デルロットの世界観測(ねこかわ)

哲学者デルロット!?(すいません…)

2019/09/02 18:32 投稿

  • タグ:
  • 哲学
  • ニーチェ
  • ハイデガー
  • デルロット

心をすくった哲学(掬)


Future is hope, maybe.
デルロットです。


哲学者とはおこがましい、
かじったとも言えない、
哲学歴2週間です。


統合失調症の症状で
落ち込んでいた僕は
フラフラと図書館に
入りました。


仏教について知りたかったけど
めぼしい本がない。
次に寄ったのが
哲学のコーナーでした。


よくある雷に打たれたような衝撃、
とか、ふるえるような感動、
とかそういうものはなかったけど、
単純に面白いな、と感じました。


今まで知らなかったけど
マンガやアニメは
哲学を参考にしている所があると
知りました。
ネタバレになるから
くわしく言えないけど
手塚治虫やジョジョでは
ニーチェの永劫回帰
思想をもとにしてるような
描写があります。

同時にちょっと落胆しました('A`)。
手塚治虫のオリジナルじゃ
ないんだと。


ゲームのゼノサーガでは
力への意志、善悪の彼岸、
ツァラトゥストラはかく語りき、と
ニーチェの言葉がそのまま
タイトルになってますね。


まあ、それはおいておいて、
この難解で深淵な世界に
疲弊した僕の心は
掬われました。


アニメやゲームが好きな人は
哲学に入りやすいかも
しれません。


エヴァンゲリオンで
心理描写に魅了され、
アニメの世界に入り、
それから二十年以上たって、
今のアニメに飽きてきて、
なんか刺激的な作品が
ねーかなあと思っている人に
哲学書をおすすめします。
(って全部俺のことやーー!)


おちょこに一リットルの水を
そそぐようなもので
僕の頭にはほとんど
哲学の知識がまだありません。


とりあえずニーチェの
ツァラトゥストラはかく語りきを
kindleで安く買ったので
それを読んで(よくわからない)、
ネットで名言やら解説を
しているサイトがあるので
それらを読んでいこうと
思っています。


哲学を知ることで
僕の内面が
また変わっていきました。


株をスイング投資にして
前の施設でまた
働こうかなあと考えています。


哲学本を生活の主軸にして
自分なりに思索して、
哲学に限らずいろんな思想を
見ていきたいなと思います。


人生にはいろいろな選択肢がある。
お世話になっている
施設の人の言葉です。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事