diamor28がブロマガを書いてみた

浜松まで鉄道旅行しました

2020/08/16 20:00 投稿

  • タグ:
  • 日記
  • 旅行
  • 鉄道

みなさん、こんばんは。diamor28です。

8月9日に、
青春18きっぷを使っての鉄道旅行をしました。

今回の目的は、もちろん
「鉄道路線の乗りつぶし」です。

具体的には、以下の路線となります。

1.天竜浜名湖鉄道線(全線)
2.遠州鉄道線(全線)
3.豊橋鉄道渥美線(全線)
4.豊橋鉄道東田本線(全線)


まあ、静岡県西部と愛知県東部の
私鉄や第三セクター路線ですね。

もちろん、それらの路線は、
青春18きっぷで乗る事が出来ません。

そのため、必要なきっぷを
現地で購入していく事にしました。

一部はICカードを使いましたが。


まずは、天竜浜名湖鉄道線(天浜線)を
乗りつぶすため、
JR東海の新所原駅を目指しました。

その途中、
米原駅で駅弁を買う予定でしたが、
駅弁屋がまだ営業していませんでした。

まだ朝の8時でしたからね。

そのため、次の乗換駅である、
豊橋駅で買う事にしました。

ただ、既にお腹が減っていたため、
米原駅の売店で、
おにぎり1個を買いました。

撮影し忘れていましたが…。


新所原駅に着きました。



ここから、天浜線の列車に乗りました。



乗った列車は標準塗装でしたが、
すれ違う列車の中には、
ラッピング車両がありました。

その1つが、VOCALOIDの音街ウナです。

その車両を撮影したかったのですが、
ダイヤの都合上、撮影出来ませんでした。

まあ、乗客が意外と結構いた、
というのもありましたが。


時間を少し巻き戻して、
天浜線列車の車内では、
豊橋駅の駅弁を食べました。



どうやら、その駅弁の名前は、
「新秘境駅弁当」だそうです。

画像の通り、幕の内弁当でした。


途中、西鹿島駅で下車しました。

これは、遠州鉄道線の乗りつぶしを
するためです。

というわけで、遠州鉄道線に
乗り換えました。




あっという間に新浜松駅に着き、
ペットボトルのお茶(500ml)を
補充する事にしました。

※以下、「ペットボトルのお茶(500ml)」を
 「お茶」と表記します。

これは、既にお茶を
4本も消費したからです。

持参した本数が4本なのですけどね。

そこで、駅周辺を散策したところ、
ドラッグストアを発見しました。

そのドラッグストアでは、
お茶3本を252円(税込)で購入しました。

その後、夕食用の駅弁を購入しました。

そして、天浜線の東側の終着駅である、
掛川駅を目指しました。


掛川駅に着き、天浜線に乗り換えました。





こちらも、標準塗装の車両でした。

そして、今度こそ、
天浜線を走破しました。

同時に、お腹が再び鳴りました。

どうやら、駅弁だけでは
足りなかったようです。


新所原駅に戻り、5分の乗り換えで、
JR東海の普通電車に乗りました。

これは、次の乗りつぶしに移るためです。

天浜線と遠州鉄道線だけでは
物足りないですからね。


豊橋駅に着き、
今度は豊橋鉄道の鉄道路線の
乗りつぶしを始めました。

まずは、渥美線です。



東急の電車みたいですね。

ちなみに、豊橋鉄道はICカードが使えますが、
自動改札機がありませんでした。

まあ、今回はICOCAを使ったので、
問題ありませんでしたが。

行程の都合上、
フリーきっぷを買うより
安くついたからです。


渥美線の終着駅、三河田原駅に着きました。



ここの待合室で、
おにぎり2個を食べました。



実は、豊橋での乗り換えの合間に、
おにぎりなどを買っていました。

空腹には耐えられませんでした…。

行程表によると、夕食まで、
あと2時間半もあったからです。

急いで食べた後、
乗った電車に乗って戻りました。


新豊橋駅(豊橋駅)に戻ってきました。

渥美線の次は、市内線(東田本線)です。

というわけで、
路面電車に乗り換えました。



とりあえず、
終着駅まで向かいました。

終着駅の運動公園前電停に着くと、
すっかり夜になっていました。



どうやら、飲食店ぐらいしか無いようです。

ここから、もう1つの終着駅まで、
歩いて向かいました。

2つの終着駅が近く、
市内線の乗継割引が無いからです。

更に、両地点間の接続も
考慮されていませんでした。

まあ、近すぎるので、納得は出来ますね。


赤岩口駅電停に着きました。



ここが、もう1つの終着駅です。

というわけで、市内線に再び乗りました。


駅前電停(豊橋駅)に戻ってきました。

これにて、今回の鉄道旅行の目的は
全て達成しました。

あとは、鈍行に乗って帰るだけです。

というわけで、
豊橋20時34分発の新快速に乗りました。

この電車が、大阪から先に向かう電車への
最終接続列車です。



車内では、ようやく夕食を取りました。

浜松駅の駅弁「浜の釜めし」です。



第1候補の駅弁ではありませんでしたが、
意外と美味しく食べられました。

お米が味付けご飯であるだけでなく、
数切れだけですが、
うなぎも入っていました。

これで1000円を切っていたので、
お買い得でした。

更に、スプーンが用意されており、
食べやすい弁当でした。


そして、JRの電車を乗り継ぎ、
兵庫県に帰ってきました。

これにて、浜松への鉄道旅行が
終わりました。


…はぁ、旅程崩壊しなくて良かった。


というわけで、
今回の鉄道旅行の報告はここまでです。

この旅行についてですが、
動画にはしません。

純粋な乗りつぶし旅行ですからね。

そのため、観光は一切しませんでした。

というか、観光していると、
乗りつぶしが出来なくなります。

…さて、次はどの路線の
乗りつぶしをしましょうか。

まあ、それは当日の天気次第ですね。

それでは。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事