でゅら〜の暇つぶし

【歌詞・意訳】QUEEN "FAT BOTTOM GIRLS"

2018/12/24 16:41 投稿

  • タグ:
  • 音楽
  • 洋楽
  • ROCK
  • 意訳
  • QUEEN
 映画「Bohemian Rhapsody」大ヒット記念企画で、Queen の楽曲を意訳するシリーズだよ。

 今回は、劇中でも使用され、歌詞も表示される "Fat Bottom Girls" を意訳してみるよ 。


タイトル:Fat Bottom Girls
作詞:Brian May
作曲:Brian May
収録アルバム:Jazz

Oh you gonna take me home tonight
Oh down beside that red fire light
Oh you gonna let it all hang out
Fat-bottomed girls you make the rocking world go round

Hey I was just a skinny lad
Never knew no good from bad
But I knew love before I left my nursery
Left alone with big fat Fanny
She was such a naughty nanny
Heap big woman, you made a bad boy out of me

Hey hey!

I've been singing with my band
Across the water, across the land
I've seen every blue eyed floozy on the way (hey)
But their beauty and their style
Went kind of smooth after a while
Take me to them naughty ladies every time

C'mon!

Oh, won't you take me home tonight?
Oh, down beside your red fire light
Oh, and you give it all you got
Fat-bottomed girls you make the rocking world go round
Fat-bottomed girls you make the rocking world go round

Hey, listen here
Now I got mortgages and homes
I got stiffness in the bones
Ain't no beauty queens in this locality (I tell you)
Oh, but I still get my pleasure
Still get my greatest treasure
Heap big woman you done made a big man of me (now get this)

Oh (I know), you gonna take me home tonight (please)
Oh, down beside that red fire light
Oh, you gonna let it all hang out
Fat-bottomed girls you make the rocking world go round (yeah)
Fat-bottomed girls you make the rocking world go round

Get on your bikes and ride

Ooh, yeah, oh, yeah, them fat-bottomed girls
Fat-bottomed girls, yeah, yeah, yeah,
All right
Ride 'em cowboy
Fat-bottomed girls
Yes, yes, right.




Fat Bottom Girls 意訳

あぁ〜、今夜はおまえの家に連れていってくれー
あぁ〜、あったかい暖炉のある居間でさー
あぁ〜、おまえと心ゆくまでキモチイイコトしたいんじゃー
歳をとり、どんなに偉くなったって、ケツがパンッ!と張った女たちには逆らえんなあ...

当時、ボクは貧相なナリをした、、
善悪の区別もロクにつかない子供だった。
そんな子供でも、保育園を卒業するころには、"愛する"てことがどういうことか知ってたんだ。
ウチには、住み込みのベビーシッターがいて、ボクはいつも彼女とふたりきりだった。
彼女は、とてもお尻の大きい女性で、
ボクのような年端もいかない子供に、
イケナイコトを教えるような、ワルイ女性だったんだ。

オレは今、バンドでボーカルをやってんだ。
バンドの人気が世界中に広まって、
そこで、青い瞳が魅力的な女の子もたくさんみてきた。
最初は、その美しさやすばらしいスタイルに夢中になったもんよ。
でも、だんだん物足りなくなってくるんだ...
女をとっかえひっかえしてもね...
やっぱ、ケツがパンッ!と張った女が最高なんだ!

あぁ〜、今夜はあの家に帰りてぇ!
あぁ〜、あったかい暖炉のある居間でさー
あぁ〜、オレと気持ちいいことしようぜ?
年を取って、いろんな好みが変わったって、
女の趣味だけは全然かわらねーなー

まぁ、ちょっと聞いていけよ。
いまや家は抵当に入ってる。
体だってボロボロさ。
こんな田舎じゃあ、大した美人なんかいやしねぇ。
でも、オレは今が最高に気に入ってる。
オレ好みの、ケツのデカい女がいるからな!

オゥ!今夜は誘ってくれるのか?
赤々と燃える暖炉の前で、
オレと激情をかわそうぜ。
なんと言っても、オレはケツのデカい女が大好きで、
それさえあれば、ゴキゲンなのさ!

今夜はどのケツに乗ってやろうかな? 


 Queen の楽曲って、曲の進行に合わせて物語が進んでいく感じが強いので、同じ歌詞を同じように訳しようとすると、流れがおかしく感じるんだよね。
 だから今回も、繰り返される部分をどうしたもんか、とても悩んだよ。

 まあ、"fat-bottomed girls" からして、直訳 だと ”下半身デブ” みたいな感じで、イマイチ、ピンとこないよね。
 そこで、"fat-bottomed girls" を画像検索してみたんだけど...まぁ、そういうことよ。そんで、「ケツがパンッ!と張った女」って訳になったワケ。
 ただ。毎度毎度そう訳すると、なんかまどろっこしいので、あとの方では、ただ 「ケツのデカい女」としたの。
 前段で "fat-bottomed girls" のイメージが固まってるから、それで大丈夫だよね。

 あと、物語が、子供→青年→初老って感じで推移しているので、それに合わせた言葉遣いにもしてみた。

 Queen は、ボクらにとって、「Rock」 という (観念上) ワルイことを教えてくれた Fat Bottom Girls だったってことね。

 最後に、動画紹介しとくね。

Queen - Fat Bottomed Girls (Official Video)
  (https://www.youtube.com/watch?v=VMnjF1O4eH0



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事