でゅら〜の暇つぶし

【歌詞・意訳】BON JOVI "BLOOD ON BLOOD"

2019/03/06 00:04 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 音楽
  • 洋楽
  • ROCK
  • 意訳
  • BON_JOVI
手術も終わり、退院もしたことだし、ボチボチ記事の投稿をしておかないとね。

 さて、3月になりました。
 この時期は卒業式もあり、別れの季節でもあるよね。
 進学や就職することによって、仲の良い友達と違う道を進ことになる方も多いだろう。

 そんな時にこそ、この曲を聴いて欲しいと思い、意訳を投稿するよ。


タイトル:Blood on Blood
作詞:Jon Bon Jovi , Desmond Child , Richie Sambora
作曲:Jon Bon Jovi , Desmond Child , Richie Sambora
収録アルバム:New Jersey

I can still remember
When I was just a kid
When friends were friends forever
And what you said was what you did

Well, it was me and Danny and Bobby
We cut each other's hands
And held tight to a promise
Only brothers understand

But we were so young (so young)
One for all and all for one (for one)
Just as sure as the river's gonna run

Blood on blood
One on one
We'd still be standing
When all was said and done
Blood on blood
One on one
And I'll be here for you
Till Kingdom come
Blood on blood

Well, Bobby was our hero
Cause he had a fake I.D.
I got busted stealing cigarettes
And he took the rap for me

Danny knew this white trash girl
We each threw in a ten
She took us to this cheap motel
And turned us into men

We were so young (so young)
One for all and all for one (for one)
Just as sure as the river's gonna run

Blood on blood
One on one
We'd still be standing
When all is said and done
Blood on blood
One on one
And I'll be here for you
Till Kingdom come
Blood on blood


Now Bobby, he's an uptown lawyer
Danny, he's a medicin man
And me, I'm just the singer
In a long haired rock'n'roll band

Through the years and miles between us
It's been a long and lonely ride
But if I got a call in the dead of the night
I'd be right by your side

Blood on blood, blood on blood

Blood on blood
One on one
We'd still be standing
When all is said and done
Blood on blood
One on one
And I'll be here for you
Till Kingdom come
Blood on blood

Blood on blood




Blood on Blood 意訳

オレのガキの頃の話を聞きたいって?物好きもいたもんだな。

いいぜ。何から話す?
あの頃のことは、今でも思い出すんだ。いわゆる“色褪せない思い出”ってヤツだ。
おまえだって心あたりがあるだろ?
オレたちもご多分に漏れず「明日なんかこなきゃいいのに」なんて感じで、遊び惚けてる悪ガキだったのさ。
そうだ。何よりもダチと過ごす時間が大切だったんだ。

ダチの名前?
ダンとボブってんだ。
ダチつっても、ただツルんでただけじゃない。
血の契りを交わした本当の兄弟だ。
重ねた血に、あの時誓ったんだ...

いくつくらいのことかって?
そりゃあ若かったさ!下の毛も生えそろってないようなガキの頃の話だもの!
誓いと言っても、誰かが困ってりゃあ、すぐ駆け付けたし、アイツらもそうしてくれた。そんな感じだ。
まあ、身内だったら当然だろ?

血は繋がってないけどさ。
ダンとボブ。血の契りを交わした。
あの時の誓いは、まだ固く結ばれたままだよ。
誰ひとり欠けてない。
あぁ。オレたちはずっと兄弟だ。

ダンとボブについて?
あぁ。ボビーはオレにとって兄貴分みたいな感じかな。
昔、タバコを盗もうとて、捕まっちまったことがあるんだ。
あの時はまだタバコを買えるトシじゃなくてな。
結局、ボビーが助けてくれたんだが、その後「俺の偽造IDがあれば簡単に買えるのに、なんでそんなリスキーなことをしたんだ!」って死ぬほど怒られたっけ。

ダニーには売春婦にツテがあって、女を紹介してもらった。
$10を払ってヤリ部屋に連れ込んで、オレたちは男の仲間入りをしたってワケさ。

あーあの頃は若かったわ。
若気の至りとはいえ、無茶苦茶だったなー。
いつでも、どんなときでも、誓ったとおり助けあったんだ。

ン、今は?って。
まあ、聞いて驚けよ?
ボビーは今や、山の手に事務所を構える弁護士だ!
ダニーは開業医だぞ!
そしてオレは、ご覧の通り、長髪のロックスターさ!

アイツらとはずっと一緒にいたかったが、それぞれ夢があったんだ。
だから、それぞれ違う道を歩んだ。
それまでと違い、孤独な闘いが続いた。
だが、挫けなかった。
どんなに孤独で辛い夜でも、「アイツらも頑張ってんだろうな」そう想うだけで耐えられた。
誓いがあったからな。

あの日、互いの血に重ねた誓いは、オレたちの絆を強固なものにしたんだ。

血の誓いは魂の絆
オレがいて、アイツらがいる。
誰かが救いを求めれば、直ぐに駆け付ける。
いつでも。何があっても。
それだけは、今も変わらねえのさ。 



 インタビューみたいになってるのは、こんなシチュエーションを考えて意訳したからだよ。

 「地元でオフを過ごしているロックスターと、昔の話を聞かせてくれよーってせがんだ子供の会話」

 どうだろ?一応、ストーリーとしては、そんなに変ではないと思う。

 ただ、個人的なポリシーで、繰り返しのところを同じように意訳していないから、意訳文がどこの歌詞なのか分かりにくくなってるとは思う。そこはご容赦願いたい。

 日本とアメリカ。描かれる原風景に差はあるけど、この曲を聴くと、子供のころを思い出し、ノスタルジックな気分になると思う。
 一生ものの友達がいるなら、それはとても幸せなことだよね。

Bon Jovi - Blood On Blood
  (https://www.youtube.com/watch?v=OqhHdbkTZGE

コメント

ゆぞ
No.1 (2019/03/11 00:01)
和訳お疲れ様です。すごく分かりやすいです。
アルバムの中の1曲が、特別な曲に変わりました。
アーティストの想いを伝える良い意訳になってますね。
でゅら〜 (著者)
No.2 (2019/03/11 11:54)
>>ゆぞ

好評なようでよかった!
全体のイメージはすぐに固まったんだけど、文化の違いによる言い回しで、だいぶ悩んだんだよー。

コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事