diamor28がブロマガを書いてみた

「大雪の高松市街を○○っ子京町セイカが訪ねてみた」コメント返し

2020/05/17 20:00 投稿

  • タグ:
  • 分類出来ない動画
  • 旅行
  • コメント返し

みなさん、こんばんは。diamor28です。

過去の動画のコメント返しをしていきます。

今回は、2017年8月に投稿した旅行動画(?)、
「大雪の高松市街を○○っ子京町セイカが訪ねてみた」です。

>>sm31735471



この動画は、サムネイル画像にも記載されている通り、
「第三回VOICEROID非実況動画祭」の動画です。

通称、「第三回ひじき祭」ですね。

この時は、「投稿者の過去の旅行」を、
京町セイカがタイムトラベルで訪れた、
という設定となっています。


さて、主な舞台は、2012年2月18日の香川県高松市です。

そのため、まずは、
現在(2017年)から2012年にタイムトラベルを行い、
鉄路でJR高松駅に移動しました。

JR高松駅に着いてからは、当時、
実際に撮影した画像を採用しています。

画質が悪いのが、その証拠です。

京町セイカは、投稿者達の一連の動きを見届けた後、
現在(2017年)に帰ろうとしました。

すると、滑ってこけてしまい、
その反動でタイムトラベルが発生してしまいました。

その影響で、京町セイカだけでなく、
投稿者達もタイムトラベルに巻き込まれてしまい、
電車に乗り遅れてしまいました。

このままだと未来が変わってしまうため、
京町セイカは応急処置を行いました。



以上が、この動画の概要です。

この動画は作り話ではありますが、
実際に起こった出来事が基となっています。

というわけで、実話と作り話を分けていきましょう。


1.京町セイカがタイムトラベル ⇒作り話

2.京町セイカが高松まで移動 ⇒作り話

3.高松市街が雪景色 ⇒実話

4.路地の雪溜まりに人だかり+シャッター音 ⇒ほぼ実話

5.高速バスが来ない ⇒実話

6.投稿者達が高松駅で駅員さんと会話 ⇒実話

7.投稿者がJR神戸線の時刻表だけ持っている ⇒実話

8.投稿者達が電車に乗り遅れる ⇒作り話


つまり、京町セイカが関わっていないところは、
ほぼ実話となっています。

そのため、8年が経過した今でも、
印象に残っている旅行の一つです。

さすがに、記憶が薄れていってしまっていますが。

ですが、この旅行があったおかげで、
様々な教訓を得る事が出来ました。

それ以降の旅行では、致命的な失敗を犯していません。

大雨で行程が崩れたり、
旅先で2万円のきっぷを無くしたりはしましたが…。


というわけで、コメント返しをしていきます。



1:05より
セイカさんって方言のイメージ無いけど、
可愛いからいいや


今でこそ、標準語ボイロで方言を話させる人が結構いますが、
当時は、あまりいなかった印象です。

比較的マイナーな、京町セイカとなると、
なおさらですね。

でも、いいですよね、方言女子セイカ。

VOICEROID2を導入してからは、
更に方言が使いやすくなりました。


2:00より
この程度の雪でも騒ぐのが瀬戸内民。
めったに積もらない

2:01より
積もると交通まひるから


確かに、兵庫県南部や香川県など、
瀬戸内海沿岸では、雪があまり積もりません。

そのため、雪が降っただけで、
ソワソワしてしまいます。

少しでも雪が積もってしまうと、大変です。

バイクで運転出来なくなるからです。

ですが、基本的に電車は動いています。

滋賀県の豪雪地帯を通過しているからでしょうか?

なお、この時も、四国の電車は無事でした。

ですが、肝心のバスが止まってしまったので、
とんでもない不安に襲われました。


2:11より
~しとうって事は兵庫県南部?
香川もそうなんやろか


これは、様々な登場人物が話していた
方言についてですね。

そうです。兵庫県南部の方言、
「神戸弁」が元となっています。

そのため、香川県もそうなのかは分かりません。

さすがに、香川県の方言までは再現出来ないので。


4:32より
高松全然うつらない・・・


前述の通り、舞台が香川県高松市に移ってからは、
全部、高松市で撮影した画像です。

さすがに、時刻表の画像は別撮りですが。

実は、この旅行では、
携帯電話(今でいうガラケー)で撮影しました。

なぜなら、「バッテリー抜きデジカメ」を
持っていってしまったからです。

バッテリーがなかったため、
デジカメでの撮影が出来ませんでした。

携帯電話で代替しましたが、シャッター音が消せず、
消極的になってしまいました。

そのため、画像そのものがあまりありませんでした。



今回のコメント返しはここまでです。

次回は、大阪府道2号の車載動画の
コメント返しを予定しています。

その動画ですが、コメント数が桁違いに多いので、
かなりの分量になる事が予想されます。

それでは。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事