でゅら〜の暇つぶし

【日記】マニー・パッキャオ VS フロイド・メイウェザー の結果について思うこと。

2015/05/11 00:11 投稿

  • タグ:
  • 日記
  • ボクシング
 米ラスベガスにおいて、世紀のスーパーマッチWBAスーパー・WBC・WBO世界ウェルター級王座統一戦「マニー・パッキャオ VS フロイド・メイウェザー」が開催され、判定 3-0 ( 116-112 ×2 , 118-110 ) の結果、メイウェザーが王座統一を果たした。

 判定結果は、大差といっても過言ではない点差になってしまったが、映像で見た限り、メイウェザーにとって、点差ほどイージーな試合ではなかったと思う。
 試合の序盤〜中盤にかけては、パッキャオの有効打に、メイウェザーが足を止めるシーンもあったし、前に出るパッキャオに対し、リーチを活かし、アウトサイドから回ってくるメイウェザーでは、見た感じの印象はメイウェザーに不利だったハズだ。

 しかし、「有効打を受けてもパッキャオにペースを渡さず、ヒットを重ねた」という点においては、メイウェザーが試合をコントロールしていたとも言えるだろう。
 中盤には優劣付けがたいラウンドもあったしそこでは、「巧みな試合運び」 や 「類まれななディフェンステクニック」 が評価されて、このような判定結果になったのだと思う。

 ボクシングの判定基準は、


   ○クリーンヒット
      与えたダメージによって優劣をつける

   ○アグレッシブ
      積極的な攻勢によって優劣をつける

   ○リングジェネラルシップ
      試合の主導権によって優劣をつける

   ○ディフェンス
      ディフェンス・テクニックによって優劣をつける


 大雑把にこんな基準となっている。

 これらを踏まえた上で試合を振り返り総括すると、「メイウェザーが、パッキャオの攻勢をディフェンス・テクニックでいなし、試合を有利に運んだ」 と、表現することができるから、個人的には 「メイウェザーの勝利」 という結果には不満はない。

 おそらく、多くの人が不満を持っているのは、オイラと同じく 「大差の判定結果」 にあるのだろう。特に、 118-110 というジャッジには、大きな不満がある。
 これでは、パッキャオが優勢だったのは、2R , 12R だけだったということになってしまう。この試合は、そんな単純なものではなかった。

 ボクシングをひと言で表現するなら、「打たれずに打つ技術を競う競技」 だ。
 だから、優れたディフェンステクニックを持ったメイウェザーが勝つのはいい。実際に、それに相応しい技術はあった。
 しかし、いくらジャッジの嗜好あるとは言え、判定結果の発表に、会場から大きなブーイングがおこるようなジャッジはおかしいしと思う。
 こうしたことで、試合に不満はなくても、結果に不満が残ってしまうのは、凄く不幸なことだ。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事