北上麗花について

北上麗花の能力と成長を考えてみる備忘録(①/2)

2019/08/20 23:03 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • アイドルマスターミリオンライブ!
  • シアターデイズ
  • 北上麗花

暑いですね。皆様いかがお過ごしでしょうか。
約2週間と続いた2周年イベントも終わり早一ヶ月。
ライブとゲームで忙しかった方々も少しは落ち着いているでしょうか?

2周年イベントが終わってからはキービジュ組がガシャやイベントに続けて登場していますね。イベント、クロノレキシカでは百合子に昴。ガシャではエミリーはくノ一に、瑞希は夏の祭典に登場しました。ちゃっかり麗花も写ってるんですが、注目したいのは彼女のブーツ

 

衣装は過去のカードイラスト「シャボンステージ 北上麗花」で馴染みがあったんですが、足元までは描かれてなかったんですよね。そしてピンク色というのもまた珍しい組合せと言いましょうか。過去に身に纏うものであるとしたら「パンの宴」ぐらい。衣装の新発見と珍しい色の組合せに驚きましたね!

本題に移りましょう。

アイマスで能力というとVocal(Vo)、Dance(Da)、Visual(Vi)、主にこの3つの指標でアイドルの能力で表されます。765、876、シンデレラ、ミリオン、SideM、シャニマス、どのアイマスにもこの3つの指標が存在します。
特にミリオンライブではこの3つの指標で属性分けをした過去を持ちます。その際北上麗花Da属性でした。

では、北上麗花の能力を考えてみましょう。
Da属性なら3つの能力の内、Daが一番高いだろう
母親譲りの自慢の歌声をもち、カラオケで歌えば100点をバンバン出す。それならVoも高いかもしれない。最後にVi。ゲッサンミリオンライブ!では容姿について「すらりと伸びた手足に長身」と書かれているが、まず目につくのはそのヘアスタイルだろう。不思議な髪型です。
他にViを表すものといえば演技表現力……

あっ……

そう、私は北上麗花のViは低い位置にあると考えています。それも52人の平均よりも下になるぐらいにある、と。それは彼女自身が「芝居がぜんぜんできない」と言いきったり(LTP06)、普段のコミュで周りが戸惑ったりする様子から判断しました。

今のところミリシタでは彼女のViに関するコミュはありませんが、彼女の言動に良くも悪くも振り回される様子を見るとやはりViに関しては決して高いと言えないのかと考えます。
長所と短所は紙一重と言ったもので、その部分が北上麗花らしさを表す部分でもあるんですけどね。難しいよね。


少し話題は逸れます。飛ばしていいかもしれません
皆さんはVoDaVi価値の優劣をつけたことはありますか?ゲームシステム的には平等ですが、順位付けをしたらどうだろうか?
3つの能力で何が大事かと考えた時、私はまずVisualが挙がりました。歌が下手でも、ダンスがダメでも、アイドル故最低限のViは保証される。「歌って踊れるアイドル」という言葉があるように、VoとDaを取ってしまっても「アイドル」(Vi)は存在する。そんな考え方です。
そのViは「いかに自分をよく魅せるか、よく表現するか」というアウトプットの要である。
表現できなきゃ、伝わらなくちゃ意味がない
次に挙がるのはVocalです。そこに含まれるものは勿論歌唱力ですが、アイマスにおいてはもう一つ別の要素が含まれていると私は考えています。言葉にするのが難しいですが、それはアイドルに対する「想い」や「」といった精神的な要素なのかと。メンタルが強いわけではありません。天海春香や春日未来がその属性に置かれていることに理由づけるためでもありますが、そういう要素が含まれているとすればDaよりも優先される能力かな、と。
Vi > Vo > Da の順ですね。
Daについては踊りや身体能力の高さ、頭より先に体が動く、VoにもViにも当てはまらない枠のイメージです。
アイドルがステージで披露するパフォーマンスと能力の関係が
『 (パフォーマンス)=( Vo + Da )× Vi 』
の式で示すようなイメージが私の中にはあります。実際、こんな単純には示せないけど。

Viの良し悪しがパフォーマンスを大きく左右する考え方です。

話は戻りまして、アイマスの中でViが大事だと考えている私がViが低いであろうという北上麗花を担当している。おかしい話なのかもしれないけど、今はこんな状態です。
北上麗花のVisual値は低いと言いたいがためにだいぶ回り道した感じ。



でも低いからこそ、そこを補うことができる・育てていくことができる。プロデュースし甲斐のある部分なのかなと考えています。Pの意義が見いだせる。Vi値を育てることが北上麗花のストーリーのひとつになるのではないか?

では、どんなストーリーを成長を描くのか?というところで一旦おしまい。
次に上手く繋げられるかは分かりませんが頑張りたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました
(*´v`*)ノ

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事