北上麗花について

北上麗花のメモリアルコミュ4に衝撃を受けた話

2020/06/17 23:08 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • アイドルマスターミリオンライブ!
  • シアターデイズ
  • 北上麗花



 2020年6月15日に北上麗花横山奈緒メモリアルコミュ4・5が追加されました。


 追加された当日に見たのですが、いやもうこれがヤバいのなんの。頭の中がお祭り騒ぎになりました。4・5共にとても良い内容なのですが、特に4がもうたまらないんですよ。興奮冷めやらぬうちになんとか形に残したいので備忘録がてらに書き記しています。


 内容をざっくり振り返ると、麗花の初公演が終わり、アイドルとしてどのように活動していきたいかを確認していく話になります。麗花らしい自由なアイデアが飛び出たり、家族のことについて話したり、そして彼女の憧れについて触れたりと盛り沢山です。


 中でも両親の職業が明らかになったのは驚きました。母親が「オペラ歌手」父親が「母親のお世話をする人(具体的には触れていない)初情報です。GREE版も含めこれまで両親の職業については触れられていませんでした。母親譲りの歌声はそういうことだったのですね。
 ミリシタから始めた人もGREEからの人も同じ驚きを共有できたかと思います。「お世話をする人」がどういう職業かは銘打ってはありませんが、おそらく付き人やマネージャーの類でしょうか?想像し甲斐がある部分ですかね。


【脱線・想像】何故「L'amour」?

 両親に職業があるということは共働きということです。しかも同じタイミングで仕事をしていることになります。オペラ歌手の忙しさがどの程度かは判断つきませんが、少なくとも世話をする人が着くぐらいには忙しいのでは?と。兄弟姉妹の情報が出てないので麗花が一人っ子と仮定した場合、もしかしたら子どもの頃は両親と一緒に過ごす時間が少なかったのかもしれません。『一人は寂しい』という気持ちは大人になった今でも持ち合わせています(グリ・シタ共通)。
 しかし、麗花が母親の真似として歌った際に出た言葉「L'amour」(フランス語で「愛」)を考えると、ずっと寂しい想いをしてきたわけではないのだろうと思うのです。愛情の表現として、麗花に送った歌を覚えていてそれを真似ている。会えない分、一緒にいるときには両親の愛情を沢山注がれていたのかもしれません。真似をするぐらいに印象に残っているのですから。もしかしたらハグも両親譲りの表現かもしれませんね。脱線終わり。


 母親について押さえておきたいのは何もオペラ歌手であるということではありません。それは母親が麗花の憧れの対象となっていることです(正確にはPからの憧れに対する投げかけに麗花が同意している)。もっと言えば母親を通じて麗花が何に憧れているかがわかったのです。


【脱線・想像】「麗花」・「憧れ」に続くキーワード

 この二つの次に「普通」というワードが浮かぶ担当Pがいそうですね。所謂『北上麗花は”普通”に憧れている・いない論』。このコミュで憧れの対象が明らかになったからどっちかが否定されるわけではありません。可能性は多い方が楽しいよね。じゃあ何が言いたいの?というと、あの「普通」の表現ってどこから来たんだろうね? もしかしたら『とっても”普通”のお父さん』から影響を受けたのかもしれない?母からは「憧れ」を、父からは「考え方」を感じ取っていたのならば素敵な家族関係だなー、という想像。
 解釈の一つとして、家族の関係性が麗花にとっての普通(独特)の基準を作り上げたとするならば、ある意味「普通に憧れている」という表現は正しいのかもしれませんね。脱線終わり。



 母親のどんな部分に憧れているかが伺える麗花の言葉は以下になります。


「お母さんの歌は、聞いた人みんなを幸せにしてくれるんです♪」

「私もいつかお母さんみたいに、みんなを幸せにできたらいいなー。」




あっ……、これ抱負ボイス(※)だ…‼(瞬間、衝撃が走る)

※GREE版ミリオンライブ!においてアイドル50人全員に収録されていたボイス。当時の彼女たちのスタート時点の想いが詰まっているのだ。GREE時代からのPを殴ればドロップするかもしれない…?


 「いや、抱負ボイスとか知らんよ」とか思ってる君。ちゃんと内容を抜粋して用意してあるから是非読んでみてほしい。



「 将来的にはみんなに好かれるアイドルになれたらな~って。
私、人の笑顔を見るのが大好きなんですよ。 スマイルになる
きっかけになれたらいいな~なんて思ってます。」
 
        ―『ミリオンライブ!』北上麗花抱負ボイスより抜粋 ―



 で、結局何が言いたいの?と思うかもしれません。私の中でGREEの北上麗花とミリシタの北上麗花が繋がったのです。もちろん世界や歩みは違うんですけど。世界が違っても北上麗花の根底が一緒だということを理解できたのです。そんなの当たり前だ、と思うかもしれません。コミュがあろうとなかろうと北上麗花は北上麗花でしょう、と。だけどこうやって、銘打つことはとても重要だと思うんです。少なくとも私にとっては涙が出る程に衝撃的でした。


 しかもGREEの時よりもアイドル北上麗花のスタートラインがよりはっきりとしてるんですよ。上手く言葉にすることができませんが、北上麗花に限ってはグリーからのPとミリシタからのPの差がなくなったと言えばいいのか。共通して同じ初めての経験をしていることが凄く大事だな、と。
 「目標・憧れ」のルーツがミリシタには存在する。GREEの展開では見えなかった領域なのです。まるで雲の様に掴みどころのない彼女が7年目にしてようやく分かりそうな感じ(きっとまだ掴めてはいない)。さらに言えば、その憧れの気持ちをPがちゃんと理解していることがもうたまらなくてね!叫ばずにはいられなかった(叫んだ)。


 このコミュ無くして北上麗花は語れませんと言いたいぐらい。のり子のメモリアルコミュ3のような、Pがアイドルを支えるような話ではないけれども、北上麗花のメモリアルコミュ4は非常に重要なコミュだと私は思いました。もちろん他にも注目する点があるんだけど、特に声を大にして言いたいことはこんなところかな(5も良いコミュなんだ、是非見てほしい。見ていただけると嬉しい)。だいぶ脱線が多かったけど、それほど想像が膨らむポイントが散りばめられているんだ…、許してほしい。


 では、この辺りで。ありがとうございました!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事