どにどに

超会議2に行ったお話

2013/05/11 18:00 投稿

  • タグ:
  • 超会議
  • ニコニコ超会議
こんばんは。donifanです。

先週超会議2に行って来ました。
この記事一度書ききったんですが、誤ってページを閉じてしまい消してしまったので、
放置してたんですが、一応書きなおしておきます。


超会議は前回も参加しましたが、2回目ということで、結構こなれてきた感じがありました。
前回は雑然といろんなブース・イベントが点在してる感じで、それはそれで結構良かったんですが、今回は配置もイベントもわかりやすく全体像が見えたかなという感じでした。

とまぁ、感想は置いといて、超会議2に行って思うところがあったので、
それについて書いていこうと思います。


今回の超会議2では、入場に関して特殊な仕組みがありました。
早めにチケットを買った人向けに、優先的に入場することができる、
優先入場券というものがありました。

発売時期は半年ほど前の10月くらいから発売していたかと思いますが、
価格は一般と同額で、早めに買ったかどうか、という違いだけでした。

僕は優先入場券発売開始すぐに2日間分を購入しておいたので、
当日は結構遅めに会場入りしました。
というか、幕張メッセが遠かったので遅くなってしまったという感じでした。

10時開場なので、9時半くらいに付けば、10時15分くらいまでには入れるかな程度に考えていたのですが、車で行ったために渋滞にはまってしまい、初日は10時10分くらい、2日目は10時ジャストに会場につきました。

会場では入場待機のために大量の人が列形成をしていましたが、
優先入場者はすでに入場完了済みのようで、自分も幕張メッセに到着してから会場内に入るまで、一歩も待たずにそのまま入場することができました。

優先入場券の威力に驚きましたが、同時に、
長時間入場待機が必要な一般入場者への申し訳なさも味わいました。

2日目は、一般入場券を持った友人と一緒に行き、友人は1人で待機列に並んだのですが、1時間以上列に並んだようです。


さて、ここで問題なのが、僕と友人とでは、チケットを早く買ったか買わなかったか、
というだけの違いしか無いということです。

チケットの価格が大きく違うとか、プレミアムか一般か、
みたいな違いがあるんだったら納得できると思うんですが、
そうじゃないのだったら、さすがに同じ金額のチケットで参加してくれてる参加者に、
この仕打ちはあまりにも酷だなと感じました。


超会議は有料チケットを購入するイベントなので、
作るのは皆だ、といっても、結局はみんなお客さんなのだと思います。

それなのに、楽しみにしてきたイベントで、
嫌な思いをさせる仕組みはどうかと思いました。

と、自分は優先入場しといていうのもおかしな話ですが、
優先入場側としても心苦しく思い、モヤモヤとしたので、一応書いとこうと思った次第です。


とまぁ、不満のようなことを書きましたが、
この優先入場という仕組みは、うまいこと使えば入場をスムーズに済ませられるし、
徹夜などの迷惑行為防止にも役立てられると思うので、
どのように運営するかと、議論すべき内容だとも思います。

例えばチケット価格を一般より高くするとか。

正直自分としては、幕張メッセは距離も遠く行くのに苦労することも考えると、
チケット価格が2倍だとしても、優先入場券を使いたいなと思いました。
それだけ楽だし、その分の価値はあったと思います。

まあ超会議の内容次第ではあるのですが。

今回、早くからチケットを買ったというのは、
運営としては収入面で多少はいいのかもしれませんが、
そう一般入場者より待遇を良くするほどのことではないし、
運営の宣伝不足で知らなかった参加者もいたとしたら、
それは運営側の問題じゃないかなとも思います。

が、チケット価格や一般とプレミアムで入場時間を変える、というのであれば、
優先入場者も一般入場者も納得できると思います。


こんな仕組み、コミケに転用はまず無理だと思いますが、
他のイベントでも入場で工夫すれば使い道あるのでは、と感じる出来事でした。



とまぁ、超会議の話というか、
イベントの入場に関するお話みたいになってしまいました。

コミケの講座動画とか作ってて、
入場待機とかサークル列並んだりとか、
並ぶの好きなのかなーとか、得意なのかなと思われてる方もいるかもしれませんが、
僕は列に並ぶのがかなり嫌いです。

コミケでも、いかにして列に並ばず楽に回れるかを研究していて、
それを動画にした感じなので、
どっちかというとコミケに不向きかもしれませんね。
企業列は絶対並びたくないし。

最近のコミケでは入場時間が早まってきてて、10時45分くらいに会場付けば、
並ばずに入場できるので、だいたいこの時間が多くなって来ました。
まあ、回るところがこなれてきて列が空いてる時間帯を調整できるようになったからというのもありますが。


話を戻して超会議なんかでは、朝のうちはそんな観たいイベントが無いなんてこともあるので、午後からゆっくりでも全然いいかもしれないですね。
自分も超鉄道エリアの解体買い付けショーの参加券を入手してからは、結構暇してました。
ただ、午前中は人が少なく、並ばずにいろんなブースでちょろっと遊ぶことができたけど、
午後はどこも人の山で並びたくなくなるってのはありましたが。

まあ何にしても、とても楽しいイベントでした。
去年会えなかった兄貴にもしっかり会えて、ハイタッチを決めれたのが一番の収穫でした。
兄貴の写真って勝手にあげていいのかわからんですね。
確かニコニコモンズの名誉コモンだったけど。


そんな感じの超会議2でした。
おしまい。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事