ただのミリオンライブ!が好きな海外勢のブロマガ

【ネタバレ注意】アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Cloverの元ネタ集【第1巻編】

2018/12/26 00:46 投稿

  • タグ:
  • ミリオンライブ
  • アイドルマスターミリオンライブ!
  • Blooming_Clover
  • ネタバレ
  • アイドルマスター
4巻の発売記念として久々にミリオンBCについて書きたいと思ったことがきっかけでこの長編(多分)のブロマガが生まれました。


ゲッサンの時と同じく、ミリオンのコミカライズという理由で積極的に追う!とためらわずに決めました。しかもうちの子たちが主役!読んで好みに合うかどうかは別として、読まないわけにはいかないでしょ!…そんな軽い気持ちで読み始め(0話は4thライブ物販の書籍コーナーからマオウを買ってそのままグッズ列に並びながら読んでました)、連載が3話まで進んだ時に…


いや…この作品、全人類には必見だ!と確信しました。


キャラの掘り下げ、丁寧な心理描写、色んなアイドルにスポットを当ててることはもちろん、ブログを書くほど特に推したい良さは「作者の徹底的な原作の勉強」にあります。絵柄がちょっと違うなって最初思っていもこれらの良さのおかげで気にしなくなりましたし、慣れてしまえば頬がぷにぷにして可愛い!!!


というわけで作者の熱意がもっと知られて欲しいと自分で見つけたネタを紹介していきたいと思います。数が多いため全部を網羅できてる自信がありません。もし抜けるところがありましたらツイッターID:@darkneon_dai までご指摘頂けると追加します。


ネタバレを最低限にするために出来るだけ画像を貼らないようにしてます。




P.1 可奈の私服

元ネタはこのカード



P.2~3 扉絵の「ロイヤルスターレット」衣装


連載でも同じ絵でした。上にも書いた通り、私が0話(2017年2月27日初出)を4thライブ(2017年3月10~12日)の時に読んでいたのでこの1話が出た時は4thライブの後でした…というかTYS(周年イベント)の直後でしたし(TYSは26日23時59分で終了。マオウは27日更新)



P.4 アイドル紹介のフォント




◀連載Ver. 単行本Ver.▶



連載が始まった時(0話)は4thライブの前、つまりミリシタの存在がまだ知られてなかった時。設定のほとんどはグリマスから引き継がれました。だからアイドル名のフォントもグリマス基準でした。単行本は最初からミリシタ基準ですけど、連載はとある時点からミリシタ基準へと変わりました。



P.13 Pの後ろのポスター





アニマスのOP「READY!!」からのシルエットです。



P.20 劇場内のASののポスター

ここのポスターたちは少し0話からアレンジされたと言ったほうが正解かもしれません。このお仕事たちはアニマスを見た人ならば見覚えがあるはず。

ちなみに0話に登場したポスター



P.21 可奈がASのライブを見に行った回想シーン

このシーンですが、「ムビマスからのオマージュだ!」って勘違いしてる人が居そう。見ての通り、この衣装こそがムビマスで着られた衣装です。そして本来ならば可奈がそのライブのバックダンサーだったはず。並行世界ですね。

ちなみにまな先生のTHE IDOLM@STER第6巻ではムビマスへの布石みたいなシーンがありました。



P.28 高坂海美の姉

1話はミリシタが配信される前でしたのでメモリアルコミュ1話の内容を知りようがありませんでした。元々公式設定は最初からあったでしょうけど、初出はミリオンBCです。



P.48 矢吹「さん」

グリマスからやってた人なら誰も知ってるであろうネタの一つ(だと勝手に思ってます)


北沢志保は基本年下と同い年を呼び捨てにし、年上をさん付けで呼んでます。恐らく公式での二人の初めての接点であった初期のとあるイベントで、志保が可奈のことを「矢吹さん」と呼んでることが明らかにされました。そう、可奈のことだけ苗字+さんで呼んでます。良く考えてみれば志保みたいな堅物は能天気な子が気に入らないのは無理もないかも。


ゲームの展開がしばらく続き、志保は相変わらず「矢吹さん」って呼んでましたがこのイベントは二人が主演で出演しました。そして急に志保が急に可奈を呼び捨てにして、そこは「まあー最終的に決着をつけた二人だからレッスンはそれなりに一緒にやってきたでしょうし、志保も可奈のことを深く知っていくうちに認めるようになったかも」などと自分の想像に委ねるしかなかったんですね。どんな経緯で志保が可奈のことを下の名前で呼ぶようになったのかを、グリマスでも詳しく書かれていません。


だから作者が自分なりの解釈で描いていくことが、1話が連載された時点で私の毎月の楽しみになりました。


って長いなー!



P.52 可奈の制服と担任先生

http://mill.tokyo/vo/card1542/



P.53 可奈が地元から劇場に行くシーン

ミリシタ未配信の時点で連載された第2話。可奈の地元を特定した猛者が現れました。ミリシタ内のプロフ通り、神奈川県出身で地元の最寄り駅は横浜市の大倉山駅らしいです。



P.56 杏奈の制服

http://mill.tokyo/vo/card260/
http://mill.tokyo/vo/card1187/



P.66 歌の先生とダンスの先生

引き続き、アニマスからの先生たちです。覚えてない人はアニマス11話を改めて確認してみてください。



P.70 「プロローグ・ルージュ」衣装

1stライブの衣装。当時の連載はミリシタがまだ配信されてなく、単に順番から描いていくだろうと思ってましたが…ゲーム内のドロップ衣装へのヒントでしたね。



P.92 「チェックMYノート」衣装

アイドルマスターOFAの衣装。



P.118 律子&可憐コンビ

この二人はLTDシリーズでコンビを組んでました(G☆Fは楽しい曲だよ!)そしてこのカードでも一緒に映ってコミックと同じくアロマ関連の絡みがありました。



P.129 雪歩の回想シーンで登場した衣装

LTP12のジャッケトとアイマス2の「ピンクダイヤモンド765」衣装。



P.130 AS組の私服

アイドルマスターOFA仕様の私服。



P.135 美希ちゃん→美希先輩

これはまた長い説明が必要なネタですね()

グリマスの劇場ショートストーリーLV8だと、翼は「美希ちゃん」って呼んでましたが、LTP06のドラマとその後の展開やストーリーはいきなり呼び方が変わって…当時「いつものアイマス特有のガバガバ設定だー」と納得した人がほとんど(もしくは気にしてなかった)

まさか作者がこれを拾ってくれると思いませんでした…いや、当時からグリマスを知らなければ多分知らないネタでしょう。単なる偶然でしたらすごいです。



P.136~137 「ミリオンドリームス」衣装


AS組の衣装はアイマス2のピンクダイヤモンド765をベースに、衣装の生地をキラキラな素材にしたもの。シアター組の衣装は新規の描き下ろし。HNカードでアイドルたちが来てる衣装。


衣装名が判明されたのはアイマス2のDLCカタログ第18号。ASねんどろいどぷちのミリオンドリームスVer.も発売されました。



P.152 育ちゃんの制服




P.163 エレナ、奈緒、百合子、可奈の私服


http://mill.tokyo/da/card1648/
http://mill.tokyo/da/card2271/
http://mill.tokyo/vi/card2945/
http://mill.tokyo/vo/card1715/



P.186 千鶴さんと育ちゃんの私服

http://mill.tokyo/vi/card2614/
http://mill.tokyo/vi/card1009/



P.190 千鶴さんの回想シーンにあった服装

http://mill.tokyo/vi/card1181/



第1巻の分はここまでです! 近いうちに第2巻以来の分も書きたいと思います。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事