でゅら〜の暇つぶし

【2014 W杯】決勝T コロンビア vs ウルグアイ ( COL vs URY )

2014/06/30 23:31 投稿

  • タグ:
  • 雑談
  • W杯
  • サッカー
  • ワールドカップ
W杯 1回戦 第2試合は、日本と同じグループを勝ち抜いたコロンビア。
 ・・・当然、第3節の屈辱的な行為は忘れられないので、オイラは当然、ウルグアイを応援していたんだ・・・。


 W杯 決勝トーナメント 1回戦 コロンビア (COL) vs ウルグアイ (URY) が行われ、試合は、2-0 と、COL が URY を寄せ付けず、圧倒した内容で制した。

【試合結果】
  COL 2 - 0 URY

【ゴール】
  28分 COL ハメス・ロドリゲス
  50分 COL ハメス・ロドリゲス


 「噛みつき事件」で、主力選手の1人 スアレスを欠く URY と、悲願の「ベスト8進出を叶える」という強い意志を見せる COL の対戦。

 序盤こそ、互角の勝負をしていたが、前半28分、COL MF ロドリゲースのスーパーゴールを防ぐことはできなかった。
 先制されたことにより、URY も反撃の手を強めるが、COL GK オスピナのファインセーブに阻まれ、点を挙げることができない。
 COL は、追加点を狙うべく、攻勢を緩めなかったが、URY の門は固く、追加点を挙げることはできなかった。

 COL は、後半始まって直ぐ、URY ゴール前で攻防があり、またもやロドリゲスがこれを押し込み、追加点を挙げる。
 URY は、点を返すべくボールを支配し COL 陣に攻め入るが、やはり、得点には結びつかず。正直、見ていて、点を取れそうな雰囲気が感じられなかった。

 結果、COL が2点を挙げ、悲願を達成した。
 この2得点で、ロドリゲスは、現時点の大会得点王となった。

 URY は、「噛みつき事件」があり、本大会では、ヒールのような扱いになってしまったね・・・。
 勿論、威信をかけた大会で、そのことで気おくれするような選手はいなかったとは思うけど、今日の ロドリゲスの出来が良すぎたことや、観客を敵に回してしまっては、少なからず影響していたんじゃないだろうか?
 個人的には、今日の内容なら、スアレスがいたとしても、試合結果は変わらなかったんじゃないかと思う。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事