でゅら〜の暇つぶし

【ライブレポ】陰陽座『生きることとみつけたり【参】』 (2019.12.07)

2020/01/04 19:02 投稿

  • タグ:
  • 音楽
  • 邦楽
  • METAL
  • ライブレポ
  • 陰陽座

タイトル:
  陰陽座『生きることとみつけたり【参】』 (2019.12.07)
    陰陽座結成20周年記念全国公演行脚
開催場所:
  ゼップ東京
公演時間:
  開場 / 17:00 , 開演 / 18:00 , 終演 / 21:00

SETLIST
  SE. 焔之鳥
  01. 鳳翼天翔
  02. 煌
  03. 百の鬼が夜を行く
  04. 癲狂院狂人廓
  05. 紺碧の双刃
  06. 傀儡忍法帖
  07. 月花
  08. 不倶戴天
  09. 道成寺蛇ノ獄
  10. 甲賀忍法帖
  11. 鬼斬忍法帖
  12. 挽歌
  13. 蒼き独眼
  14. 黒衣の天女
  15. 青天の三日月
  16. 而して動くこと雷霆の如し
  17. 生きることとみつけたり
-enc1-
  SE. 序曲
  18. 魔王
  19. 火車の轍
  20. 骸
  21. 羅刹
  22. 雷舞
-enc2-
  23. 悪路王
-enc3-
  24. 蛟龍の巫女



 久しぶりに陰陽座のライブに行ってきたよ。
 最近、ちょっと足が遠のいていたんだけど、結成20周年でめでたいということでね。

 ぼくが陰陽座を知ったきっかけは、テレビ埼玉で「月に叢雲花に風」の MV を見たのがきっかけ。
 その時から抜群の歌唱力と世界観で、凄く魅力的だったんだよね。

 さて、今回は結成20周年ということだけど、DVD撮影用のカメラが入っているわけでもなく、普通の公演だった。
 これまで、映像撮影のある公演も観たことあるけど、あまり変わらないんだよね。どの会場でも変わりなく全力でプレイするのが陰陽座。
 ときにいつものぐだぐだな MC を挟みつつ、全力のパフォーマンスを魅せてくれる、いつもの陰陽座に会えたことが素直に嬉しかった。

 今回も実に 24曲 3時間に及ぶ長時間公演を全力で走り切った。
 SE. 〜 01. の流れは、瞬火 (Ba) がかつてみた Judas Priest Epitaph Tour を意識したものだったのかもしれない。実際に、MC の中でもそれに触れていたからね。
 ぼくもその公演を観に行ったので、テンションの上がりかた凄かった。

 本編は、09. という大作やバンドを代表する 10. を交え、ツアー・タイトルとなっている 17. で本編を締めくくり、豪華アンコールへと続く。特に 23. からの 24. という流れで最高潮を迎えた。

 ぐだぐだな MC も含め、最高の公演だった。

 今日の公演で気が付いたのは、2-3年前と比べ、客層に変化がみられた。
 まず、アジア系外国の方が増えたように思える。そして、Dir en Grey ファンの方が多く見受けられた。
 勿論、気合の入った古参のファンも多かったろうけど、こうした変化は、新規ファンを獲得しているということだから、良いことだよね。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事