アメブロでは言えない話 ~The Salon of Lady Dewi~

『 ミイラ取りがミイラに?! 』 【Vol.1339】

2017/11/07 18:50 投稿

  • タグ:
  • デヴィ夫人
  • トランプ大統領
  • イバンカ
  • 安倍晋三首相
  • 松山英樹プロ
  • ピコタロー
皆さま ごきげんよう。
私の ブロマガを ご購読くださり、
ありがとうございます。
********************************************

国を挙げての トランプ大統領とイバンカさん


の〝大歓迎〟。 ゴルフに 松山英樹プロを


交えたり、ピコタローさんを招いての


晩餐会、拉致被害者との面会等々。


何のことはない、 安倍劇場のお披露目会。


〝日米友好関係の強化〟というのは、


北朝鮮対策としての 日本の武装強化!


対日貿易赤字の解消の一つとして


トランプ氏の強硬な防衛装備の売り込み、


購入を発表した兵器は改良型迎撃ミサイル


(SM-3ブロック2A=657億円、一発


約30億円)や 最新鋭ステルス戦闘機F35A


(一機当たり 147億円を42機購入)、


陸上配備型迎撃ミサイルシステム(一基


700億~800億円)。 それらを買わせ


られるだけではないですか。そんなお金、


いったいどこにあるのでしょうか。防衛費を


増やすのですか。安倍さん、「ジャパン・


ファースト」だったんじゃないですか。 


待機児童問題、教育無償化の問題等々、


自国の救済を後回しにして、アメリカの


言いなりになって、いいんでしょうか。


人口はどんどん減っていく、4人に3人は


60歳以上。 税金も高いし、年金支給も


75歳になってしまう? 今や 対馬列島


には韓国人の方が多いという現実。


今に 実行支配されるのは 目前のこと。


2030年の頃、日本は一体どうなって


いるんでしょう。 安倍さんがトランプ氏と


蜜月協調、日米友好関係のアピール、


何のことはない、 アメリカの〝上顧客〟


なだけじゃないのですか。


ところが、 韓国はどうでしょう。


「北朝鮮をあおっているのは トランプ、


そして 韓国に兵器を売りつけに


きている!」 韓国の国民の方を


見直しましたね。  トランプ大統領の


訪韓に対して 「戦争反対、平和の対話を」


と反対運動。 朝鮮半島で戦争をあおり、


緊張を高めている、北朝鮮の核問題を


口実に 巨額の最新兵器を売ろうとしている、


と指摘しています。



思えば、2002年に 小泉純一郎氏が


平壌で金正日氏と 「平壌宣言」に署名


した時、安倍さんは副官房長官でした。


これまで 認めていなかった「拉致事件」を


認め、正式に謝罪して拉致被害者は


5人帰国いたしました。


安倍さんは 拉致事件をもとに 一気に


首相に駆け上った人。 今でも拉致事件を


叫び、北朝鮮との断絶を表明、更なる


制裁強化の方針。 拉致被害者の


お気の毒な横田めぐみさんはとっくに


亡くなっているのに、あたかも


〝生きてらっしゃる〟という望みを


かけられ 政治的に利用されている。 


横田夫妻が痛ましくて 見ていられない


気持ちです。 日本政府は いつまで


対朝鮮の宣伝に使う気なのでしょうか。


調査、調査というけれど、 何も解決


してません。もう 何年もたっています。 


調査など必要ないのです。 


北朝鮮は その気になれば全て知って


いるはず。 調査など要らないのです。


日本が 一方的に反古にした「平壌宣言」


にかえって 守ろうとすれば氷解する


ことです。 こうして 対北朝鮮の脅威を


あおって再び、第四期首相に就任。 


まったく 北朝鮮様様ですね。


アメリカの核保有数は6818個以上。


北朝鮮が 1個持とうが 持つまいが


相手になりません。 巨大大国が こんな


小国を憂っても、どうってことないでしょう。 


何故ですか、笑ってしまいます。



いずれにしても、日本は 安倍さん個人の


物ではないのです。 イバンカさんの来日に


女性起業家支援基金のための立ち上げに


57億円(5000万ドル)をポンと 拠出金支援を


決めたり。 このイバンカさん、若く美しいが


国際女性会議に何と ピンクの超ミニスカート。 


これが大統領補佐官としての いでたちですか。


センスを疑います。 誕生日の会食会の


いでたちも あまり感心できない。 ブルーの


淡いコートは シンプルで良いが、大きな黒い


リボンのついた靴も あまりいただけない。


私は キャロライン・ケネディ元大使の時も


驚いたものです。 天皇陛下に 拝謁、


信任状を提出するため 皇居に上がる時、


なんと 平服にショルダーバッグのいでたちで


迎えの馬車に乗ったのです。 天皇陛下は


モーニングの礼服であったというのに。 


なんと 礼儀知らずなことか。



何兆、何千億円もの 軍事予算を使ったり


する前に、 まずは、山積みとなっている


国内の先決問題を片づける方が


重要なのではないでしょうか。


Japan First!






********************************************
では 皆さま 次号をお楽しみに。

ブロマガ会員ならもっと楽しめる!

  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。

アメブロでは言えない話 ~The Salon of Lady Dewi~

デヴィ・スカルノ

月額:¥330 (税込)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

デヴィ夫人チャンネル

デヴィ夫人チャンネル

月額
¥330  (税込)
このチャンネルの詳細