WoTリプレイ動画の補足説明ブログ

運だけで戦うWorld of Tanks part,90 Luchs と コメント返信

2018/03/31 17:20 投稿

  • タグ:
  • WoT
1.はじめに
 この記事は、私が投稿した動画「運だけで戦うWorld of Tanks part,90 Luchs と コメント返信」を文字で説明します。何を考えてプレイしたかを書いているのであって、攻略情報などは一切ありません。
 記事中の表記および投稿動画へのリンクは、以下の通りです。

   1) 時間表記・・・投稿動画の経過時間(シークバー下に表示される時間)です。
   2) 書き込み・・・黄色が味方、赤が相手にかかわるものです。



2.試合開始前
 マップは砂の川の通常戦でした。ティアは4と5の5/10マッチングでした(図1)。軽戦車ですので、偵察が一番の仕事になると考えました。

                  図1 マッチング

 攻めるルートとしては、北、中央くぼみ、南の3つがあると思います。重戦車はお互いにティア4しか居りませんでしたので、中央攻めはお互いにないかなと考えました。残るは北と南ですが、明確な判断材料がないので配置が南に近いってだけの理由で、南側(Kライン)で偵察することにしました。

                    図2 初動

 ルートとしては、図2黄色矢印の通り、斜めに走ってKラインへ行くことにしました。赤丸、特にAの位置を早期警戒できればいいな、と考えていました。

3.序盤(2分10秒くらいまで)
 想定通りに図2黄色矢印のルートでKラインへむかいました。途中、図2Aの位置に相手が居ないことが確認できました(この時点では、見えてなかっただけの可能性もありました)。そのまま進み、途中でK6くらいを走行中のWolverineを発見しました(50秒くらいのシーン)。こっちも見つかったと考えて、K3から偵察をすることにしました。
 その後、相手Luchsが突っ込んできていたため(1分くらいのシーン)、相手は北ルートで攻めてくるのかな、と思いました(図3)。

             図3 相手Luchsと相手侵攻ルートの予想

 それであれば、多少強引でもK5あたりから頭を出せば、南がスカスカなのか相手Luchsが突っ込みすぎなのかわかると考えました。それをするにも、Wolverineが10cm榴弾砲なのか76mm砲なのか確認しないと一撃撃破される可能性があります。確認した結果、10cm榴弾砲でしたので、どうしたもんかと思っていました。
 そう考えていたところで、味方ELCがWolverineに仕掛けました。なので、これに合わせて攻撃すればいいと考え、砂丘を登り始めました(図4、1分40秒くらいのシーン)。

               図4 Wolverineに仕掛けるELC

 結果として、私わ間に合わずELCは撃破されてしまいました。ただ、Wolverineの再装填前に10発打ち切れると考え、私も砂丘を登り切って攻撃しました。普段は5cm砲を使ってるんですが、こういうときに3cm機関砲だといいですね。装填の隙が大きいですが、高い攻撃力を発揮してくれます。
 ELCのおかげで南と中央に相手戦力が多いことがわかりました。まずはスポット消すためにいったん下がって、Kラインに来ていた4号H型を味方に排除してもらう、その後、前進してスポットを取ってくるという流れかな、と考えました。

               図5 スポットするための移動経路

4.中盤(4分あたりまで)
 Kラインの4号H型をスポットするためにK3から頭を出しました。その際、4号H型の砲塔がこっちを見てなかったため、私も攻撃しました。この際、当然私もスポットされたため、奥に構えていたスウェーデン駆逐戦車から狙撃されてしまいました。砲塔旋回装置が壊されてしまったため、修理キットを使うか迷いましたが、ここで使用しました。理由としては、これから走り偵察へ行こうとしているのに砲塔旋回が遅かったら自衛できないな、ということです。
Kラインの4号H型が排除された後は、図6の黄色ラインの稜線を使って偵察しようと考えました。ただ、図6の位置を私が走った際にHラインより奥にいる相手戦車をスポットできませんでした。

                図6 偵察に使う稜線

 もしかして、相手が動くか撃つかして隠ぺい率が下がらないと見つけられないのかなと思い、稜線から乗り出してウロウロすることにしました。撃ってみろと言わんばかりの行動ですので、そりゃドンドン弾が飛んできました。
 Kラインから相手が粗方排除されたところで、もう少し前に出ないといけなかったのですが、J7あたりにいる4号H型は10cm榴弾砲のようですし、残りHPも私の1弾倉では撃破しきれないので、どうするか迷ってしまいました。

5.終盤(試合終了まで)
 どうするか迷っているところで、4号H型のスポットが後退しているように見えました。後ろに下がりっぱなしというわけにもいかないので、まずは下がったか確認する、いないようであればK0を経由して、自走砲狩りと相手の裏取りを行う、と行動方針を決めました。
 結果、4号H型は発見できなかったため、下がったと判断しました。後は、K0から相手自走砲を撃破、H9へ移動してスウェーデン駆逐戦車を撃破。残った4号H型を味方が撃破して、勝利しました。

 以上です。冒頭30秒のネタ(今度は滑らないといいなぁ)とコメント返信については省略します。
 ご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事