Dr.Chanskyのブロマガ

大谷翔平選手 左膝手術

2019/12/30 08:10 投稿

  • タグ:
  • 大谷翔平
  • ロサンジェルスエンゼルス
  • MLS
  • 大リーグ
  • 野球
  • 膝手術
  • 二分膝蓋骨
皆さん、こんにちは。本日は、この秋に膝の手術を受けた、ロサンジェルスエンジェルスで活躍する大谷翔平選手が発症した膝の怪我について説明して行こうと思います。

まず、彼の膝の怪我の診断名ですが二分膝蓋骨(にぶんしつがいこつ:二つに分かれたお皿の骨)と呼ばれるもので、幼児期に結合するはずの膝のお皿が分離したままの状態である分離膝蓋骨を指します。分離膝蓋骨は膝のお皿が二つに分離したものもあればそれ以上に分離したものもあり、怪我によって起こると言うよりは、先天的に発症するコンディションです。 通常、分離膝蓋骨に伴う痛みや症状が起こることは稀で、人口の数%しか症状を発症しないと言われています。 いくら、膝に痛みがあると言っても真っ先に疑う怪我というよりは、レントゲンを撮った際に写っていたという感じです。つまり、いくらレントゲンで発見されたからと言って、症状がなければ、手術はもちろん、特に治療する必要はありません。MLBの記事によれば、本人自身も、分離膝蓋骨があったことは今年MRIを撮るまで知らなかったと話しています。


https://radiopaedia.org/articles/bipartite-patellaから参照

しかし、彼の場合、ここ数年膝の痛みを何回か発症しており、特に今年に入って痛みが強くなって来たことから、検査に至った様です。膝のお皿には、太ももの筋肉が付着しており、筋力発揮の際にレバーとして重要な役割を果たします。つまり、下半身に繰り返しストレスのかかるような、ジャンプやランニングで痛みが悪化するケースもありますし、ウエイトトレーニングの様な高重量の重りが、炎症を起こして痛みを悪化することもあります。しかし、彼の様な一流のアスリートで、将来を期待される様な選手でなければ、なかなか手術に至るということは少ない様に思います。

どのような手術を行うかは、分離した骨の大きさや場所によって異なって来ます。骨と骨を結合する様な手術を行うこともあれば、骨のピースが小さい場合には、取り除いてしまうこともあります。内視鏡手術で可能な場合もあれば、大きな切開を必要とする場合もあります。 もちろん、内視鏡手術はリスクや合併症の可能性は、切開が必要な場合に比べたら低いですし、回復期間も短いです。同様に、分離した骨を取り除いたほうが、ピースを結合する場合に比べたら断然回復が早いです。


https://www.orthobullets.com/pediatrics/4049/bipartite-patellaから参照

この様に、競技復帰までには、様々な要素を考慮する必要がありますが、球団側の発表によると、9月の手術時点で、彼の回復期間を遅くとも12月の半ばまでにはほぼ100%回復しているだろうと見ていた様です。もし、順調に回復していたら、今頃100%に近い状態で、トレーニングしていることと思います。春のキャンプに間に合うことを願っていますし、来年元気な姿でピッチに立ってくれることファンの皆さんは期待していることでしょう。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事