DJパターサンの『だっておいしかったから…』

M3で起きた奇蹟。

2013/05/02 03:58 投稿

  • タグ:
  • M3
  • テクノ
  • Vocaloid
  • 同人音楽
チキンラーメンチップスという謎のお菓子がおいしかったんですけど。

ニコニコ超会議の超ボーマス終わって、翌日は別件の作業をしていたら寝落ち。…していたら
モーニングコールが!荷物は事前に用意済みだったのでシャワって着替えてTRCへ。BGMは
もらったばかりの「THROBBING TECHNO DIVA」。モノレールの車窓からの景色と
テクノはよく合うのです。

流通センター駅前にてスタッフの七希さん、夏貴くん、瀬田さんと合流、いざ会場へ!
今回は壁配置。お隣は…?なんと!俺が大好きなDTM漫画「できるかなってDTM」
「練馬DTM研究所」ではないですか!これは高まる!と思っていたら反対の隣の「Asriel」
さんにスタッフの夏貴くんが高まっていたwファンらしい。今回はお隣さんに恵まれたな!
Asrielさんにポスタースタンドを貸したりしつつ設営。超ボーマスでは2つ並べて置けた
ポスターも今回は幅的に無理、ということで「ICON」ポスターは正面に、後ろに大きく
M字開脚ミクさんという配置に。椅子に座るとちょうど頭の位置で股間が隠れるというw

今回は4人体制で瀬田さんがほぼずっと付いてくれることになってたので積極的に挨拶廻り
に行ってみた。「ICON」と「どあっぷ」ステッカーを持ってアチラコチラへ!今回は流石に
超ボーマスの直後とあってかボーカロイド系サークルは少なめでした。なので主にクラブ
ミュージック方面へ。「WORDS&SONG」のリミックスをしてくれたゆうはーどこあくん
のとことか、「MEANING OF NONSENCE」のラップボイスのネタ元のEnjo-Gさん、
個人的に大ファンのクセモノレコーズMassive New Krew、999Recordingsなどなど。

余裕が出てきたので企業ブースも行ってみる。ベスタクスのブースではJunkMAさんが
アニソン・ボカロRemixのDJやってたので軽く撃ってみたり。
クリプトンのブースにはDJ TOBYさんがいた!あー、この人のDJ聴くの何年ぶりだろう…
ゆらゆらと踊る。90年代ころはアッパーなジャーマントランスとかだった彼のプレイも
今はテックハウス方面へ、狂ったように無茶苦茶に踊ってた俺も今ではゆるゆると体を
揺らすのみ。時は流れ、人は変わる。

SUKIMONOスペースに戻って休憩していたら「ICON」のジャケットイラストを描いてくれた
awpさんが遊びに来てくれたのでせっかくだから彼女の描いたイラストのポスターと一緒に
記念撮影。即ツイートしたらなんかその後ろのポスターに反応してRTがしばし。

少し落ち着いてきたので座って休んでたらTOBYさんが歩いてくるのが見えたので呼び止めて
CDを渡しまくる。特にKITさんのCDはおすすめしておいた。我々はTOBYさんが紹介して
くれたテクノやトランスを聴いて音楽をやってきたんだから。KITさんのCDにはその頃の
キラキラした感じがいっぱい詰まってるから。そんなことをしてたらTOBYさんが「あのさ、
それ(ポスター)撮っていい?」と聞いてきたので快諾して撮ってもらうことに。
「ドイツの友達に見せるから」と言っていた!マジか!一緒にいた人はちょっとえっちな
ポスターに「いいのー?これで?」などと聞いていたがTOBYさんは「こういうのがいいん
だよ。日本にはこういう文化があるっていうのを教えたいから」と言いながら何枚かの
写真を撮っていった。「テクノ外交官」と呼ばれたTOBYさんが今またドイツへボカロ文化
を伝えようとしてるんだが、一抹の不安はあるwww なにしろこういう絵ですからwww


しかし、90年代テクノから影響を受けた二人のアルバムが出たこのタイミングでTOBYさんが
偶然M3のお手伝い(本人はバイトって言ってた)に来ててCDを渡すことができるなんて、
なんか奇蹟起きてるよな、とか思ったものです。あなたのDJで踊ってた僕らは、ようやく
あなたに作品を渡せるまで成長しましたよ。そう伝えたい。

そんなうれしいことがあったから、うっかり売上の殆どを打ち上げの飲み代で使ってしまい
ましたとさ。おしまい。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事