diamor28がブロマガを書いてみた

福岡まで鉄道旅行しました(前編)

2020/08/01 20:00 投稿

  • タグ:
  • 日記
  • 旅行
  • 鉄道

みなさん、こんばんは。diamor28です。

7月23日から25日にかけて、
青春18きっぷを使っての鉄道旅行をしました。

今回の主な目的は、
「鉄道路線の乗りつぶし」です。

具体的には、以下の路線となります。

1.山陰本線(長門市~幡生)
2.山陽本線(厚狭~門司)
3.鹿児島本線(門司港~博多)
4.日田彦山線(城野~添田)
5.後藤寺線(全線)
6.篠栗線(全線)
7.香椎線(全線)


まとめると、山口県と福岡県のJR線ですね。

これらの路線を、
2日間で全て走破する計画でした。

ついでに、福岡城を訪問します。

これは、日本100名城に選ばれているからです。

日本100名城のスタンプラリーを
続けていますからね。

しかし、気がかりな事がありました。

それは、大雨です。

大雨によって、旅行前の時点で、
ダイヤの乱れが発生していました。

ですが、もう計画は変えられないので、
敢行する事にしました。

ただ、このまま黙って
旅行するわけにはいきません。

そこで、代替案をいくつか作成しました。

その上で、今回の旅行を始めました。



まずは、神戸三宮に向かい、
夜行バスに乗りました。

ここで、もしもの時に備え、
早着した場合の乗り換えを
調べていました。

どうやら、10分以上早着すると、
予定より1本早い列車
乗り換えられるようです。

この行動が、
大きな影響を与えてしまうとは
思ってもいませんでした。


島根県益田市の益田駅に到着し、
夜行バスを降りました。

この時の時刻は6時22分、
つまり、定刻より13分の早着でした。

その結果、
6時30分発の山陰本線下り普通列車に
乗る事が出来ました。

本来なら、乗り換え出来ない列車ですね。

実は、この時点で、
美祢線などが運転見合わせになっていました。

なんと、代替案の1つが、
美祢線を経由する行程でした。

つまり、代替案を1つ潰されました。


8時43分、長門市駅に着きました。

ここで、発車案内表を見ると、
動揺してしまいました。




なんと、乗る予定だった、
「9時55分発の下関行」が消えていました。

そのため、下関に直接向かう列車が
無くなってしまいました。

ですが、ある列車に救われました。

それは、「7時54分発の小串行」です。

本来なら、乗り継ぎが不可能ですが、
山陰本線内の徐行などにより、
まだ入線していませんでした。

その結果、「7時54分発の小串行」に
乗り換える事が出来ました。

小串まで行けば、
下関行の列車に乗り継ぐ事が出来ます。

なぜなら、小串始発の下関行の列車が
多数設定されているからです。

この事を事前に知っていたので、
迷わずに、小串行の列車に乗り換えました。


9時10分頃、長門市駅を出発しました。

定刻より70分以上遅れての発車でした。

長門市駅から小串駅に向かう途中、
運行状況を確認すると、
山口線も運転見合わせになっていました。

どうやら、10時10分から、
大雨により、運転見合わせになったようです。

実は、もう1つの迂回路が
山口線を経由する経路でした。

益田駅での乗り換え失敗に備えて、
事前に考えていました。

なお、定刻通りに山口線を経由した場合、
ギリギリで走破します。

しかし、大雨だったため、
走破直前で運転見合わせになる
可能性がありました。

となると、山口線を経由しなくて
正解だったのかもしれません。


10時25分、小串駅に着きました。

ここで、「9時54分発の下関行」
乗り換えました。

もはや、時刻表は
形だけになっていました。


11時11分、下関駅に着きました。

予定より1時間以上早く、
下関に着いてしまいました。

まさか、旅程崩壊しているのに、
早着してしまうとは思いませんでした。

ここで、予定通り、昼食を取りました。




おかもと鮮魚店の海鮮丼を食べました。

様々な魚介類が載っており、
1100円にしては安い気がしました。


昼食後、下関駅に戻りました。

ここで、小月行のバスに乗り、
関門国道トンネルを目指しました。

そして、関門国道トンネルを
踏破しました。






意外にも、
そこそこ人が歩いていました。

九州に上陸すると、
こんな景色が待っていました。




いい景色でしたが、
かなり蒸し暑かったです。

雨上がりなのですけどね。

そのため、近くの売店で、
アイスクリームを食べました。




いや~、涼しく感じました。

まさにベストタイミングでした。


アイスクリームを食べた後、
「潮風号」に乗りました。




当時は、週替わりで、ヘッドマークが
機関車に取り付けられていました。

この時は、「はやぶさ」のヘッドマークが
取り付けられていました。


13時50分、門司港駅付近に着きました。

実は、この先の乗り換えで、
1時間程度待たされる事を知っていました。

ここまで、ダイヤが大乱れだったため、
北部九州エリアも
ダイヤが乱れると思っていました。

しかし、この時点では、
北部九州エリアは平常運行でした。

豪雨災害の影響を除けば、ですが。

それでも、気持ちに余裕が無かったため、
14時07分発の区間快速に乗りました。


14時20分、小倉駅に着きました。

ここからは、
福岡県のJR線の乗りつぶしです。

ですが、上記の通り、
1時間も待たされました。

これにより、行程表通りに戻りました。

というわけで、
ちゃちゃっと流します。


まずは、添田行の列車に乗り、
日田彦山線の城野~添田間を走破しました。

添田から日田方面は
列車が走っていないため、
添田駅で折り返しました。

その後、田川後藤寺駅で、
後藤寺線の列車に乗り換えました。

ここで、小倉駅の駅弁を食べました。




せっかくなので、
「かしわめし」を選びました。

福岡県の駅弁といえば、
「かしわめし」ですからね。

ですが、乗車時間が短かったため、
急いで食べました。

その結果、20分以内に完食しました。


さて、後藤寺線を走破し、
福北ゆたか線の電車に乗り換えました。

途中の長者原駅で下車し、
香椎線の電車に乗り換えました。

ここでやってきた電車が、
BEC819系でした。




この電車は蓄電池電車で、
非電化区間を走行する事が出来ます。

事前に調べていて分かっていたのですが、
ここまで現代的とは意外でした。

しかも、乗客が結構いました。


宇美駅と西戸崎駅の間を往復し、
長者原駅に戻りました。

そして、再び、
福北ゆたか線の電車に乗りました。

実は、既に、
鹿児島本線のダイヤが乱れていました。

原因は大雨ではなく、
竹下駅での人身事故でした。

竹下駅は、博多駅の南隣の駅ですね。

まあ、福北ゆたか線には
あまり影響しませんでしたが。


21時39分、博多駅に着きました。

これで、今日の乗りつぶしは終わりです。

そのため、歩いてホテルに向かいました。



今回はここまでです。

容量がかなり大きいので、
ここで分けました。

次回は、福岡への鉄道旅行の続きを
予定しています。

それでは。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事