WoTリプレイ動画の補足説明ブログ

運だけで戦うWorld of Tanks part,89 M24 Chaffee

2018/03/28 19:56 投稿

  • タグ:
  • WoT

1. はじめに
 この記事は、私が投稿した動画「運だけで戦うWorld of Tanks part,89 M24 Chaffee」に関する補足説明・・・の予定でした。が、せっかく本記事にアクセスしていただいたのに動画を見ていること前提に書くのも、ちょっと上から目線が過ぎるかな、と思い直しました。なので、プレイ中に考えたことを最初から最後まで説明します。
 記事中の表記および投稿動画へのリンクは、以下の通りです。

   1) 時間表記・・・投稿動画の経過時間(シークバー下に表示される時間)です。
   2) 書き込み・・・黄色が味方、赤が相手にかかわるものです。



 また、パート89からはバージョン1.0のリプレイを使用しています。古いバージョンのリプレイおよび動画はすでにHDDから削除しました。これ以降の投稿動画は、すべてバージョン1.0のリプレイ動画となります。

2. 試合開始前
 冒頭30秒までは、ウケ狙いのネタですので省きます。ちょっと滑ったかなぁとは思いますがw
 マップはカレリアの通常戦、マッチングはティア4-6の3/5/7マッチングでした(図1)。私はティア5のアメリカ軽戦車、M24 Chaffeeを使用しました。

                 図1 マッチング

 試合開始前に考えたことは、まずは丘を取る(図2の1)。その後、味方重戦車(図2の2)と相手重戦車(図2の3)が打ち合ってる間に、中央の安全を確保(図2の4)。その後は相手陣地付近から相手重戦車の裏どりをする、ということです。

                  図2 開始前の考え

 ただし、お互いに軽戦車と中戦車が主体のマッチングです。激戦区になるであろうマップ南東に戦力をさかず、マップ北西から一気に自陣側まで襲撃される可能性もありました。それに関しては、もう、しょうがない。北も南も両方同時に自分で対応することは不可能ですので、ミニマップをよく見ておこうと考えました。
 ミニマップをよく見ておこうっていうのは、毎度毎度試合開始前には考えるんですけど、途中で打ち合いに集中してしまうと、ミニマップの確認がおろそかになってしまうんですよね。。。

3. 前半(3分30秒くらいまで)
 前半は、丘を制圧したくらいまでを想定しています。初動は、ハイリスクハイリターンな中央から丘へ上がることにしました(図3)。

                図3 初動とその移動ルート

 このルートですが、ご存知の通り、G6で見つかって丘に上がるまでに撃破されるリスクが大変大きいです。だいたい図3の1や2の位置に相手の軽戦車がいますし、相手も中央から丘へ上がろうとした場合には鉢合わせしますし。ただ、成功した場合のリターンも大きいんですよね。なんせ、丘への最短ルートですし。リターンは動画の通り、丘を取りに来た相手に横やりをガンガン入れれます。
 移動中は、G6を通ったときに第六感が光ったら即座に戻ってスポットを消す、その後は中央でかくれんぼかな、とも考えていました。実際には相手の軽戦車も図3の2の位置に来てましたが、見つかりませんでした。AMX ELC bis相手に一方的にスポットできたみたいだったので、驚きました(図4、1分8秒くらい)。


                     図4 一方的にスポット

 次に、1分20秒くらいから3分30秒くらいの、G8に滑り込んでから丘を制圧するまでのシーンです。まず、バージョン9.18(でしたよね?たしか)の軽戦車性能変更後のChaffeeでは、ティア4軽戦車と1対1で打ち合っても負ける可能性があります。ですので、丘に登ってきたSkoda T24とVK30.01Dに横やりを入れることに集中しました(図5)。

               図5 丘とり合戦と北西部の戦況

 危なかったのは、1分50秒くらいにAMX 12tがリロードのために下がったシーンです。T-34-85も上に登ってきてくれてましたが、それを無視してSkoda T24とVK30.01Dが私をつぶしにきた場合です(T21は何故かこちらに攻撃する素振りを見せませんでした。履帯が切れてたんでしょうか?)。幸いこちらを撃破しに来なかったため、その後も横やりを入れ続けることができました。そして、そのまま丘を制圧できました。

 ちょっと時間が戻りますが、前半の北西部戦況についてです。実は、味方もたくさんいるし、問題ないだろうと丘に登って早々に思考の外へ追いやっていました。動画を作成中に見た感想としては、たぶん、M7とKe-Hoは北西から素早く攻めたかったんだと思います。ただ、今回は味方の防衛部隊もたくさんいましたし、相手はあまり北西部へ数をかけていなかったようでしたので、逆に味方に攻められてました。
 私たちが丘とりに夢中になっている間に、味方が北西を押してくれたのは、非常に助かりました。

4. 後半(相手車両殲滅まで)
 丘が取れた後は、中央湿地部分に見える相手が居ないか(たぶんいないだろうと思いながら)確認しました。相手が居ないようなら、E7まで進もうと思っていました(図6)。

               図6 相手陣地へ詰める際の動き

 安全が確認出来たらすぐにE7へ向かおうとは思っていましたが、T-80が打てましたので撃ちました。結果論ですが、その後M5A1がC5に入ってきて、M3 Leeもラストスポットから動いて居ませんでした。すぐにE7へ向かっていたら、裏どりできずに撃破されてた可能性がありました。このM5A1がC5に入った際も、第六感が点灯するまで気づいていませんでした。狙撃に集中しすぎて、ミニマップの確認を怠ったのは失敗でした。
 M5A1を撃破し、E7へ向かう途中でHetzerをスポットしました。たぶん発見されていませんし、M5A1に見つかった際のスポットはもう切れていたと思いますが(その前提でゆっくり音声を当ててます)、一応岩の裏に隠れました。仮にスポット継続状態で発見されていた場合でも、確実にスポットが切れる時間を岩陰で過ごしてから少し前の茂み向かいました(図7)。


                    図7 相手陣地付近の茂みへ

 動画を作りながら感じましたが、これは慎重というよりもビビりすぎですね。プレイ中は「まずは陣地付近をスポットしよう。そうすれば、味方が撃ってくれる。」と思ってました。
 結果は、動画の通りです。前の茂みが邪魔で見えませんでした。自走砲を発見できたのは、偶然の産物です。だたし、この状態(図8)ならHetzerを撃っても見つからないと思い、一撃入れました。

                 図8 茂みの有効活用

 Hetzer撃破後は、すぐに重戦車の裏を取らずに、Ke-Hoを確実に撃破してから生き残ってる味方全員で重戦車を囲む、というのも頭をよぎりました(図9)。ですがKV-2とT-34-85を撃破されたら、こちらが詰みます(T-34-85はHPも少なかった)。また、Ke-Hoもあそこまで味方に詰めよられてたら動きようもないだろうと考えました。
 なので、当初の予定通りに4号戦車、6号重戦車、試製オイ車を撃てる位置へ移動しました。

                  図9 撃破する順番

 後は、残った相手を殲滅して終了でした。ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事