痔悪化のブロマガ

【ネタバレなし】全プロデューサーに遊んで欲しい「アイドルマスターシンデレラガールズ×SCRAP 突破せよっ♪難関オーディション」について

2019/01/20 01:05 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • アイドルマスターシンデレラガールズ
お疲れ様です。ディアッカです。

現在、新宿ミステリーサーカスにて大好評開催中の脱出系ゲーム「アイドルマスターシンデレラガールズ×SCRAP 突破せよっ♪難関オーディション」に参加してきました!

単刀直入に感想を述べますと・・・・

めっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっちゃ楽しかった!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


この手の「脱出系ゲーム」は陽キャの遊びだと思っていて、根っからの陰キャである俺は今まで触れたことがなかったものの、今回「シンデレラガールズ」というコンテンツをきっかけに触れて、完全にドハマリしました

何がそんなに面白かったのか、本編ネタバレ無しで語っていきます!

1.現実×虚構
 今回のこのイベントは、脱出系ゲームと言っても、個室の中で完結するものではなく、実際に俺たちプロデューサーが新宿の街に繰り出してアイドルたちを支えながらゲームを進めていく、所謂「フィールドワーク系」の遊びです。
 機械技術が発達し、SNS文化が隆盛を迎えた今だからこそできる『ごっこ遊び』の究極進化系がこの「突破せよっ♪難関オーディション」だと思いました。
 また、「ごっこ遊び」は基本的に現実世界の人間が虚構の人物になりきって行うものですが、この「突破せよっ♪難関オーディション」は一味違います。
 スマホアプリのLINEを使って、ちひろさんやアイドルたちと交流をしながらゲームを進めていくわけですが、ゲームの仕掛けが我々が普段使っているLINEというコミュニケーションツールになるだけで、俺たちが虚構の世界に行くのではなく、「彼女たちが俺たちの世界に飛び出してくる」という錯覚がとても気持ちよかったです。

2.プロデューサー×アイドル
 俺たちが普段、ゲーム等各種媒体で触れているアイドルたちのコミュイベントの多くは、日常のワンシーンを切り取ったり、映画やドラマの収録やライブに挑むまでの過程等、ある程度「状況が進んだ中」での体験が多いのではないでしょうか。
 その点、今回の「突破せよっ♪難関オーディション」は「オーディション突破が目的」という彼女たちの奮闘に直で触れられる、シンデレラガールズではかなり貴重な機会です。
 リアルライブに参加したことがあったり、デレステでMVを見たりしたことがある人ほど、今回の体験は今後のプロデュース業において糧になるものが得られると思います。

3.アイマス×謎解き
 前述の通り、俺は脱出系ゲーム(謎解きゲーム)は無意識の苦手意識からこれまで避けて来ましたが、こと今回のように俺の担当アイドルが輝くためには、俺がプロデューサーとして頑張らねえといけねえよな!!と奮起させられるほど、謎解きの「作り」と「質」がとても良かったです。
 1番のポイントと重複する点もありますが、ゲーム中、世界観に没頭させるような楽しい仕掛けがそこら中に溢れていて、俺の深層心理にあった苦手意識はどこへやら、時が経つのをすっかり忘れて「新宿」を「トライアドプリムスとともに」駆け抜けて行きました。


 本当に、こんなにアイドルマスターシンデレラガールズというコンテンツの気持ちいい部分が体験できるというのに、このアクティビティが期間限定かつ新宿でしか体験できないのがとてもとてもとても惜しい!
 物凄く多くのプロデューサーが望めば、デレマスVR公演のように大阪や各地方都市でも開かれたり、別のユニットでもプロデュース出来たりするかもしれないし、俺としてはぜひやってほしい。

 『俺別にトライアドとかピンチェとかポジパの担当Pじゃないしな~』とか思っているそこのあなた!別にこのアクティビティは3ユニットの担当Pじゃなくてもバチクソに面白いから今すぐチケットを予約して新宿に行け!
 3000円という参加費以上に、アイドルマスターのプロデューサーとして得られる経験値が、このコンテンツにはあると断言します!

 2018年度最後に訪れた、いちプロデューサーとして最高だ!と声高々に発信できるコンテンツなので、是非是非!興味が1ミリでもあるなら、参加してください!

コメント

パリネラ
No.1 (2019/01/20 01:16)
行こうか悩んでたけどこの記事見てたら行きたくなってきた
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事