ただのミリオンライブ!が好きな海外勢のブロマガ

【月刊少女北沢志保企画】第7弾:北沢志保と最近ありがたく思ったこと【ありがとう編】

2018/10/04 21:35 投稿

  • タグ:
  • 月刊少女北沢志保
  • 毎月4日は志保の日
  • 志保の日
  • ミリオンライブ
  • アイドルマスターミリオンライブ!
  • 北沢志保
  • アイドルマスター

1ヶ月ぶりです。奇跡的に間に合いました_:(´ཀ`」 ∠):_


今月の課題はこちらです。


本格的ですね。とはいっても特にエモいことを書く予定は最初からなかったのでごく普通のことを書きたいと思います。志保関連でありがたく思ったことはこれです。




恒常SSRの登場。


来た時は「なんで?なんで?」って走る鹿みたいな気持ちになりましたね。こんなに早く来ると思わなかったし、サンリズムも走る予定でした。


セレチケの販売が始まってから他の方の担当SSRの宣伝(誘導)を見る度にいいないいな~と陰から羨ましながら拝見させて頂いてます。画像のレイアウト、宣伝文章の単語選びセンスなど自分にも役に立ちそうな要素を全部吸収してますが…私にはそれが出来ないですね…なぜなら北沢志保がMelty Fantasiaまでは限定女でしたから() じゃゆず湯は?って聞かれれば自分の中ではガシャSRも入手難の分類です。イベントの累計pt報酬よりハードル高い気になってデータ収集する時期がありました。その時に志保に関してよく見かけた難題は「カードを持ってない」ことでした。


カードを持ってないことがそんなに不満かって?志保はどっちかといえばそれなりに優遇されてきた子だと私だって思ってますし、シタでは冒頭からイベントの上位報酬だったし、限定SSRだったし…だからこそ北沢志保が元にたどり着ける人の人数も限られてます。


初期は志保のカードを手に入れるにはハードルが高かったんです。レア度の高い(強いて言えば高いステかスキル)カードを持ってないことはデッキに入れてもらえるチャンスも少なく、親愛度が上がりにくい。それに覚醒コミュや結構ボーリュミーなSSRエピソードも見れない。愛情が沸かないですよ。どの子なのかと気になっても情報源がなければ知ることは出来ません。そのせいか志保Pじゃない方々の親愛度データを見たら殆ど志保の親愛度順位が後ろから数えた早いほうでした(担当じゃなければ当たり前ですが)SSsの時はアクティブにやってた人がまだ少なかったかあとでPSTマスピを集めて交換した人がたくさんいる気がします。


今はミリオンBCがあるとはいえ…初心者に北沢志保を知ってもらう手段が限られたと悩んでました。ムビマスは視聴者がアニマスを視聴済み前提で作られたと感じて北沢志保本人への入り口としては…うーんって感じ。一番手に入れやすいのは初期のRくらいだった。しかもあのコミュは生意気じゃん…(呆れ)


いうて私も初対面では「なんだこいつ…生意気」って感想が全キャラの中でも最悪で苦手でした(でも声は結構好き)それで気持ちが変わったのはこのカードを見たからです。偉そうな自信家が実は弱点あり???じゃなんで苦手なのにアイドルをやってんの?それが知りたくて彼女の軌跡を追ってみようと軽い気持ちで…いつの間にかここまで迷子してしまいましたw もう今どこにいるか分かんないやー。飽きやすい私がここまでついてこれたのは彼女が常に良い意味で裏切ってくるからかもしれません。


クールでも可愛いとこもある。冷たく見えるようで家族想いでアイドルをやってるという温かい一面もある。強そうでポンコツなとこもあったり。個人的に北沢志保の最大の魅力はこういう「ギャップ」なんだと思います。何かないかな~ ギャップを活かしてもっと人を釣れる(おい)何かが~


そしてついに現れたこの恒常SSRです!私の望んでたギャップで釣れる戦略が衣装エピソードと覚醒エピソードに詰まってるのだ!!!!


ネタバレはしませんが、衣装エピソードは志保のドライでちょっと生意気な一面を見れるのに対し、覚醒エピソードでは彼女の柔らかい部分と弱い部分も見れてポカポカで温かいストーリーになります。少しだけ画像を貼りましょうかね。






衣装エピソードから




覚醒エピソードから


どのエピソードもよく志保とPの関係性を表してるな~ 片方だけが引っ張っていくだけではなく頼って突っ込んだり、頼られてボケたり…距離がこれ以上縮まることはないだろうけど離れることもないようなこの関係!はぁ…。


恒常SSRが2周目に入ってから変な衣装になってしまわないかって心配してましたがこれを見て安心しました。お仕事の内容に沿ってファンタシー調でありながらもどのステージにも違和感なく映えますし組み合わせも楽しい!


これはありがとうって言うべきですね。


ご自分の目と感性で確かめて欲しいです。セレチケが来たら是非お迎えください!しかし!沼に落ちても責任を一切取りません。ではまた次回。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事