はいねこ。のブロマガ

【Minecraft】Froge+OptiFine導入時に注意すること

2013/05/03 11:59 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • Minecraft
  • マインクラフト
  • MinecraftForge
  • Forge
  • OptiFine
おはこんばんにちわ。
基本ニコ生を見る時は、ROMか挨拶だけをしてROMをするはいねこ。です。

今回はForgeとOptiFineを導入する時に注意することを書きました。
なぜ、こんなことを書くかというと・・・
とある生放送でいきなり生主へ「forgeとoptifineを入れたのに真っ黒になるーーー!」とか
何か場違いな感じのコメントをして放送の邪魔しそうになっていたので
これはあかんと思い自分なりに注意している点を書きました。

チェックポイント
  1. Forge、OptiFineが対応しているMinecraftのバージョンの確認をしているか
  2. Frogeを先に導入しているか
  3. Frogeを導入前にMETA-INFOをフォルダを削除しているか
  4. OptiFineが対応しているForgeのバージョンはあっているか
  5. Forgeだけを導入し先にMinecraftの動作確認をしているか
上記のチェックポイント1,2,3,5に関しては基本誰でもしていると思いますので
今回の説明はチェックポイント4を対象に説明していきます。

まずはじめに間違ってはいけないことは
OptiFineはForgeでも動作できるように随時対応していますが
バニラの状態からOptiFineが導入できることが確認してからForgeの対応も行っているため
MinecraftやOptiFineがバージョンアップを行ったからと言って直ぐに
Forge上でも動作するわけでもありません。

※ OptiFineのUltraの導入を元に注意点を記載していきます。
Standardでもほぼ変わりはありません。

それでは、チェックポイント4について
forumのOptiFineのトピックでForgeのどのバージョンに対応しているのか確認しましょう
まずは最新版のOptiFineを確認します。

赤色で囲った部分にForgeに対応したForgeのビルド番号が記載されているはずですが、
今回は1.5.2にアップデートしたばっかりの為にまだ対応していないようです。
※ Minecraftのバージョンは無視していきます。
その為、既に1.5.2にアップデートしてしまった方はまだ導入できません。

もし最新版がforgeに対応していないようでしたら、
青で囲った部分のOlder versions Spolier: show の show ボタンを押し古いバージョンを確認します。




そうすると、以前のバージョンが出てきます。
その中からForgeに対応してるバージョンを探します。
上からざっと見たところ D1, C4, B2 が対応してるようです。
※今回は D1 を対象に進めます。
D1が対応しているForgeのビルド番号は #673 ですね。
これを覚えておき、D1をダウンロードしましょう。




次にForgeをダウンロード行いたいと思います。
Forgeのサイトから最新版をダウンロードするのではなく、
OptiFineをダウンロードした際に覚えたビルド番号のForgeをダウンロードします。

Forgeのサイトの初めの方に赤いラインを付けたところに、
青い四角File Serverと書いたリンクがあるのでそこを開きます。




過去の一覧があるページが開きそこに
Forgeのビルド番号Minecraftのバージョンが記載れています。




今回は Minecraft 1.5.1でForgeは#673なので赤のラインのところになります。
見分け方は、青四角の部分に記載されている番号と、
灰色四角のところのMinecraftのバージョンです。
後は、緑四角で囲った universal か右隣の * からダウンロードしてください。




後はいつも通り Forgeから導入し Optifineを導入すればいけると思います。

それでは、良いマインクラフトライフを!

コメント

兎佐実
No.1 (2015/02/08 13:35)
optiの対応バージョンが分からず困っていたのですが、とても参考になりました
ありがとうございます><
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事