b


<狂気のストーカーの正体は?>


この続きと、石井館長、皇治、アポロ菅原、平本蓮、神龍誠…などの9月更新記事が550円(税込み)でまとめて読める「10万字・記事17本の詰め合わせセット」はコチラ

https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1950294

この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 1記事90円から購入できます!
 

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

akak
No.1 (2020/09/20 11:23)
日本でもジムで女子格闘家待ち伏せして追跡するような輩がいたりするから怖いですね。
かもす
No.2 (2020/09/20 17:53)
怖いです。日本でもおきかねないことなので、はやめに警察沙汰にしてつぶさないと。団体や所属ジムも気をつける必要がありますね。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

『Dropkick』チャンネル

『Dropkick』チャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細