バイクと車が好きなApple信者のブロマガ

ツーリング中に友人が事故をした。初心者と走る際気をつけて欲しいことを書きます。

2019/06/10 19:00 投稿

コメント:3

  • タグ:
  • 事故
  • バイク
  • プロテクター
  • 物損事故
  • 初心者
  • 免許取り立て
  • ツーリング
毎度おおきにApple信者です。

当たり前のことを書きますが、当たり前のことを出来ていない人がほとんどです。
今一度できているか(僕含め)復習しましょう。

今回僕の友人とツーリング中大きな事故を起こしてしまったため、
「バイクを最近購入した」、「最近免許を取った人」に向けてブログを作成しました。

私自身は事故などは起こしたことはありませんが、ヒヤリとしたことは何度もあります。

このブログを参考にして、事故のないように楽しくツーリングして下さい。

まず、「ある程度バイクに乗り慣れている方」が初心者と一緒に走る場合は特に気をつけて欲しいのが

・常に初心者がいるということを自覚して行動する

・初心者を置いてけぼりにしない

・スピードを出しすぎない

・行き先を最初に伝え、ツーリング前に念密な計画を練る


一つずつ説明します

常に初心者がいるということを自覚して行動する

初心者はバイクを公道で運転するのは慣れていません。それどころか教習所のバイクと全く特性の違う場合慣れないバイクの場合大変危険です。初心者は初めてのため、過度な追い越しなどは控え、初心者が走りやすいように心がけてください。

初心者を置いてけぼりにしない

初心者にとってあなたは頼りになる存在です。あなたが忽然と消えてしまえば、パニックを起こしてしまいますし、追いつこうとしてオーバースピードで事故・・・なんてこともあります。

スピードを出しすぎない

教習所で出すスピードはせいぜい40〜60km程度です。スピードを出すことが必ずしも悪とは言いません。ですが、自分のバイクの特性を理解していない場合、ブレーキング性能なども理解できていないと思います。安易にスピードを出した→ブレーキが効き切らず前の車に衝突・・・なんてことも考えられます。

行き先を最初に伝え、ツーリング前に念密な計画を練る

初心者に限らず当たり前です。ブッツケ本番はとてつもなく危険です。
あらかじめ場所を設定しておけば、もし離れ離れになったとしても合流できます。

次に「初心者」が気をつけることについてです。



・無理についていこうとしなくてもいい

・ツーリング前にバイクの特性を理解する

・やったことがないことはやらない

・安全装備をしっかり装備する


一つずつ説明します
無理についていこうとしなくてもいい

たとえ前のバイクがものすごいスピードで疾走したとしても気にしなくて良いです。
大体の場合少し離れた場所で待っていてくれていることが多いです。
無理は禁物です。

ツーリング前にバイクの特性を理解する

自分のバイクがたとえCB400SFだったとしても公道と教習所とは全く違います
事前に走ってバイクの特性なども理解した上でツーリングに臨みましょう。

やったことがないことはやらない

たとえば極端な話 経験者がハングオンしてた、よし!じゃあ真似しよう!
そうはならんやろと思うかと思いますが極端な話です。
絶対怪我します。できないことはやらないということを肝に命じてください

安全装備をしっかり装備する

初心者だけではなく全ライダー共通ですが ヘルメット・胸部プロテクター・脊椎プロテクター・グローブ・肘・脚・靴などの装備をしっかりと装着してください。


半袖・サンダルみたいな舐めた格好はやめてください。



ヘルメット



アマゾンで売っているような3000円くらいの安物はやめましょう。
安全性を求めるならフルフェイスです。
きちんとした店で定員さんと予算と相談しながら決めましょう。

胸部・脊椎・肘・脚プロテクター



事故の衝撃でそのままバイクのハンドル部分やタンクに胸部がぶつかったり、あるいは吹っ飛んだ衝撃でアスファルトや縁石などに胸部をぶつけた場合、内臓破裂や後々の後遺症に直結します。ヘルメットと同じで定員さんに相談して自分の体にあった物を決めてください。

グローブ



防寒目的だけではなく手の疲れなどを緩和してくれるだけではなく、転倒時地肌がアスファルトに接触すれば大惨事になることは確定です。日焼け予防にもなりますので、夏場でも絶対着用してください。





最低限ハイカットブーツできればバイクブーツなければワークマンとかで売ってる安全靴で大丈夫です。くるぶしまで保護しているタイプの靴を選ぶことが重要です

最後に

今回の事故で不幸中の幸いだったのが人身事故でなかったということです。
幸い友人も命に別状はなく、後遺症も残らなかったのが本当に幸いです。

バイクは車に比べ死亡率が高いというのは事実です。



そのため普段から事故を起こさないよう心がけ、もし車にぶつけられたとしても自分の身を守るために、プロテクターの装着なども心がけてください

以上です。

コメント

紅蓮
No.1 (2019/06/10 19:13)
以上が俺と走るときの注意事項だ!
よろしくな!!!!!!!!!!!
ふりぃだいやる
No.2 (2019/06/10 19:59)
あーそれめっちゃわーかーるー
みょうばん
No.3 (2019/06/10 20:45)
バイクってバイクか
ツーリングとバイクで自転車のイメージで読み始めたけど自転車じゃなくてバイクだった
てかバイクとバイクってわかり難すぎじゃない?
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事