mimoriのメモ超

1/700 艦隊これくしょんプラモデル 「重巡洋艦 愛宕」抜錨までの道筋 その4

2015/05/26 22:32 投稿

  • タグ:
  • 愛宕
  • 艦これ
  • 艦隊これくしょん
  • 艦隊これくしょんプラモデル
  • プラモ
  • プラモデル
  • 1/700
いいですか。


私はミスをしました。


初めて塗装や接着など細かくやるからだとか
言い訳はしません。


次に活かします!
(いや、そこまで目立ったミスではありませんけれども)



さて、


塗装って大体の形に目処が立って、整ってからするものなのですね!


いやー、そうしないとその時々で色が微妙に変わるもんだと思ってなかったー。

言い訳をしますと
だって、説明書には組み立てる部分にいつも「ここにはこの色を塗ってくださいね」的なことが書いてあるし、だったら早いほうがいいじゃん? って思って塗っていくと日によって色が少しだけ違うし。調べてみたら、ある程度まとまって形が見えてから一気にやっている人が大半だし。

まあ、いいけどね!


さて、

自分は筆で塗っていきます。

使っているのはこいつら

(筆を写し忘れたけど普通の学校で貰ったもの使ってます)

そこまでお高くないんだなぁと思った。


で、先ほど写していた真ん中の塗料皿に左のMr.colorの塗料をドバっと入れまして




次に右のうすめ液なるものをこれまたスポイトで(ここは色の薄さ見ながら)入れまして


(シンナーの匂いが凄い)

完成した塗料を(上で作ったのは艦体色)塗っていきます。
まず主砲。


あ、砲身がついてない。
けど
塗ります。



塗りまくります。




塗ったかどうかわかりづらい。

塗ってどれだけ色が違うのか




裏返ってる主砲を見てもらうと
これくらい違います。


塗りまくります。



砲身



主砲本体と煙突、機銃もあるかな?


地面に着地させると接着面が剥がれたり埃がついたりするので、
なんとかして空中へ


そして煙突は別に黒色を塗らなくてはいけないということが書いてあったので
乾いた後に


塗りました。


砲身も白く根本を



塗りました。



あと、所々塗った場所にムラ(薄かったり濃かったりしていた)があったので乾いた後
2回目を塗りました。



今日はこんなものかな?



以上。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事