ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

ドピュッセルによるクッキー☆レポート

~ク☆BB劇場~紅白ネタ合戦 概要

2019/02/08 10:31 投稿

  • タグ:
  • 例のアレ
  • クッキー☆
はじめに、この企画を発案したきっかけは大きく2つの趣旨があります。
それは「実験」と「調査」です。
ここでは上記に示した趣旨をもとに今回の企画内容を書いていきます。


~ク☆BB劇場~紅白ネタ合戦
ルール

・元祖クッキー☆組(以下紅組と呼称)と新クッキー☆(以下白組と呼称)の二組に分かれBB劇場を披露しあう。


紅組

  1. 魔理沙とアリスのクッキーKiss(クッキー☆)
  2. クリスマス企画!(クッキー☆☆一期)
  3. 東方お正月!(クッキー☆☆二期)
  4. クリスマス企画!2013(クッキー☆☆三期)
上記4つのクッキー☆を紅組とする。


白組
紅組以外のすべてのク☆を白組とする。

補足:ほんへに登場しないキャラや関係者は由縁のある組に使用可。
例:ASTK、HZN、ALISONは紅組
ATUD、ヨツンヴァインは白組


・動画はすべてBB劇場であり、物語のあるものとする。
 BB素材配布形式の動画であれば必ず使用例も含む。MMDや実写を用いた演出も可。

・物語のジャンルは問わない。しかし、過激な演出カットがある場合は運営で修正する。

・違う組のキャラクターは使用不可。ただし同一声優で両組ともに出演しているキャラは、その作品に登場したアバターを使用する。音声素材は混合して使用してもよい。

・野獣先輩の使用禁止。

・各組のトータル再生時間は最大10分。両組合わせて最大約20分。
 制作者一人当たりの持ち時間は組員の割合によって算出する。

例:10分÷組員数=一人の持ち時間 (持ち時間以内であれば何分何秒でも可)

・制作期間は2/10~3/10 23:59まで

以上



ここからはなぜこのルールを作ったのかについて記述します。

Q1.なぜ紅組(元祖)と白組(新)で分けたのか?
A. 様々なファンの人たちに見てもらうためです。

 巷では新しいク☆声優や素材が増え続けている一方、ク☆の動画の伸び具合は年々減少し続けています。原因は色々ありますがその中でも今回着目したのは「昔のク☆好きの方が新しいク☆キャラに対してあまり関心がない」という点、そして「材料屋ブーム以降に入ってきた新規ク☆ファンが昔のキャラをあまり知らない」という点です。
 今回の企画は上記ふたつの問題を少しでも解消するためのきっかけづくりとして発案しました。まだ試行錯誤の段階なので確実に解消できるという案ではありませんが、この企画を「実験」として開催してみようと思い立ち、今に至ります。
また、人気のある組を「調査」するためでもあります。

Q2.なぜBB劇場のみなのか?
A. ク☆動画の中でもBB劇場が特に少なくなったと感じたからです。

 BB素材や静画素材、そして新たなク☆声優といった供給は増え続ける一方、それを活かすための需要であるBB劇場の比率が少ないと感じ、今回はBB劇場のみに絞りました。あと個人的にBB劇場が好きだからです。

Q3.なぜ野獣先輩が使用不可なのか?
A.野獣先輩は禁止カードのような存在だからです。

 野獣先輩は出すだけで面白いです。それゆえにオチも収束しやすく、結局野獣先輩が面白いだけというケースを防ぐためです。

Q4.なぜ動画提出締め切りが3/10(日)なのか?
A. 3/14のホワイトデーに向けて投稿するためです。

 3/10は日曜日なので作業的な時間も考慮してます。

Q5.もし持ち時間が3分以上になったら持ち時間全部作らなきゃいけないのか?
A.3分以内でも大丈夫です。

 あくまで合計時間の最大が約10分というのを目安にしてるので仮に一人の持ち時間が3分以上になってもその時間以内であれば問題ありません。しかし10秒以内であったり極端に短い動画も困りますので、一人の投稿者による短編集のような動画スタイルなら大丈夫です。



募集について

2月8日現在、まだ枠は空いております。先に応募された方を優先しますので機会が合う方は早めにご応募ください。
ビギナーの方は大歓迎ですが、編集を一から覚えないといけない方はできるだけご自身のスケジュールと相談し、時間に余裕があればご応募ください。私でよければアドバイスいたします。
この企画をきっかけにより多くの投稿者が生まれることを切に願っております。















  • 一覧へ

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事