doranのブロマガ

自称エロゲプレイヤーが今本気で考える幼馴染属性

2020/03/07 22:58 投稿

  • タグ:
  • 幼馴染
  • エロゲ
  • 幼馴染ざまぁ
最近なろう系に幼馴染ざまぁというものが流行っているので
幼馴染という属性についてまじめに考えようって話です
(酔っ払いが書いてます)
※投稿主の趣味、好みが全力です ご注意ください

では幼馴染とは何だろうか?

幼いころに親しくしていたこと。また、その相手。
※ピクシブ百科事典より
https://dic.pixiv.net/a/%E5%B9%BC%E9%A6%B4%E6%9F%93


ふむ、とても短くわかりやすい説明ですね。
なぜこの属性が我々オタクをくすぐるのか?
古来よりこの属性を持つヒロインは古今東西存在する、右を見ても左を見ても
幼馴染というヒロインはいたはずだ。
え?リアル?リアルに幼馴染いるとか何?マウント?つらい助けて

1.幼馴染という属性

幼馴染がなぜこれだけ王道の道をたどってきたか
それは何よりも 主人公と歩んできた時間 これに尽きるだろう
恋愛は恋愛は、付き合った時間じゃない。どれだけ好きになれたか・愛せたか。だ!
と人は言うが、ここにたどり着く時点で時間がある程度のファクターを占めるといっても差し支えないだろう。
なればこそ、幼少期よりつないできた時間は1つの強みになる。
だからこそ幼馴染というのは物語の初めから1歩以上のリードを得ているのだ。

2.幼馴染の種類

一言に幼馴染といっても王道故に多くのパターンを持っている。
今回は特に多いパターンを紹介する

2.1 いつでも一緒
これはとても分かりやすい それにプレイヤー側にもその時点で
あ、この幼馴染の話は見たことあるぞ
となるはずだ
これは思春期特有のハードルを越え、ストーリー開始でも付き合いがあり
好感度が高いパターン
有名なキャラで言えば
月は東に日は西に の藤枝保奈美が分かりやすいたとえだろう


(ちなみにこれはしろほなみん)

家が隣同士、朝おこしに来てくれる、家事上手
まさにオタクが求めている幼馴染といっても過言ではない
このパターンは幼少期から今に至るまでほぼ好感度MAX 何か間違えがないかぎり
離れていくことはないだろうとお互い思うレベル
え?ほなみんが古い?は?……
まぁ最近の作品で言えば

LOVESICK PUPPIESの保科 有希でどうだ!?




2.2 今は疎遠
次のパターンは幼年期は仲が良かったが思春期などの理由で疎遠になってしまった
などの話だ。
これはリアルでもよくある話だろう…
このパターンはストーリー序盤ではあまり話さない、苗字で呼び合うなど
わかりやすくあまり現状付き合いがない、好感度が現状高くないとうかがうことができる
だが、一皮むけば好感度は高く、実は…ってことは少なくない
その為、個別ルートに入った後のデレ具合は半端でないことが多い

例えば WLO世界恋愛機構の久坂愛奈



彼女の場合は主人公のせいというのもあるのだがいったん疎遠になっている点では間違いはない。もちろんストーリー序盤では一緒に登校・下の名前で呼び合うなどの2.1のパターンはない、後半の個別ルートに入れば今までの鬱憤を晴らすようにデレデレである。

2.3 離別があった

主人公もしくはヒロインの理由ある離別
引っ越しでも、とある事情で常に一緒にいられなくなった場合
主人公でもヒロインでも合わなかった時間が長く、2.1のパターンにない今までの分を埋めようとするシナリオにあることが多い。
この場合はヒロイン側が開いてしまった時間を埋めようとしてくることが多い。

例えば Wind -a breath of heart-の鳴風みなも


(わたし、まこちゃんにとってry 長すぎるので割愛)

このパターンで多いのは別ヒロインとの差別化ができず、1ヒロインとしてしか見れない場合があるので幼馴染という強いリードを扱いきれない場合が多い。ここはシナリオライターの力が試されれるだろう。

3.幼馴染と+α

幼馴染というステータスは強すぎる王道故にその属性自体が1つのキャラクターである
その為、その+αが今時代では重要視されれる。

幼馴染だから家事がうまい
幼馴染だから対等でいられる
幼馴染だから好感度が高い

もうそれだけでは別ヒロインには勝てないのである
一昔前から幼馴染は負けヒロイン 
という烙印が押されているのはここまで読んでくれだ同士ならば周知の事実であると思う。
1.で説明したように長い付き合いだからこそ弱点になる部分もある
2.1だろうがこれは幼馴染であるが故の弱点だ。長い付き合いだからこその慢心、余裕…
それが別ヒロインからの死角になりうる。
だからこそ別ヒロインとの差別化を図るために+αが重要視される時代

幼馴染なのに家事が下手
幼馴染なのにツンツン(内心はデレデレ)
幼馴染なのに勝気

などのストーリー序盤でのイメージの転換がある。
もちろんこれは幼馴染が勝つための布石としていることが多い。
何故なら別ヒロインに負けてほしくないから、幼馴染はやっぱり主人公が好きなんだ
ってことを見せたいからである。

4.ならば幼馴染ざまぁとは一体何なんだ!??
これは3で説明した、慢心、余裕に属性が暴力、圧力が重なってしまったことによること
であると考えられる。
素直になれない、ほんとのことをいうのは恥ずかしい
という点にあるだろう。
大体この作品にある根底は 

幼馴染ヒロインは美少女でスクールカーストのトップ
主人公は根暗でスクールカーストの底辺


というのが前提にあることが多い。
俗に言う自分とは格の違う存在であるということが必要である。
だからこそ上で発言した 素直になれない、本当のことが言えないという
ジレンマにヒロインは苛まれることになる
そこからの主人公からの今までの暴力、圧力への非難を浴び、別ヒロインへ靡くという
悪循環に陥ることで幼馴染ヒロインへ ざまぁ!! となるのである

5.結論
以上のことから幼馴染という属性は諸刃の剣
作者である神様のさじ加減でなんとでもなるヒロインであることがわかる。

幼馴染とはツンデレという言葉が一世を風靡する前からある大きく強い属性である。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事