スラリン のコメント

スラリン
No.60 (2013/11/02 14:27)
ブログ、ブロマガは個人の意見の主張の場なので>>53の主張している内容とは全くの無関係だな。
俺たちはその記事主が抱いた感想や意見に反応してコメントを書くか、持論又は自論をコメントに記す程度だろう。
態々、非難をする態度で結局自己の意見を語らず終わるのはいかがなものか?
私自身は山本太郎が出馬していたと選挙ポスター見た時は、正直驚愕したよ。
初期の着眼点は自身の意志で出馬したのか?
又後援者などは何者か?この2点。
公安がマークしているような、又は日本でも海外でも言うテロリストと認定されるかなーり有名な団体の人間と良く接している点などで危惧していた。
そういった方と思い切りツーショット写真を撮っていたり交友関係として自身で公開していた物が出回っている…キーワードは中核派。中核派といえば過激派と知られる、私の年では余り実感は無いが親の世代なら間違いなく知っている話だ。
本当に、ほとぼりが冷めたというかまだそれらが活発に動いている事、その一角に山本太郎という道化に接触している…それだけならと思っていたがそそのかしたとするなら彼らでしょうね。ここがチャンスだ…と。
所謂、これが山本太郎でなく天皇陛下に仇なす者であれば「殺害」出来たという意志表示にも捉えかねない点に、オブラートで包んだ情報を俺らは今知らされているに過ぎない。
テロの代行…またはデモンストレーションとしては非常に危険な物だ。山本太郎が刃物を所持していたならSPの配置が正直あれでは心許無い…あれでは守る前に大変な事態になっていただろう。
どう考えても平和ボケした人間の中で妙な発言を繰り返す山本太郎が、この計画を自身で立てて実行出来たとは到底思えない。結局、議員になってからもその不逞の連中との付き合いは続いていたのだろう。
まさか、そういう行動に出るとは彼をマークしていた人間すら考えも付かなかったのかも知れない。──この油断ですよね。常に私たちは油断している…その時には事が終わっている可能性が非常に高く今回が一番危険だったんじゃないかな。
山本太郎は道化で居るべきだった…と、思っている。
情熱は確かに感じるけれど反原発の意見を上げている人の横で、別の反原発の意見を声高に主張していて他の反原発の人間に煙たがられていたり、尖閣諸島を韓国にくれてやれという発言もテレビでしているぐらいだ。
以前のニコ生で司会と一対一の論戦みたいな物に山本太郎が出演していた時も司会、視聴者からめちゃくちゃ無勉強を指摘されていましたし、事実とは異なる想像での暴論を感情のままに発露する姿が今でも思い出せるぐらいだ。

とはいえ、私は選挙法違反の方で捕まると思っていたのだがな…何か不思議な力でも働いていたのか?とさえ思う。
とある葉書を配る行為、活動時間を守らぬ行為…もう幾つ彼が犯したか分からないぐらいのタブーを踏んでいる。
地方などの市長選とかでも不正が見つかるってレベルじゃないからね。凄いのは隠蔽せずに自らでその現場を大公開していてそれを自身が問題だと把握出来ていない事だろうね。出来てないから隠蔽とかも考えつかんのだろう…。
自身を悪である事を自覚しない悪ほど凶悪なものは存在しない。
ジョジョで言えばプッチ神父のような奴といえば分かり易いな…プッチ神父ほど見識は広くなかったけど。
地方の市長選立候補だとか今後もこいつはやらかし続けるぞ…この不正をやったら出来なくなって欲しいけど多分、今の日本だと出来ちゃうんだろうな。そして当選しないだろう…たかを括っていたら当選するぞ。
ちなみに彼が立候補した「杉並区」には俺は詳しくはないが、どうにも新大久保だとかああいった場所との共通項があるようだと言ったら殆ど都民には答えにしかなってないかもな。
更に「杉並区」を調べると面白い事が色々出てくるネットに転がってる情報だけでも中々に面白い。基本アナログの情報やら噂を重視するが見えない物も見えてきそうだ。笑
山本太郎を今回けしかけた人達ってのは相当に焦りを感じているのだろう…それは安倍政権になのか某国の国内情勢が原因なのか、オリンピック招致が決定してしまった事にも起因しているのかもな。
どこの市民か分からない「市民団体」であったり色々とね。じゃあのwww氏ぐらいの人なら「市民団体」の正体もわかっていそうだが俺程度じゃあそれらは調べられんな…内部の奴からのタレコミ待ち状態ってとこでしょ。
山本太郎を隠れ蓑に利用している人物像はもっと深く広く探り出していかないとだなぁ…。

まさか、山本太郎自身がテロリストの片棒を担ぐなんて思いも知らなかっただろう。
感情でしか物事を語れない某国もありますが、そんな某国の恥部リスペクトしなくていいものなのにね。笑
もっと確定的な噂や情報はガンガン流して欲しいし人の目に触れるようになるといいなぁ。ネットでもアナログでもね。

このコメントは以下の記事についています